SCP-⌘(SCP-6445) - 戦慄の王国のもとで(原題: SCP-⌘(SCP-6445) - Beneath the Shivering Kingdom) fragment:scp-6445-2
/* source: http://ah-sandbox.wikidot.com/component:collapsible-sidebar-x1 */
 
#top-bar .open-menu a {
        position: fixed;
        top: 0.5em;
        left: 0.5em;
        z-index: 5;
        font-family: 'Nanum Gothic', san-serif;
        font-size: 30px;
        font-weight: 700;
        width: 30px;
        height: 30px;
        line-height: 0.9em;
        text-align: center;
        border: 0.2em solid #888;
        background-color: #fff;
        border-radius: 3em;
        color: #888;
}
 
@media (min-width: 768px) {
 
    #top-bar .mobile-top-bar {
        display: block;
    }
 
    #top-bar .mobile-top-bar li {
        display: none;
    }
 
    #main-content {
        max-width: 708px;
        margin: 0 auto;
        padding: 0;
        transition: max-width 0.2s ease-in-out;
    }
 
    #side-bar {
        display: block;
        position: fixed;
        top: 0;
        left: -20em;
        width: 17.75em;
        height: 100%;
        margin: 0;
        overflow-y: auto;
        z-index: 10;
        padding: 1em 1em 0 1em;
        background-color: rgba(0,0,0,0.1);
        transition: left 0.4s ease-in-out;
 
        scrollbar-width: thin;
    }
 
    #side-bar:target {
        left: 0;
    }
    #side-bar:focus-within:not(:target) {
        left: 0;
    }
 
    #side-bar:target .close-menu {
        display: block;
        position: fixed;
        width: 100%;
        height: 100%;
        top: 0;
        left: 0;
        margin-left: 19.75em;
        opacity: 0;
        z-index: -1;
        visibility: visible;
    }
    #side-bar:not(:target) .close-menu { display: none; }
 
    #top-bar .open-menu a:hover {
        text-decoration: none;
    }
 
    /* FIREFOX-SPECIFIC COMPATIBILITY METHOD */
    @supports (-moz-appearance:none) {
    #top-bar .open-menu a {
        pointer-events: none;
    }
    #side-bar:not(:target) .close-menu {
        display: block;
        pointer-events: none;
        user-select: none;
    }
 
    /* This pseudo-element is meant to overlay the regular sidebar button
    so the fixed positioning (top, left, right and/or bottom) has to match */
 
    #side-bar .close-menu::before {
        content: "";
        position: fixed;
        z-index: 5;
        display: block;
 
        top: 0.5em;
        left: 0.5em;
 
        border: 0.2em solid transparent;
        width: 30px;
        height: 30px;
        font-size: 30px;
        line-height: 0.9em;
 
        pointer-events: all;
        cursor: pointer;
    }
    #side-bar:focus-within {
        left: 0;
    }
    #side-bar:focus-within .close-menu::before {
        pointer-events: none;
    }
    }
}

アイテム番号: SCP-⌘
レベル▼
Unsecret
収容クラス:
Symbolic
副次クラス:
Thaumiel
撹乱クラス:
Infrared
リスククラス:
Mercurial
Item#: {$item-number}
Level4
Containment Class:
{$container-class}
Secondary Class:
{$secondary-class}
Disruption Class:
{$disruption-class}
Risk Class:
{$risk-class}

超現実的仮想ポリシー: 財団の活動の一貫性を保つため、サイト-⌘に配属された職員は超現実部門の職員以外とコニュニケーションを取ることは禁じられています。部門間でのコミュニケーションは以下の職員のみが執り行います:

  • マルセル・セクイターMarcel Sequitur部門管理官
  • G. モリソンMorrisonサイト管理官
  • アービング・ガットIrving Gat首席研究員
  • ジャン・ツァラ=ヘッヒJean Tzara-Höch財団連絡員
  • salvador.aic
  • レイ・トイバーRay Taeuber補助用務員
  • あなた1

SCP-⌘の収容を継続するために、リスト█にあるものはサイト-⌘に持ち込んではなりません。
SCP-⌘を継続して収容するためには、リスト█にあるものを常にサイト-⌘に格納されてなければなりません。


