リタイマーリフト

現在このページの批評は中断しています。

rating: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPを一般人が利用することがないよう、SCP-XXXX-JPに通じる通路を工事用の作業工具、パイロンにより偽装及び封鎖を行ってください。

説明: SCP-XXXX-JPは富山県██市の████デパート内に存在している全19階のエレベーターの内のひとつです。

SCP-XXXX-JP内部は時間の流れる速度が異常に遅く、扉が閉まった瞬間から平均的に外部の█████分の1の速度で進行します。しかしSCP-XXXX-JP内部の時の流れにはバラつきがあり、必ずしも同じ時の流れで進行することはありません。

これによりSCP-XXXX-JPを使用した場合、1階につき7年〜11年程度外部の時間が進行します。

SCP-XXXX-JPを使用した人物は総じて外部の変化に驚愕し同じ反応1を示しますが、インシデント - XXXX-020-ErVを除き全員が帰還しています。

SCP-XXXX-JPは"【怪奇】行方不明者が続々と発見、デパートの玉手箱!?"と言う都市伝説としてネット上に投稿されているのを財団エージェントが補足し、発見に至りました。

階数による平均的な外部の時間の進行
2階 7年2ヶ月
3階 9年5ヶ月
4階 6年11ヶ月
5階 9年
6階 10年1ヶ月
7階 [データ破損]
8階 8年10ヶ月
9階 11年2ヶ月
10階 9年6ヶ月
11階 9年2ヶ月
12階 8年3ヶ月
13階 10年1ヶ月
14階 8年6ヶ月
15階 7年7ヶ月
16階 11年8ヶ月
17階 12年1ヶ月
18階 6年10ヶ月
19階 10年2ヶ月

インシデント記録 - XXXX-020-ErV: 2███年██月17日に行った実験の際、投入されたDクラス職員が"20階のボタンがある"と言う内容の証言をしました。急遽実験内容を変更し、20階のボタンを押した結果SCP-XXXX-JPのは扉が閉まっても動き出すことはなく、扉はそのまま開きました。その際、内部に居たDクラス職員は消失していました。

その後の調査で2███年に建て増し予定だった20階の工事計画が白紙になっていた事が判明しました。

補遺: SCP-XXXX-JPを使用した全ての人物が財団外部で発見されました。この人物達は総じてSCP-XXXX-JP、ひいては財団に対する記憶を保持していませんでした。しかし、SCP-XXXX-JPの実験当時何をしていたか、社会的に何が起きていたかなどを問われた際に全員が狼狽え答えることができませんでした。

SCP-XXXX-JPから帰還した人物達は依然として全員が財団内部に存在しています。



ERROR

The watercat7725's portal does not exist.


エラー: watercat7725のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7031809 ( 04 Dec 2020 17:25 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License