SCP-XXX-JP 坂 改訂版
rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは低危険度物品収容ロッカーに収容して下さい。SCP-XXX-JP-Aへの侵入実験は全てSCP-XXX-JP-A-6で行い、実験終了後は実験結果に応じて周囲に記憶処理を施して下さい。現在SCP-XXX-JPを用いた実験及びにSCP-XXX-JP-Aへの侵入実験は禁止されています。同様の理由でSCP-XXX-JPを一度でも視認したヒトはSCP-XXX-JP-Aへの侵入は許可されていません。

説明: SCP-XXX-JPは日本国神奈川県横浜市南区█████████にて発見された木製の立て看板です。

SCP-XXX-JPは20██/8/24にSNS上に空を歩いているヒトがいるとの記述と共にSCP-XXX-JP-Aを映したと思われる写真が投稿された事で確認、収容されました。

SCP-XXX-JPの異常性はヒトがSCP-XXX-JPを視認した場合とSCP-XXX-JPをヒトが一般的に「坂」と認識する道の端に設置した場合に発現します。
ヒトがSCP-XXX-JPを視認した場合、視認したヒトは例外なく「この坂を上り切れば自分の一番合いたい人に会える」という認識災害を受けます。多くの場合は認識災害を受けたヒトの亡くなった家族、恋人、友人が「会いたい対象」となりますが、異例として生きている人が「会いたい対象」となる場合もあります。詳細は補遺1を参照してください。この認識災害に強制力はなく引き留めるといった動作を受ける、あるいは記憶処理を行うことで効果を失います。
SCP-XXX-JPをヒトが一般的に「坂」と認識する道の端に設置した場合、設置された道は例外なく異常性を保持するようになります。この異常性はSCP-XXX-JPを撤去しても消失することはありません。現在6つのSCP-XXX-JPによって異常性を保持するようになった坂(なお以降これをSCP-XXX-JP-Aと呼称し、それぞれ番号の後に1〜6がつけられる。)が確認されています。現時点でSCP-XXX-JP-A-1〜4への侵入が可能です。詳細は補遺2を参照してください。

SCP-XXX-JP-Aの異常性はヒトがSCP-XXX-JP-Aに侵入した際に発現します。(なお以降SCP-XXX-JP-Aに侵入したヒトを侵入者と呼称する。)侵入者がSCP-XXX-JP-A上を進行すると進んだ距離の分だけSCP-XXX-JP-Aはその角度と道幅を保ったまま延長されます。SCP-XXX-JP-Aの傾斜は、異常性を発現していない状態のSCP-XXX-JP-Aの傾斜をx軸、SCP-XXX-JPが設置された地点を原点とした1メモリが約1kmのy=56x2のグラフと同じ変化をします。

