SCP 末端距離

このページの批評は終了しました。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JP内部への侵入を防ぐため、入り口に金属柵を設置、入り口付近に警備員3名を配置、SCP-XXXX-JPを取り囲むように高さ4mの電気柵を設置してください。SCP-XXXX-JP内部への侵入はいかなる場合でも許可されません。そのため、SCP-XXXX-JP職員は他の未来予知オブジェクトを使用し、起こる可能性のあるKクラスシナリオの対処へ動くことが許可されています。

説明: SCP-XXXX-JPは新潟県██山にて発見されたトンネルです。建設会社及び建設された年は不明です。元は██山に埋められていましたが、████年の大雨による土砂崩れによって発見されました。

SCP-XXXX-JPの入口は高さ5m、幅8mとなっています。

SCP-XXXX-JPの特異性はSCP-XXXX-JP内部に人が侵入した場合に発現します。人が侵入すると、侵入した人物は瞬時に消失します。なお、消失後も通信は可能です。侵入した人物が存在する場所の特定はされていませんが、SCP-XXXX-JP内部に酷似していることが判明しています。1000mおきに、非常用出口(以下SCP-XXXX-JP-2)が配置されています。SCP-XXXX-JP-2には4桁の数字が書かれており、窓ガラスが設置されています。

SCP-XXXX-JP-2に触れた物は即座に消失するため開閉、破壊は困難とされています。SCP-XXXX-JP-2に設置されている窓ガラスからは4桁の数字に応じた西暦の未来を観測することができます。観測される場所は完全にランダムです。

ERROR

The tuburadayo's portal does not exist.


エラー: tuburadayoのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6970434 ( 29 Oct 2020 11:50 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License