リストA リスト1
双眼鏡 望遠鏡
まち針 縫い針
反復的概念 既視感
ゴム製のアヒル 木製のアヒル
50歳以上の男性 50歳以下の女性
麻ひもの長さ ロープの長さ
ピアノの鍵 コンピュータの鍵
既視感 反復的概念
数字の4 言葉の"四"
不安感 戸惑い
人間の門歯 人間の臼歯
SCP-⌘ サイト-⌘

四重の破壊者は、SCP-⌘の中央チャンバーに収容し続けなければなりません。サイト-⌘の壁は恒久的に立ち続けます。モリソンサイト管理官は毎朝彼のオフィスにコーヒーを届けます。2 吼えている月は昇り続けなければなりません。3

    • _

      • _

        • _

          • _

          Looped%20Square%20Full.png

          サイト-⌘ (俯瞰図)

          説明: SCP-⌘は集合的無意識の左側、戦慄の王国の真下、「looped square」シンボル(⌘)のいかなる場合の内側に位置している超形而上学的空間です。現在、理解可能な現実には収容できない異常の収容サイトとして利用されています。

          SCP-⌘は収容されています。SCP-⌘は収容違反しました。SCP-⌘は超現実部門によって未知の手段で作成されました。4 SCP-⌘は世界を貪り尽くしました。

          サイト-⌘はカゲロウの現実、現実の内外で点滅しているカメラのシャッター。サイト-⌘ は叫び。あるいは囁き。サイト-⌘は、放浪者の図書館の最初で唯一の本から破かれたページ。 サイト-⌘は戦慄の王国を戴冠した。サイト-⌘は最後の青いアゲハチョウ。

          最後の数段落を暗記し、次に進んでください; この文書の最後に、筆記試験があります。

          SCP-⌘は、純粋に不合理な状態で存在しているため、認知処理剤を使わずには知覚することができません。SCP-⌘に入るにはSCP-⌘への入り口となる、例えば扉/創傷/煙突は制約された考えを持つ人々によって見つけられることができないので、同様に認知処理剤を必要とします。

          認知処理剤の処方量を摂取する前に以下に続く補遺を読まないでください。もし、極端な副作用を1つ以上経験したのならば、それはそれが作用していることを意味します。

          補遺 ⌘-1: モリソンサイト管理官のサイト-⌘に入るための4ステップガイド

          1. Rocking trickles amputation ministry. Pawns slip double.
          2. Mice cogs leak averages. Spine! Spond! Shiver!
          3. Teeth egress. House egress. Obligation egress. Consider mumbler chemistry slant.
          4. Shark the soundtrack, please. Hours spindle north doors. Fie. Fever. Froth. Four.

          補遺 ⌘-2: レイ・トイバー補助用務員の個人日記からの抜粋

          ある月明かりのある晩、私は夢を見た。

          Well, that's not entirely true. The moon was inside-out and a false night was reflected in the pool of its smile and it was more the idea of a dream— but for the sake of a coherent narrative, I will say that there was a moon, it was night, and I was dreaming.
          まあ、それはまったく真実じゃない。月は裏返って

          In my dream, I was in the central chamber of Site-⌘, standing before the Fourfold Destroyer. He gave me his crown and I was demolished by the weight of it; I was made asunder. The chasm of me went on forever. For an eternity, I held tight to the battered cliff face of my splintered consciousness. I shook, naked and alone, against the icy gale, my eyes squeezed shut. Kilometers beneath my tangling feet, an ocean of frothing stomach acid churned with vacant hunger.

          When I opened my eyes, I realized that I had never left the containment chamber. There was no cliff face, no starveling sea, no glacial winds. The walls of the cell had been made translucent— or rather, there had never been any walls from the very beginning.

          I opened my eyes and saw the world as it wasn't. The crown burned bright and cold against my brow. I fell from a cliff face that didn't exist and opened myself to the Shivering Kingdom.

          I might vacation there, someday.

          補遺 ⌘-3: 補遺 ⌘-4

          1960/01/31現在、四重の破壊者はサイト-⌘の管理官に昇格しています。収容プロトコルに変更はありません。


フラグメント



ページ情報

執筆者: 08sr_
文字数: 7283
リビジョン数: 71
批評コメント: 0

最終更新: 04 Jun 2022 05:03
最終コメント: 批評コメントはありません

ERROR

The 08sr_'s portal does not exist.


エラー: 08sr_のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6943710 ( 18 Dec 2020 16:27 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License