補遺1: SCP-XXX-JPを視認した人物と「会いたい対象」
SCP-XXX-JPを視認した人物 人物の概要 会いたい対象
エージェント川上 SCP-XXX-JP-A-1発見時SCP-XXX-JPを回収しに向かった際にSCP-XXX-JPを視認、認識災害を受けたものと思われる。職業はSCP財団エージェントであり年齢は42歳。 エージェント川上の亡くなった娘
エージェント村田 エージェント川上と共にSCP-XXX-JPを回収しに向かった際にSCP-XXX-JPを視認、認識災害を受けたものと思われる。職業はSCP財団エージェントであり年齢は27歳。 エージェント村田の亡くなった友人
エージェント如月 エージェント川上、エージェント川村と共にSCP-XXX-JPを回収しに向かった際にSCP-XXX-JPを視認したエージェント川村、エージェント村田を制止した後SCP-XXX-JPを視認し認識災害を受けたものと思われる。職業はSCP財団エージェントであり年齢は34歳。 エージェント如月と共に以上物体に接触した際に死亡したエージェント奥田
████ SCP-XXX-JPを██しているSCP財団研究員であり年齢は██。 ████の指揮していた亡くなったエージェント█████
D-4352 SCP-XXX-JPに実験のために視認させられ、認識災害を受けた。強盗致死計3犯の死刑囚であり年齢は69歳。 D-4352の亡くなった結婚相手
D-5213 SCP-XXX-JPに実験のために視認させられ、認識災害を受けた。現住建造物等放火、殺人計6犯の死刑囚であり年齢は41歳。 D-5213の亡くなった妹
D-5213 SCP-XXX-JPに実験のために視認させられ、認識災害を受けた。爆発物使用計2犯の死刑囚であり年齢は25歳。 D-5213の友人である██、なお██は生存している
D-5342 SCP-XXX-JPに実験のために視認させられ、認識災害を受けた。危険運転致死、強盗致死計7犯の死刑囚であり年齢は47歳。 D-5342が殺害したD-5342の母親
D-5612 SCP-XXX-JPに実験のために視認させられ、認識災害を受けた。激発物破裂計2犯の死刑囚であり年齢は68歳。 D-5612の亡くなった息子
D-5623 SCP-XXX-JPに実験のために視認させられ、認識災害を受けた。殺人計4犯の死刑囚であり年齢は28歳。 ██████に登場するキャラクター
補遺2: 確認されているSCP-XXX-JP-A
番号 SCP-XXX-JP-Aの説明 発生原因
SCP-XXX-JP-A-1 日本国神奈川県横浜市南区 █████████の丘の頂上に位置するSCP-XXX-JP-A。財団で初めて確認されたSCP-XXX-JP-Aであり道幅は1.2m、傾斜は21度、両端は一般住宅が経っており異常性を発現していない状態でのSCP-XXX-JP-A-1を登った先には遊具の設置されていない児童公園がある。 不明
SCP-XXX-JP-A-2 日本国神奈川県鎌倉市██████████████████の山道に位置するSCP-XXX-JP-A。SCP-XXX-JPを担当している石井博士が休暇中財団職員と登山中にSCP-XXX-JP-Aの異常性に遭遇した。石井博士と財団職員は即刻SCP-XXX-JP-A-2から下り財団に報告した。SCP-XXX-JP-A-2の道幅は2.0mであり、傾斜は15度である。石井博士がSCP-XXX-JP-A-2に遭遇した時点ではXXX-JPが確認されなかったため、神奈川県鎌倉市██████████████████の山道に設置されていたSCP-XXX-JPが何者かの手によって神奈川県横浜市南区 █████████の丘の頂上に設置されたと思われる。現在SCP-XXX-JPを設置したと思われる人物を捜索中。 不明
SCP-XXX-JP-A-3 SCP財団日本支部██████の野外実験施設コンクリート製SCP-XXX-JP用実験坂に位置するSCP-XXX-JP-A。SCP財団側がSCP-XXX-JP-Aの異常性を確認するためにSCP-XXX-JPを設置した物であり、実験は1度行われた。SCP-XXX-JP用実験坂は幅6m、傾斜は23度であったが、SCP-XXX-JP-A-3の道幅は2.3mとなり、SCP-XXX-JPのすぐ隣に発現した。実験による民間人への影響範囲が広すぎるためにSCP-XXX-JP-A-3での実験は1度で凍結した。 SCP財団の実験によるSCP-XXX-JPの設置
SCP-XXX-JP-A-4 SCP財団██████████が管理する██████砂漠に設置されたコンクリート製SCP-XXX-JP用実験坂に位置するSCP-XXX-JP-A。SCP-XXX-JP-A-3の発生後実験の影響が周りに発生しないようにとSCP-XXX-JPを██████砂漠に設置し、SCP-XXX-JP-A-4が発生した。SCP-XXX-JP-Aの状態はSCP-XXX-JP-A-3と同じものである。すべての実験はこのSCP-XXX-JP-A-4で行われる。 SCP財団の実験によるSCP-XXX-JPの設置
SCP-XXX-JP-A-5 SCP財団██████████が管理する██████砂漠に設置されたコンクリート製SCP-XXX-JP用実験坂に位置していたSCP-XXX-JP-A。現在は異常性を消失している。SCP-XXX-JP-A-4の向かい側に設置されており、対地高度14m地点でSCP-XXX-JP-A-4とSCP-XXX-JP-A-5が交わるようになっている。SCP-XXX-JP-A-4にDクラス職員を侵入させ対地高度20mまで登らせる。その後SCP-XXX-JP-A-5にDクラス職員を侵入させ対地高度20mまで登らせるという実験を行った際に、SCP-XXX-JP-A-5を上っているDクラス職員が対地高度14m地点まで登りSCP-XXX-JP-A-4とSCP-XXX-JP-A-5が接触するとSCP-XXX-JP-A-5はその場で消失し、登っていたDクラス職員もその場で質量を失った。その後の調査でSCP-XXX-JP-A-5であったコンクリート製SCP-XXX-JP用実験坂は異常性を消失した事が分かった。 SCP財団の実験によるSCP-XXX-JPの設置
SCP-XXX-JP-A-6 サイト███の休憩スペースの壁面に位置するSCP-XXX-JP-A。現在その異常性を保持しているものの侵入は困難であり、又不慮の事故が起こる可能性も極めて低いため事実上SCP-XXX-JP-A-6は侵入不可とされる。SCP-XXX-JP-A-6は高さ1.1mの位置に設置された縦幅1.2m横幅6.5mのキャンパスに描かれた写実的な道路であり、ヒトが侵入した場合SCP-XXX-JP-A-6は垂直方向に延長された。又、SCP-XXX-JP-A-6はコンクリート製であり、厚さは0.8mm。 SCP財団の実験によるSCP-XXX-JPの設置。

