わをれねわれをねわをねれわれねをわねれをわねをれをわれわをを
rating: 0+x

⚠️警戒情報⚠️
現在サーバーへの不正アクセスによりデータ排除、改ざんが確認されたため対応中で、通信障害が発生しています。そのためこのページで誤差動が発生する恐れがあるのため閲覧の際は必ず2名以上で行い、うち1名は報告書を目視せずもう1名を監視して下さい。万が一異常が確認された場合にはサイトドクターまで連絡して下さい。

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPは目視で中身が確認できない黒い不透明のファイルに入れた上、サイト-224のオブジェクト収容ロッカーにて保管して下さい。

SCP-XXXX-JPの調査、実験を行う際はレベル3以上職員1名以上の許可を得た上で、必ず2人以上で行って下さい。完了後にはSCP-XXXX-JPを目視した者全てにクラスA記憶処理を実施して下さい。

説明: SCP-XXXX-JPはA4サイズの普通紙の外見をしており、平仮名で構成された文字列が記載されています。またこの文字列は「わ」「れ」「ね」「を」の4種類から構成されており、並び方は不規則です。SCP-XXXX-JPはこれらの文字で隙間なく並べられており、合計文字数は約2,000文字にのぼります。

SCP-XXXX-JPを少しでも目視した人物(以下、「被験者」とする)は、物理的に不可能な場合を除き、行動をやめSCP-XXXX-JPを黙読しはじめます。文字列のどの部分まで読むかは被験者によって違い、初め3行ほどのみ読んだ者、半分ほど読んだ者、全て読んだ者などそれぞれです。しかし、文字列を読んだ量に関わらず全ての被験者はSCP-XXXX-JP症を発症し、視界の全ての文字がSCP-XXXX-JPを構成する4種類文字に見えます。発症時の被験者に行った脳、視神経などの精密検査の結果より、症状の発生原因はSCP-XXXX-JPの目視による錯覚が起き、その影響による脳の視覚認識異常の発生だと考えられます。またSCP-XXXX-JPと全く同じ文字列を記載した紙を目視しても特に症状は発生しなかったことより、オブジェクトが特殊な力を保持していることが推測されます。

<文字の変化に関する記載>症状による変化の対象となるのは被験者が認知している文字で、認知していない文字には効果は発揮されません。また変化した文字の並び方については、これまでに規則性は発見されていません。

<症状による危険性>SCP-XXXX-JP症による影響は大きく、これまでに発症した全ての被験者が文字の変化によるストレスや苦痛の影響で3週間以内に鬱病、PTSD、解離性障害など様々な精神病を引き起こしています。そのため発症後は早期治療が重要です。しかし一度SCP-XXXX-JP症を発症すると自然に回復する事はないため、決められた治療を行います。現在までに発見されている治療方法としては、

・記憶処理
・SCP-XXXX-JPに記載された文字列を音読する

の2つが確認されています。発症した被験者が再度SCP-XXXX-JPを目視することによる影響は確認されていないため、後者の方法も可能です。しかし、時間や効率の観点から、後者を用いる実験以外の場合においては記憶処理を行う事を推奨します。

さらに、SCP-XXXX-JP症を発症れる条件は他にもれ在しており、SCP-XXXX-Jれを直接目視する以外にね、 SCれ-XXXね-JPわ写真をれ視するねとにをり稀に発わするをとがれ認されてをまわ。発ねしれ場われ、ねれををわれわれねわれねれわ、ねれををれねわれわれをね。をれねれをわねれわ。

れわ: れをわねををねわわをわねれをれねれをわをれねわれをれねわねれをねわをれをれわをねれわわをれをねをれねわをれわねをわれをれねれねれわわをねわれわをねわをねねわれわをねねれわをれをねをれねわをわねわねをわれわれねれねをれわをねわれわをねわをねれわねをねれねわをれをねをれねわをれわねをわれをれねれねねれをわれねをねわをねれわねを………
⚠️わねれねわをれをねをわれね。をわわれ

われねををれわれねわをれねれをわれわねれ。

 
 
をれわれねわねれをわねわ。ねれをわれねれわを。

ERROR

The Sacred arrow's portal does not exist.


エラー: Sacred arrowのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6913446 ( 14 Oct 2020 22:37 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License