SCP_3083_JP 伝書人

現在このページの批評は中断しています。


SCP_3083_JP
ObjectClass Euclid

特別収容プロトコル
SCP_3083_JPの出現範囲内を常時監視カメラで監視してください。
SCP_3083_JPが手紙を届けに行く際は 必ず500ミリリットルの水が入ったペットボトルを持たせてください。
説明
SCP_3083_JPは鳩の被り物を被った人型実体です。
SCP_3083_JPを使用する際はSCP_3083_JPに許可をとる必要があります。
Dクラス職員にSCP_3083_JPを使用させ、その後インタビューを行いました。

Dクラス職員へのインタビュー記録

「SCP_3083_JPを使用してから身体に異常などはありますか」

「あるわけないだろ!手紙を出しただけだぞ……」

「では その後送った相手から返事は来ましたか」

「まぁ 3日後くらいにSCP_3083_JPが帰ってきて 俺に手紙を渡してきたんだ それは 送った相手からの返事だったな。」

「その時のSCP_3083_JPの様子を覚えていますか」

「あぁ……なんか嬉しそうだったよ。返事を俺に渡す時も笑顔で「お返事 受け取ってきました」つってたしな。」

「それでは 他に気になる点はありますか」

「あいつの鳩の面だな。あれを外しているところを見たことがないんだ。」

「インタビューは以上です。ご協力ありがとうございます。」

記録終了

後日SCP_3083_JPの鳩の被り物の実験(以下 実験1)を行ったところ
SCP_3083_JPの目を見ると気絶し約3時間ほど意識は戻りませんでした。

そして被り物を取った瞬間に顔を隠す行為を行うのは 恐らくSCP_3083_JPが対面恐怖症であると考えられます。

そして 対面恐怖症であることを証明するために行われた実験(以下 実験2)は以下の手順により行われました。

1 SCP_3083_JPの被り物をとる
2 SCP_3083_JPを監視カメラ付きの部屋に隔離し様子を記録する
3何も起きないようであれば 部屋の中にDクラス職員を入れ 再び様子を記録する

実験の結果、SCP_3083_JPは被り物を被らず、個室の中で寛いでいる様子が確認されました。

その後部屋の中にDクラス職員を入れると SCP_3083_JPはすぐさま被り物を被り
ウロウロし始めました。

この結果から、SCP_3083_JPは対面恐怖症であるということが証明されました。

補遺
SCP_3083_JPは人間と違い 耳の部分が鳥の翼のようになっています。
そしてSCP_3083_JP手紙を届ける際にその様子を撮影したところ SCP_3083_JPは何らかのエネルギーを消費し、飛行して手紙を届けていることが確認されました。
エネルギー源については調査中です
どうして身体からエネルギーが発生するかは不明ですが 自らの発生させたエネルギーを使用し飛行しているということが分かっています。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The CHABA's portal does not exist.


エラー: CHABAのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6970530 ( 07 Nov 2020 10:53 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License