補遺3: SCP-XXX-JP-A侵入調査記録
侵入調査記録XXX-2

対象: SCP-XXX-JP-A-4

侵入調査員: D-XXX-2

担当: 石井博士

付記: D-XXX-2の頭部に太陽光電池付きのカメラとマイクが取り付けられ、その機能が停止するまで無許可に記録を停止することは許可されないものとする。

<記録開始>

石井博士: 準備はできましたかD-XXX-1。

D-XXX-2: ああ。しかしこのカメラ重すぎやしないか?あとそっちの声量を落としてくれ、耳が痛い。

石井博士: わかりました、変更します。

D-XXX-2: よろしく。

石井博士: どうでしょうか。

D-XXX-2: ちょうどいい。それでこの坂を登ればいいんだな?

石井博士: はい。

D-XXX-2: 了解。しかしすぐ先がないぞ?このまま落ちろってのか?

石井博士: 説明を受けたはずです。あなたが少しでもSCP-XXX-JP-A-4に侵入すればその分この坂は延長されます。早くSCP-XXX-JP-A-4に侵入してください。

D-XXX-2: わかったわかった。そういえばそうだったな。じゃあ登るぞ。確かに先端と俺との距離が一向に縮まらないな。しかしそれならもっと坂を長くしても良かったんじゃないか?これじゃあ下が見えちまう。

(不必要な記録のため削除されました)

D-XXX-2: なあもう何分登ったんだ?

石井博士: 46分です。

D-XXX-2: だいぶ登ったな。結構高いな。

石井博士: 現在対地高度340mほどです。普通の人間ではありえない速度で登っていることになります。

D-XXX-2: どうりで。進むごとに地面が離れるのが早くなっていってると思ったよ。これもこの坂の異常性なんだろうな。それにしても担当があんたでよかった。俺が別の実験に駆り出された時に担当した奴らはみんな俺が何言っても「不必要な会話は避けてくださいを」連呼しやがる。

石井博士: 私もそれを言いたいところです。あなたは自身が感じた異変などを報告する必要があります。

D-XXX-2: 随分と機械的だが応答してくれるだけありがたいさ。

石井博士: 正気を失わないための最低限のケアです。

D-XXX-2: 確か340mだったか?こんな高いところにも鳥は飛んでいるん

(D-XXX-2は30秒ほど沈黙する。その後D-XXX-2のカメラは参考方向と反対方向を映し出し、D-XXX-2はSCP-XXX-JP-A-4を駆け下り始める。)

石井博士: D-XXX-2どうしたのですか?D-XXX-2直ちに止まりなさい!止まれ!

