汎用研究記録:SCP-452‐JP

汎用研究記録:SCP-452-JP

本文書はSCP-452-JP実験記録005内での██博士による「上手く用いれば、危険物処理に使えるかもしれない」という発言を参考に、SCP-452-JPの特性はどこまで通用するのか、又は危険物処理に実際に応用できるのか、又は摂食だけに異常性が表れるのかを記したサイト₋8181内での研究記録です。

担当: 狂錬博士

 

実験記録452-JP‐010

対象: SCP‐452-JP‐1一体

形式: 危険物質や物理現象を用いた実験。

手段 反応 結果 分析
濃硫酸 コーラと認識。 問題なく飲み干した。 毒物だけではなく、刺激物の摂取も可能と判明。
燃えている木炭 燃えているマシュマロと認識。 口内に火傷を負った。 温度などは無力化不能と判明。1
ウラン鉱石 岩型チョコレートと認識。 問題なく摂食。 その後の容態は異常なし。2
粉砂糖と認識。 対象は粉砂糖に少し蒸せたものの、その後の容態に異常なし。 有害な微粒子も無力化可能と判明。3

分析: 非異常性の物質に関しては炎以外は大体摂食出来る事が判明しました。

危険物の処分には応用できるみたいやね。まあ、あくまでもこの実験結果は非異常性の物質の範囲内。次はアノマリーでも試してみますか。―狂錬博士

 

実験記録452-JP‐011

対象: SCP‐452-JP‐1一体

形式: Anomalousアイテムや他のオブジェクトを使用した実験方法。うまくいけばの無尽蔵に増えるオブジェクトの対処に活用できるかもしれない。
手段 反応 結果 分析
SCP‐030‐JP 歪な形の饅頭と認識。 問題なく完食。 味に不快感を示した様子は無かった。4
超硬質スコーン5 普通のスコーンと認識。 問題なく完食。6 特になし。7
破壊不能なスマートフォン8 ウエハースと認識。 問題なく完食。9 破壊不可能力も無効化可能と判明。
超再生能力を持つニホンヤモリ(Gekko japonicus)10 蜥蜴型のグミと認識。 問題なく完食。11 摂食最中は超再生能力も無力化可能と判明。

分析: 超再生能力などの能力も無効化できることが判明しました。

この実験の結果を見て思いついたのですが、SCP‐452-JP‐1を利用してSCP‐682の終了実験をしてみてはいかがでしょうか。摂食中に再生能力を無効化できるなら途中で暴れても多少は心配ないと思います。ー狂錬博士

まさか日本支部にはそんなクレイジ―なオブジェクトが存在するとは……だが、実験ログから見てSCP‐682に有効なのは間違いないようだ。喜んで承諾させて貰うよ。早速計画書を作成してくれ。―O5‐2

作成しました。以下、破壊試験の計画書となります。ー狂錬博士

アクセス承認

CLASSIFIED

破壊試験-T-98816-oc108/682/452-JP計画書

 

実験の目的:
SCP‐452-JP‐1を用いたSCP‐682の完全破壊

担当:
狂錬博士

対象:
SCP‐682

日付/場所:
20██/██/██

手順

1: 事前にSCP‐03812でSCP‐452-JPを30個13複製し、同じ人数のDクラス職員に摂食させてSCP‐452-JP‐1を30体程用意する。

2: SCP‐682を塩酸のプールから出し、Dクラス職員を囮にしてSCP‐682終了実験専用のコンテナに移送する。

3: 予め機動部隊をコンテナ内に待機させる。

4: SCP‐682が到着したら、コンテナの扉を閉じ、すぐに対戦車バズーカなどを用いてSCP‐682を一時的に無力化する。

5: SCP‐682の動きが鈍ってきたら機動部隊を退却させ、用意したSCP-452-JP-1を全員コンテナ内に解き放つ。

6: 後はSCP‐682が完全に捕食されるのを待つ。

false

ERROR

The domuraiukai's portal does not exist.


エラー: domuraiukaiのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6948861 ( 28 Oct 2020 09:48 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License