SCP-5000-JP-J

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


アイテム番号: SCP-5000-JP-J

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-5000-JP-Jは起動していない状態でサイト-22の標準的な保管ロッカーに収容されます。SCP-5000-JP-Jから回収された全てのファイルと情報は安全なサーバーに保存され、アーカイブ部門の要請に応じてバックアップが閲覧可能です。

説明: SCP-5000-JP-Jは機能性の無いパワードスーツであり、内部回路図ではSCP財団が設計した“絶対的除外ハーネス”とされています。SCP-5000-JP-Jはかつて装着者を保護し、有益な影響を及ぼすための異常な機能を多数搭載していたと考えられていますが、過去に損傷した結果、現在では基本的なファイル保存のみが可能となっています。回収当時のSCP-5000-JP-Jに収められていた記録については、アーカイブ5000-JP-J-1を参照してください。

SCP-5000-JP-Jは2020/8/31、サイト-8116かサイト-8161(もしかすると8118)にあるSCP-ZZZ-JP-Jの収容チャンバーに柔らかい光を伴いながら10分に渡り出現し、内部には財団職員畑野
畑野 隼人と遺伝的に一致する唾液が付着していました。畑野 隼人は現在SCP-654-JP-Jの収容されているサイト8116]]]1に勤務しており、記憶補強セラピーによって、SCP-5000JP-Jの知識やそのアーカイブで詳述されている出来事の記憶を持っていないことが確認されています。


アーカイブ 5000-JP-J-1:

日誌エントリ 0001-JP-J-1
私の名前は畑野 隼人。何が起きているのか分からない。ちゃんとした精神を保てている私だけかもしれない。
日付はえーとMMXX(すまない思考転写は扱いにくい(すまない私はまだこれに慣れていないうん))。日付は2020/01/02。私は。私は先ほど除外サイト-06から逃げてきた。思うに… 確信は持てないが、他は全員死んでいる。あいつらは、奴らは徹底的にやった。もしこのスーツまで辿り着かなかったら、私もきっと… 嗚呼。

ERROR

The candleboy's portal does not exist.


エラー: candleboyのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6978486 ( 10 Nov 2020 08:40 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License