SCP-XXX-JP 誤変換コンピューター

現在このページの批評は中断しています。

rating: 0+x
blank.png
CB263DFF-2FC5-4364-BC3B-5EADCF7EEE64.jpeg

SCP-XXX-JPと同じ製品。

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト-85██の施錠可能であるロッカー内にて常に乾燥している状態で管理して下さい。オブジェクトを用いた実験はセキュリティクリアランス3以上から可能です。実験を行う際には事前に担当者に申し出て下さい。実験時には同ロッカー内にある
電源ケーブルを使用して下さい。

説明 : SCP-XXX-JPはごく一般的に世間に流通していた200█年、████社から販売されたノートパソコン1です。オブジェクトは通常の材料から製造されています。

SCP-XXX-JPは同じ製品である通常のノートパソコンと同様に機能します。オブジェクト内のOSはすでにサービスを終了しているため、インターネットに接続することやダウンロードは不可能です。その為、オブジェクトを用いて利用可能なソフトウェアは現在内蔵されているソフトウェアであるメモ帳、電卓、時計、タイマー、ストップウォッチ、フォルダ管理ソフト、ピンボールゲームのみとなっています。

SCP-XXX-JPは200█年に埼玉県██市の中古品店にて発見されました。オブジェクトには「変換バグあり」と書かれた付箋が貼られており、その頃の本来の価格の半額程度で販売されていました。出品者は埼玉県██市在住の男性です。出品者、並びに店員にはクラスB記憶処理の後、カバーストーリー「ただの中古パソコン」を適用しオブジェクトは回収されました。

SCP-XXX-JPの特異性は文字変換機能を使用した際に発動されます。オブジェクトの文字変換は本来の変換とは全く異なり、3文字の平仮名を変換する際に観測された誤変換の数は観測できた量だけでも1,000種類以上を超えています。以下に誤変換の例を表示します。

実験記録 入力文字 通常のコンピューターによる変換 SCP-XXX-JPによる変換 補遺
実験記録XXX-JP-1 りんご リンゴ PV リンの元素記号(P)とローマ数字の5(V)と変換した模様。
実験記録XXX-JP-2 ざいだん 財団 z愛だン 「ざ」を「z・あ」と認識した模様。
実験記録XXX-JP-4 かくほ 確保 _φ(・_・歩 「かく」を絵文字として変換した模様。
実験記録XXX-JP-5 しゅうよう 収容 酒UYO 「よう」を「Y・おう(O)」と認識した模様。

補遺 : SCP-XXX-JPには特異性が異常な誤変換以外に見られないため、オブジェクトはAnomalousアイテムへの再分類が検討されています。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The candleboy's portal does not exist.


エラー: candleboyのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6978486 ( 10 Nov 2020 08:40 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License