"博士"の「楽しくない」1日

「暑っつ…ふざけんなよ…ばーーーか」
夏の終わりを感じる10月、"博士"は久々に自室から出て呟いた。
白衣を着替え、大きくのびをしてから階段を降りる。
だがその顔は言葉とは裏腹に緩み始め、階段を降り切ったと同時に愚痴は唐突に笑い声に変わる。驚いた猫がバケツを倒し大きな音が鳴るが、今の彼にとっては些細なことらしい。
それも仕方のないことだろう。彼の「愉快な発明品」がとうとう完成したのだ。
美味そうな焼き目のついたトースト、味噌汁、もやしの炒めもの。彼のお気に入りの朝食だ。
申し分のない朝だ。
申し分のない朝のはずだった。
警報装置がけたたましい音を立てて唸るまでは。
またいつものEVE検出装置の誤作動だろうと少し顔をしかめた"博士"は視線を落とし、目を剥いた。
その時警告を発していたのはアキヴァ放射線の検出装置だったのだ。それも明らかに異常な値を示している。

彼は急いで外に飛び出した。
快晴だ。異常は見当たらない。
宙に浮かぶ小型神格らしき像を除いては。

いかに小さくとも神格は神格だ。
彼は今持っている「愉快な発明品」を総動員して対処にあたるが、奇跡論パルスとともに像が殆どの力を失い地に伏した時には既に昼を回っていた。

「バーカ!アホ!マヌケ!ふざけんな!神様?知らん死ね!」
壊れた「発明品」の欠片が散乱する中、息を切らしつつ"博士"は像に暴言を吐き散らかしていた。
だが、そのとめどない暴言も像の一言の呟きで終わりを告げた。

ERROR

The D-Konbu's portal does not exist.


エラー: D-Konbuのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6921907 ( 19 Oct 2020 00:09 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License