老翁再起

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。

背骨の歪んだ翁が一人。里山の畦道を急いでいる。

水路には小魚の群れが泳ぐ。真夏の太陽は彼だけを照らす。
蝉の声。清い水面の流れ。揺れる若稲。襤褸案山子。
今は無き日本の原風景そのものであった。
翁の足は止まらぬ。
汗が全身を濡らし、地面へと垂れていた。
ほんの少し前、古家を出た彼だ。
彼の目的はただ一つ。
それは勿論畑作業だとか家畜の世話ではない。
村の集まりでもなければ誰かに呼ばれたわけでもない。
鉄だ。彼だけが知る良質な鉄の堀場へと向かっていた。
彼は代々の鍛冶の仕事を継いでいた。
彼の父親も、その父親も、その祖父も、その曾祖父も。
皆例外無く野鍛冶であった。
流れは美濃の一派らしいが、それは疾うの昔に失伝していた。

以下老人が命をかけて生涯一本目の刀を打ち上げる。
その刀をさも名刀のように精密に描写する。
その際切れ味だけには明確に触れないようにする。
頑丈さについてはむしろ積極的に描写する。
最後は博物館に飾られてるオチ。
その最後のリンクはアノマラスの切れない刀に繋ぐ。

ERROR

The Ishioka's portal does not exist.


エラー: Ishiokaのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6925720 ( 15 Oct 2020 11:39 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License