D-XXX-2: くそ、どうせろくなもんじゃないと思ってたが、これはあれだろう?外にちょっとでも出たら俺は死ぬんだろう?!

石井博士: ちがいますD-XXX-2。何故そう思ったのですか?とにかく止まってください。でないとあなたは処分の対象となります。

D-XXX-2: 鳥が上の方で消えちまった。

石井博士: え?

D-XXX-2: だから鳥が消えたんだよ、俺が歩いてる坂を横切ろうとした瞬間!

石井博士: それは外からの場合です。内側からはなんの問題もありません。早く止ってく

(D-XXX-2が転倒する。倒れるのと同時にD-XXX-2の左腕がSCP-XXX-JP-A-4の外に出る。D-XXX-2の左腕は第二関節まで質量を失った。)

D-XXX-2: (叫び声、D-XXX-2は俺のと連呼している)くそ、やっぱりだ!

石井博士: 落ち着いてくださいD-XXX-2。

(D-XXX-2が叫びながら再びSCP-XXX-JP-A-4を下り始める)

石井博士: あなたがここを下っても下にいる警備員に射殺されます。早く止まりなさい!止まって!早く!

(発砲音)

<記録終了>

終了報告書: D-XXX-2はSCP-XXX-JP-A-4の侵入口の警備員により処分されました。
D-XXX-2が約45分で対地高度340m地点まで達した事、D-XXX-2が下り始めてから約5分でSCP-XXX-JP-A-4の侵入口から銃弾が届く地点まで達した事からSCP-XXX-JP-Aには時間経過もしくは歩行距離に応じて移動距離が長くなるという異常性があると思われます。
D-XXX-2に装着させたカメラにはD-XXX-2が証言した鳥やそれが消失する様子は記録されておらず、異常性の説明をしていなかったにもかかわらずその光景だけでSCP-XXX-JP-Aの異常性を理解するのは不自然であるためSCP-XXX-JP-Aには幻覚を見せる異常性、幻覚を見たものに過大な恐怖心を与え異常性を理解させる異常性があると思われます。
D-XXX-2は質量を失った後概ねD-XXX-1と同じ反応を見せました。D-XXX-2の年齢は実験当時28歳であり生命反応は現在も継続しています。

侵入調査記録XXX-3

対象: SCP-XXX-JP-A-4

侵入調査員: D-XXX-3

担当博士: 石井博士

付記: D-XXX-3の頭部に太陽光電池付きのカメラとマイクが取り付けられ、その機能が停止するまで無許可に記録を停止することは許可されないものとする。D-XXX-3には事前にSCP-XXX-JP-A-4は幻覚を見せる異常性があると説明している。

<録音開始>

石井博士: 準備は整いましたか?

D-XXX-3: ああ、もう登れるぞ。

石井博士: 先程説明があったと思いますがこのSCPには幻覚を見せる異常性があります。鳥が消えるやその他の異常な現象は全てSCP-XXX-JP-A-4が見せる幻覚です。あなたはこのSCP-XXX-JP-A-4を登るのと同時にその幻覚を詳しく説明してください。

D-XXX-3: わかった。じゃあ今から登る。あまり口うるさく指示出さないでくれよ?俺は1人で歩いてる方が好きなんだ。

(D-XXX-3は50分間黙ったままSCP-XXX-JP-A-4内を進行した)

D-XXX-3: なあ、今どんぐらいの高さだ?

石井博士: 約2450mです。

D-XXX-3: そうか。

石井博士: 幻覚を見ましたか?

D-XXX-3: いやそうじゃないが。登るのがやけに早いと思ってな。

石井博士: それもこのSCP-XXX-JP-Aの異常性です。あなたの体や進行には影響はありません。

D-XXX-3: ならいい。

(D-XXX-3はさらに78分間黙ったままSCP-XXX-JP-A-4内を進行する。D-XXX-3が立ち止まる)

D-XXX-3: なあ、今のが幻覚か?

