SCP-XXX-JP 坂

現在このページの批評は中断しています。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは低危険度物品収容ロッカーに収容してください。SCP-XXX-JP-Aへの侵入実験を行う際は夜間に行い、カバーストーリー、コラージュ画像による集団いたずらを適用し直接SCP-XXX-JP-Aを視認できる範囲内にいた者全てに記憶処理剤を散布してください。現在SCP-XXX-JPの使用。SCP-XXX-JP-Aへの侵入実験は禁止されています。SCP-XXX-JPを視認した人物は全てのSCP-XXX-JP-Aへの侵入は許可されません。

説明: SCP-XXX-JPは日本国神奈川県横浜市南区█████████にて発見された支柱型の木製看板です。

SCP-XXX-JPは20██/8/24にSNS上に空を歩いている人がいるとの記述と共にSCP-XXX-JP-AとSCP-XXX-JP-Bの写真が投稿されたことで確認、収容されました。

SCP-XXX-JPの異常性はヒトがSCP-XXX-JPを視認した場合、もしくはSCP-XXX-JPをヒトが一般的に「坂」であると判断される道、又斜面の端にSCP-XXX-JPを設置した場合に異常性を発現させます。SCP-XXX-JPを視認した者は例外無くSCP-XXX-JP-Aを登りきれば自身の一番会いたいと思う相手に会う事ができるという認識災害を受けます。会いたいと思う対象者が死亡していた場合でも、生きていた場合でも相違なくSCP-XXX-JPの影響を受けます。SCP-XXX-JPの認識災害に強制力は無く、登るなと忠告する程度で認識災害を受けた対象はSCP-XXX-JPへの侵入を断念します。

SCP-XXX-JPをの先端は鋭利になっているものの物質的には杉科の植物と一致しています。しかしSCP-XXX-JPを「坂」への侵入口の端に設置しようとした場合、その「坂」がコンクリート製であったとしても地面に設置する事が可能です。SCP-XXX-JPが設置された「坂」は現在8つ確認されており、それぞれSCP-XXX-JP-A-1から8と称され異常性を保持するようになります。またSCP-XXX-JPを取り除いた場合でもSCP-XXX-JP-Aは異常性を保持し続けます。SCP-XXX-JP-A-1から8は補遺1を参照して下さい。

SCP-XXX-JP-Aの異常性はSCP-XXX-JPを視認し、認識障害を受けた人物がSCP-XXX-JP-Aに侵入した際に発生します。SCP-XXX-JP-Aに侵入した人物を以降、侵入者と称します。侵入者が侵入した際SCP-XXX-JP-Aは毎秒390mで前方に延長されます。なおこの際衝撃波は発生せず、延長されたSCP-XXX-JP-Aはその角度を保ったまま限りなく続いているものと思われます。また延長されたSCP-XXX-JP-Aより外に侵入者が出た場合外に出された部分はその質量を失いその高度を維持したまま空中に漂うようになります。質量を失った部分は視認する事ができなくなり、自らの意思で動く事ができなくなります。質量を失った記録装置はその機能を電力で動いている場合は充電残量が無くなるまで、その他の場合は風化するまでその機能を保持し続けます。質量を失った侵入者は発声機能、視覚、聴覚、を保持し、意識は平均的な人間の寿命ほど継続します。

補遺1: 侵入調査記録


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The miro810's portal does not exist.


エラー: miro810のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6980596 ( 03 Nov 2020 00:27 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License