SCP「生前葬」

現在このページの批評は中断しています。

評価: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe Explained

版特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPを使用した記述を現実の対象に対して行わないでください。SCP-XXX-JPを用いた実験を行う場合は、演繹部門所属かつクリアランスレベル3以上の職員の監視の下、財団製の仮想物語層を用いて行ってください。

説明: SCP-XXX-JPは[検閲済み]1と表現されるオノマトペです。SCP-XXX-JPにより修飾された概念(以下、対象と呼称)は、それ自身が保有する"名"と"体"が分離され2、その対象に関する意味が喪失します。結果として、対象の存在する物語層においては対象の存在と情報記録帯3が消失し、対象の上部に存在する物語層においては対象と結び付けられた名称に関する意味/設定が消失します。この意味喪失現象に対する対抗を持つのは、SCP-XXX-JPを記述した対象のみです。

この状態の対象は"名"のみが該当物語に残留することになります。この状態の"名"のことを、以下SCP-XXX-JP-blankと呼称します。この"名"の中には修飾語や述語での記述によって新たな"体"を格納することが可能です。これをSCP-XXX-JP-callと呼称します。SCP-XXX-JP-blankにSCP-XXX-JP-callが格納されると、対象の存在と情報記録帯がSCP-XXX-JP-callを付加された状態で復元されます。以上の工程を経たSCP-XXX-JP-blankをSCP-XXX-JP-Aと呼称します。

SCP-XXX-JP-Aとして再定義された対象は改変の行われた状態で出現します。詳細は以下の実験記録の抜粋を参照してください。

発見経緯: SCP-XXX-JPは超常コミュニティ内部にて遽に話題になった『常識改変アプリ』に関する調査の過程で発見されました。『常識改変アプリ』は『「改変したい対象の個人情報8」「改変したい内容」の2つを入力すれば対象の改変を行うことができる』という触れ込みで発売されていました。

補遺: SCP-XXX-JPに関する解析の一環として、SCP-XXX-JPが自己改変可能であるかをテストする実験が行われました。これによって生じたSCP-XXX-JP-Aは、特別にSCP-XXX-JP-Bとしてナンバリングされています。




ERROR

The Urakaze_Uro's portal does not exist.


エラー: Urakaze_Uroのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6948025 ( 21 Oct 2020 07:51 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License