SCP下書き 理想だった恋人

このページの批評は終了しました。

Point%20Blur_20210110_221413_copy_459x344%5B51%5D.jpg

SCP-XXXX-JP内部を撮影した画像

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPは、一般的なスチールフェンスで囲い部外者の立ち入りを禁じてください。SCP-XXXX-JP内部への許可のない侵入が発生した場合警備員は侵入者を直ちに拘束し、記憶処理の後解放してください。

SCP-XXXX-JPの内部調査はレベル2以上の職員であれば自由に行うことができます。調査の際は事前にその旨を担当職員に申告してください。SCP-XXXX-JPの内部調査は現在禁止されています。

説明: SCP-XXXX-JPは██県██市に存在する墓地です。内部の墓石は一般的な和式のものですが、竿石及び霊標等に記された名前は観測者によって変化します。これらを映像機器で撮影する試みは名前の部分に焦点が合わないため不可能です。当該区域に墓地が経営された公的な記録は存在しません。また、SCP-XXXX-JPは常に濃霧に覆われており、その内部を外部から観察することは成功していません。

SCP-XXXX-JPは、SCP-XXXX-JP内部に侵入した際、SCP-XXXX-JP内部及びその周囲500メートルに侵入者以外の人物が存在しない場合にのみ活性化します。SCP-XXXX-JPが活性化したとき、墓石に記された名前がすべて侵入者に縁のある故人のものとなります。また侵入から14分経過すると、SCP-XXXX-JP-1が出現します。

SCP-XXXX-JP-1は侵入者が過去に死別した恋人と同じ姿をしており、侵入者に対して好意的に接します。侵入者はこれに対し動揺・驚愕するものの、SCP-XXXX-JP-1に対して好意的に接します。侵入者はSCP-XXXX-JP-1と歓談した後、SCP-XXXX-JPを後にします。この時侵入者のSCP-XXXX-JP-1に対する執着は見られるものの、SCP-XXXX-JPを立ち去ることに抵抗する様子は見られません。

補遺1: SCP-XXXX-JPは近隣住民やインターネット上に於いて『死者との逢瀬が叶う場所』としての都市伝説・噂として広まっており、財団の調査によって異常性が発覚、収容に至りました。

補遺2: SCP-XXXX-JPの詳細な調査のため、内部探査が行われました。以下は財団によって行われたSCP-XXXX-JPの探査記録です。

探査記録XXXX-JP-1

対象: D-15340(36歳男性)

装備: GPS発信機、ボディカメラ、無線通信機

出現したSCP-XXXX-JP-1: D-15340が8年前に死別した当時の交際相手

記録: SCP-XXXX-JP内部ではD-15340の死別した知人の墓石を多数確認。SCP-XXXX-JP内部へ侵入後、14分でSCP-XXXX-JP-1が出現。D-15340と好意的に接し、30分の会話の後探査は終了。

分析: 後の調査で、映像記録とD-15340の記憶していた名前から現れたSCP-XXXX-JP-1は8年前にD-15340と交際関係にあった西条翔子と同じ容姿であると判明しました。また、D-15340との会話の内容から西条翔子の記憶も有しているものと考えられます。

探査記録XXXX-JP-2

対象: D-15340

装備: GPS発信機、ボディカメラ、無線通信機、携帯食料

出現したSCP-XXXX-JP-1: 探査記録XXXX-JP-1と同様

記録: 探査記録XXXX-JP-1と同様に14分後にSCP-XXXX-JP-1が出現。SCP-XXXX-JP-1は探査記録XXXX-JP-1と同様の姿をしており、前回の探査時の記憶も有していた。SCP-XXXX-JP-1が自発的に消滅するか否かを調査するためD-15340をSCP-XXXX-JP内部に12時間待機させたが、SCP-XXXX-JPが自発的に消滅することはなかった。
また、SCP-XXXX-JP内に建造物を確認。内部は納骨堂のようになっており、建造物外部と比べて特筆した相違点は見られなかった。

分析: SCP-XXXX-JPの異常性は一度きりのものではなく、二回目以降も発現する。また、探査以降D-15430の心理状態の改善、及び勤務態度の向上が見られる。職員の士気向上のためのSCP-XXXX-JPの使用を検討。

探査記録XXXX-JP-3

対象: D-15362(28歳女性)

装備: GPS発信機、ボディカメラ、無線通信機

出現したSCP-XXXX-JP-1: D-15362が4年前に死別した当時の交際相手

記録: 侵入から14分後にSCP-XXXX-JP-1が出現。対象はSCP-XXXX-JP-1を4年前に死別した交際相手山内光輝であると主張。SCP-XXXX-JP-1は会話の過程で対象がDクラス職員となった経緯について叱責したものの、好意的に接触。対象はSCP-XXXX-JP-1と30分間歓談した後にSCP-XXXX-JPを離脱。

補遺3: SCP-XXXX-JPへの探査にエージェント松井が立候補し承認されましたが、探査開始直後に本人の希望により中断されました。以下はその際の録音記録です。

注1: エージェント松井は42歳男性。16年前に配偶者が病死。

補遺4: 侵入者に死別した交際相手が存在しない場合のSCP-XXXX-JPの活性化の有無を調査するためにD-15388によって探査が行われましたが、その際に収容違反が発生、以降の実験が禁止されました。詳しくは事件記録XXXX-JPを確認してください。

事件記録SCP-XXXX-JP: D-15388によるSCP-XXXX-JPの探査中に収容違反が発生しました。D-15388は6年前に花島カナと交際及び同棲していました。花島カナは現在デザイナーとして活動しており、彼女には「雑誌のインタビュー」というカバーストーリーのもと、財団施設で監視下に置いた状態で探査が行われました。以下はD-15388による探査の録音記録です。

結果: D-15388がSCP-XXXX-JP侵入してから14分後、SCP-XXXX-JPが出現しました。その姿は花島カナと同様の容姿をしていましたが、その出現と同時に財団の監視下にあった花島カナが消失しました。また、D-15388はSCP-XXXX-JP-1と好意的に会話し、後のインタビューでも花島カナと苦い思い出はなかったと供述しました。

補遺5: 後の調査により、D-15388のかつての交際相手花島カナは6年前に交通事故により死亡していることが確認されました。これにより、SCP-XXXX-JPは過去改変能力を有している可能性が考えられます。

補遺6: SCP-XXXX-JPの異常性による過去改変の可能性・影響を鑑みて、SCP-XXXX-JPの活性化を防ぐため複数名の機動部隊員による探査が行われました。この探査により、SCP-XXXX-JP内部の建造物からパンフレットのような印刷物が複数発見されました。以下はその印刷物に記された文言です。

かつての恋人との懐かしい思い出。
しかしそれはきっと、いい思い出ばかりではないでしょう。
あんなことを言わなければよかった。しなければよかった。
そんなあなたの叶わぬ夢を、叶えます。

夢見テクノロジー


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The Kyoraku's portal does not exist.


エラー: Kyorakuのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7019098 ( 22 Nov 2020 09:59 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License