犠牲

現在このページの批評は中断しています。

rating: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe Keter

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JP-A-1に一般人が立ち入ることが無いよう、周囲にカバーストーリー『事業開発による大規模な工事』を流布し閉鎖してください。

SCP-XXX-JPが発生した場合、即座にDクラス職員を派遣し内部探査を行ってください。現在SCP-XXX-JPの内部を探査する事は禁止されています。

説明: SCP-XXX-JPは█県█市に存在している█km2四方の草原です。SCP-XXX-JPには、常時虹がかっています。SCP-XXX-JPは常に晴れており、現在まで天候が変化した例はありません。

SCP-XXX-JP内へヒト(Homosapiens)が入ると、虹は実体化し、物理的な干渉を可能とします。

虹の間を通った人物は、SCP-XXX-JP-Aへ転移します。この場所は基底現実での東京都を模倣しています。SCP-XXX-JP-A内部の空間は際限無く続いており、基底次元の模倣、もしくは並行世界の地球がそのまま存在していると思われます。内部は荒廃しており、生命の兆候は見られません。SCP-XXX-JP-Aでは常にどの場所からでも観測できる大きさの実体を持った虹がかかっており、基底次元での██ビルの上を覆うように存在しています。

SCP-XXX-JP-Aへ侵入した人物は異常な強制力によって前述した██ビル(以降SCP-XXX-JP-Bと呼称)へとたどり着きますが、現在まで侵入した人物が帰還した例は存在しません。

SCP-XXX-JP-1は形容が不可能とされる実体で、SCP-XXX-JP-B内部に存在しています。直接視認した人物は極度の恐慌状態と陥りますが、映像媒体による視認は問題ありません。SCP-XXX-JP-は不定期にSCP-XXX-JP-Aへ出てきますが、目的は不明です。

以下はDクラス職員を用いたSCP-XXX-JP-Bの内部探査記録です。


  


ERROR

The watercat7725's portal does not exist.


エラー: watercat7725のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7031809 ( 04 Dec 2020 17:25 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License