石井博士: どのようなものが見えましたか?

D-XXX-3: 俺が前で歩いてる。

石井博士: 突然現れたのですか?

D-XXX-3: ああ、顔をあげたら50mほど先に俺が歩いている。今もだ。

石井博士: その幻覚に変化があった場合は報告してください。

D-XXX-3: なんか、嫌な感じだな、すごく不安になる。急にこの高さが怖く思えてきた。

石井博士: 少し休憩しますか?

D-XXX-3: いや、いい。このまま歩いていた方が気が楽だ。

(D-XXX-3は進行を開始し、さらに63分間黙ったままSCP-XXX-JP-A-4内を進行する。)

D-XXX-3: まだいやがる。いつ消えるんだ?

石井博士: 不安感はどうですか?

D-XXX-3: いや消えたよ。でも自分が前にいるのは気持ち悪いだろ?

石井博士: 何故あなたであるとわかるのですか?後ろ姿では判断しにくいと思いますが。

D-XXX-3: ああ、服装でな。

石井博士: 服装?

D-XXX-3: あと髪型もだな。あのドレッドは間違い無いね。

石井博士: あなたはショウトカットではありませんか?

D-XXX-3: 今はな、昔の俺だよ20前後の、それにしても趣味の悪いパーカーだな。

(D-XXX-3に装着させたカメラの映像が大きくブレるようになる)

石井博士: 大丈夫ですかD-XXX-3、足がふらついていますよ。

D-XXX-3: あの時の俺は馬鹿だった。いや頭は良かったな。成績もいつだって1番上だった。ただちょっとぬけてて、行動が早くて、思慮深すぎたんだ。俺は頭がよかった、そうだ、そうか、俺の頭のせいだったのか。はは、やっとがてんがいったよ。

石井博士: D-XXX-3、休憩をとってください。その場で進行をやめ、腰を下ろしてください。

D-XXX-3: 周りが明るかった。あれは夜じゃない。真っ白で綺麗だったなあ。

石井博士: D-XXX-3指示に従ってください。

D-XXX-3: すぐに固まったんだ。俺の手も固っちまった。静かだった。

石井博士: D-XXX-3止まってください。処分の対象になります。

D-XXX-3: 倒れたのはよくなかった。あれじゃあダメだ。やつはそうするべきだった。そう思っているのは私だけか?ほらあんな薄着じゃ寒かろうに。ああ、この坂急で滑って敵わない。俺はあいつの真似をするべきなんだい?

石井博士: D-XXX-3、止まって、(10秒ほどの間)いえ、あなたの前には何が見えていますか。

D-XXX-3: 変わらず馬鹿みたいなデザインのパーカー野郎さ、炎を意識しているのか?あれじゃあわかりにくすぎる。赤色水ぶっかけたみたいだ。あらら、そっちに行くか。

石井博士: そっちとは?

D-XXX-3: 左の分岐路さ。ついていけばいいんだよな。

石井博士: 待ってください左に行ってはいけません。真っ直ぐ進んでください。

D-XXX-3: え?こいつはいいのか?

石井博士: ええ、放っておいてください。

D-XXX-3: ああ、通り過ぎちまった。あっちに行きたかったな。

(D-XXX-3が進行を止める。)

石井博士: どうしましたかD-XXX-3。

(30秒ほどの沈黙)

D-XXX-3: やっぱり左に行けば良かったな。俺に覚悟はなかった。

石井博士: 何か見えたのですね?何が

(D-XXX-3がSCP-XXX-JP-A-4から外れる。)

石井博士: 何をしてるんだD-XXX-3。ああくそ。

<録音終了>

終了報告書: SCP-XXX-JP-A-4から外れ、質量を失ったD-XXX-3はその後一切の反応を示しませんでした。なお生命反応は現在も継続しているいます。
D-XXX-3は強盗殺人によって逮捕されており、

ERROR

The miro810's portal does not exist.


エラー: miro810のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6980596 ( 03 Nov 2020 00:27 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License