SCP-XXXX-JP 闇を与える”光”

現在このページの批評は中断しています。

rating: 0+x
blank.png
40843811373_f8b7c96a1d_q.jpg

紫外線(UVA-C)集中エリアをパワー貯蓄率38%の状態で100nmの波長で撮影した際のSCP-XXXX-JP

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPはその異常性の複雑さからKeterに判断されました。SCP-XXXX-JPは特別サイト-57531にて範囲4kmにわたり監視してください。オブジェクトが可視スペクトル攻撃を行った場合は即座に職員は建物内に避難し、緊急プロトコルシステム: 光線遮断フィルター2を起動してください。可視スペクトル攻撃を受けた人は隔離し、治療を施した後に完治後3日以上たってから職務に復帰してください。また、職員はSCP-XXXX-JPに対し4~5時間おきに太陽光を完全に遮断してください。3

説明: SCP-XXXX-JPは山梨県南アルプス市にて発見された、記録媒体や視覚的に確認できない物質です。SCP-XXXX-JPの現地調査を行った際、微弱の紫外線(UVA-C)集中エリアが判明し完全なSCP-XXXX-JPの場所を突き止めることが出来ました。同年に付近に山菜採集目的で訪れた20代女性二人4がSCP-XXXX-JPの可視スペクトル攻撃を受け、山梨大学医学部附属病院に入院したために財団はDay Starsを設立し、再度細かい調査が行われました。その後の調査により、可視スペクトル攻撃を受けた人は例外なく可視スペクトルに影響を及ぼされることも判明しました。攻撃対象者は即座に太陽を含めたすべての恒星の光が同じ強さに見えるようになります。同時に周囲がネイビー色がかった色になり、電灯などがない空間では完全な暗闇に見えます。現在の実験では約30.1104AU5先まで見えるとされ、新恒星の発見や星の正確な位置の把握に利用することが可能と考えています。

補遺-SCP-XXXX-JP: SCP-XXXX-JPが起こした可視スペクトル攻撃はSCP-XXXX-JP付近7kmに住んでいた人のうち、4世帯6人にも同様の影響を及ぼしました。SCP-XXXX-JPに関する情報漏洩防止のため、クラスA記憶処理を行いました。

可視スペクトル攻撃について:


SCP-XXXX-JPは紫外線(UVA-C)を一部のエリアに集中させ、パワーとして貯蓄します。このパワーが███Jを超えると毎秒3mの速度で約7kmの範囲に渡り40nmの不可視光線を放射します。
可視スペクトルへの影響はSCP-XXXX-JPが放出する光線を直視することによって起こるものとされます。



以下、Day Starsが行った実験及びインタビュー


  • scp
  • jp
  • keter
  • 財団月報掲載

    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The Mutong Weikong's portal does not exist.


エラー: Mutong Weikongのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6981443 ( 02 Nov 2020 21:23 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License