第2次報告書
rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Thaumiel1

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPがサイト304の3x3x3mの部屋の中央に位置するようにY.I博士の実験室を改装した収容室に保管してください。収容室内にはあらゆる監視カメラ、マイク等のSCP-XXX-JPの情報を取得することのできる機器類を入れることは許可されません。収容室の扉は常時開放しDクラス職員に、SCP-XXX-JPを収容室外から監視させてください。SCP-XXX-JP、SCP-XXX-JP-1ならびにSCP-XXX-JP-2に関する全ての情報は紙面に手書きで記して下さい。
またSCP-XXX-JPの液晶画面上にSCP-XXX-JP-1が表示された際には早急に池田博士に報告させ、自身の身体に異常がある場合はそのことも含め報告するようDクラス職員に指示してください。SCP-XXX-JP-1によって発生したSCP-XXX-JP-2には早急に対処してください。
また実例5によりSCP-XXX-JPにはミーム汚染を及ぼす異常性があると思われます。

説明: SCP-XXX-JPは██████社製の██████型のパーソナルコンピュータです。

SCP-XXX-JPはY.I博士の実験室内にて、池田博士の「コンピュータに近ずくことができない」との報告により発見されました。SCP-XXX-JPはその特性上半径1.5m以内に干渉することができないため、移動させることができず現在の収容室はY.I博士の実験室を改装したものです。そのためSCP-XXX-JPへの物理的接触、接近はすべて失敗しています。詳細は初期報告書の実験記録1〜3を参照してください。
19██/1/30に事象1が発生した事で新たな異常性が発見されました。SCP-XXX-JPには不定期に画面上に文章が表示され、また文章が表示された時点で1人から世界全体までが対象である現実改変が発生します。以降この文章をSCP-XXX-JP-A、現実改変をSCP-XXX-JP-Bと称します。SCP-XXX-JP-AとSCP-XXX-JP-Bの実例は補遺1,2を参照して下さい。

補遺2: SCP-XXX-JP-A,SCP-XXX-JP-B実例
実例4 - 日付19██/10/4

SCP-XXX-JP-A: 「温室効果ガスが少ない状態」と表示されました。

SCP-XXX-JP-B: SCP-XXX-JP-Aが表示された後すぐに大気中気体の割合に置いて二酸化炭素量がSCP-XXX-JP-A表示以前と比べ17%増加し大気中の二酸化炭素が占める割合が増加しました。

結果: SCP-XXX-JP-A表示後すぐの増加であったため暫定的に今回の異常な二酸化炭素の増化はSCP-XXX-JP-Aによるものと判断しました。こ財団はの事を受けSCP-XXX-JPのオブジェクトクラスをThaumiel2に再分類しました。

実例5 - 日付19██/10/27

SCP-XXX-JP-A: 「█████が殺人を起こす前の状態」と表示されました。

SCP-XXX-JP-B: SCP-XXX-JP-Aが表示された後、サイト███に属するSCP-XXX-JP-Aに表示された人物名と同名であるエージェント█████が自閉症を患い、カウンセリングの際"私は人を殺した"と言うようになりました。エージェント█████にはすでに殺人の記録があり、その事についてエージェント█████の周辺人物も認知していました。

結果: エージェント█████が自室で死亡しているのが発見されました。死因は頭への銃殺であり、自身で銃を使用したものと思われます。なおSCP-XXX-JP-A表示後21日後でエージェント█████自殺しました。この事を受けSCP-XXX-JPにはミーム汚染を及ぼす異常性があるものとされました。オブジェクトクラスThaumiel3へと再分類が検討されています。

実例6 - 日付19██/11/16

SCP-XXX-JP-A: 「イタリア██████の178人が生きていた状態」と表示されました。

SCP-XXX-JP-B: SCP-XXX-JP-Aが表示された後すぐにイタリア南部の██████にて工場に勤務していた3279人のうち178人が突如消失、捜索の後工場から2km南西部に焼死体で発見されました。

結果: イタリア██████の住民にクラスA記憶処理を施しました。

実例7 - 日付19██/11/18

SCP-XXX-JP-A: 「水がなかった状態」と表示されました。

SCP-XXX-JP-B: SCP-XXX-JP-Aが表示された後すぐ北海道████が████████████の海にまでつずく川が発生。

結果: 削除済み

実例8 - 日付19██/1/23

SCP-XXX-JP-A: 「サイト██がミスる前の状態」と表示されました。

SCP-XXX-JP-B: SCP-XXX-JP-Aが表示された後すぐにサイト██が崩壊、6体のSCPが収容違反をおこし職員67人が死亡、周辺住民7人が死亡しました。崩壊したサイトには火災の後がありましたが、監視カメラや目撃者の証言によると火のてがあがっている様子はありませんでした。

結果: 周辺住民にはクラスA記憶処理を施しました。サイト██は新たに建設、収容違反をおこしたSCPは再収容し、職員を補充しました。

追記: 当初SCP-XXX-JPの異常性は"半径1.5m以内に侵入したものは侵入しようとする前の状態に戻される"というものだけとされていいました、そのためSCP-XXX-JPのオブジェクトクラスはThaumielとされていましたがその後実例4が発生した事によりオブジェクトクラスをThaumielへと再分類されました。また実例6以降オブジェクトクラスがThaumielからThaumielへと再々分類されました。

警告

以下の文書の閲覧はレベル5セキュリティクリアランス以上を持つ職員にのみ許可されます

ERROR

The miro810's portal does not exist.


エラー: miro810のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6980596 ( 03 Nov 2020 00:27 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License