冗談だって冗談w
評価: 0+x
blank.png

小学校の頃だったか。
俺には弟がいた。
3歳下の弟だ。
兄弟がいると親からの愛情が片方によって、貰えなかった方はグレるとかよく聞く話だけど、
そんなことは無かったと思うし、ここまで育ててくれた両親に感謝している。
話を戻すと、小学生の頃。
遊んでいる途中に弟を突き飛ばした。
尻もちを着いた程度だと思うが、弟はすごく泣き出した。
その声を聞いて母がやってきて、
*こら!人のこと突き飛ばしたりしちゃだめでしょ!*
みたいな事を言われてきた気がする。
もちろん悪気はなかったが、反省しないといけないと思い、ちゃんと謝った。
泣きながらだが、
「いいよ。冗談だったんでしょ?許すよ。」
と、言ってくれた。
そんなこと言われるとは思わなくて、驚いていた。
でもそれ以上に許されたことに安心した気持ちの方が大きかった。


次は高校の頃の話。
50000位だったかな。
その時急に金が必要になって、母から20000 父から20000 弟から10000ずつ盗んだ。
そう。いじめられていた。
でもそんなに重要な話じゃないからいじめのことは話さない
普通そんな量金が急に無くなれば誰でも気づくよな?
もちろんバレた。
その時もめちゃめちゃ怒られた。
まあその時にいじめのことも話せたから転校もさせて貰えたんだけど。
でも俺がみんなに返したお金は合計金額40000だった。
弟だけは
「冗談だったんだろ?そんぐらいいいよ。」
そう言ってくれた。
今思えば何言ってるか分からなかった。
何が冗談なのか分からなかった。
でもその時の俺は許して貰えたって思ったんだ。
小学生の頃みたいに。
その後も何回か10000を返そうとしたけど、
「いいって。冗談だったんだから。」
これしか言わず、受け取ることを拒否していた。
一応言うと、こっそり返しておいた。
バイトで稼いだ金だから少し遅めになったが、財布に10000こっそり入れておいた。
気づいてくれてるかは知らない。


これが最後な。
これは知ってる話だと思うけど、一応。
前までいた会社がすごいブラックだったんだ。
新人の時はこれが普通だと思ってたから、洗脳っていうのか?そんな感じだったんだ。
途中からだんだんおかしいと思い始めて、色々な人に相談したんだ。
そう。その中に弟もいたよ。
まあ相談の内容は上司がひどい・仕事環境が悪い・やめたいとか、こんな話をしたかな。
まあ、ただの愚痴だな。
その時の弟、大学の2年だったかな。
結構遊んでたみたいで、あんまり社会への認識がなかったというか。
ちょっとどういう言い方すればいいか分からないけど。
「そういう冗談やめろってw」
って言われちゃったんだよ。
そんとき本当にストレス溜まってて、
つい怒鳴っちまったんだよ。
冗談なわけないだろ!って。
弟がすごい驚いた顔して、おれもはってなったんだ。
すぐに謝ったけど、そのときだけ「冗談だろ?」みたいなことは言ってこなかったんだ。
これはもう許してもらえないと思って、しばらく距離を置いてたんだ。


数か月くらいたってからかな。
お前らの言ってるその事件だよ。
それが始まったんだ。
上司がみんな死んだよ。
交通事故とか、酔っぱらって川に落ちたとか。
そういうのが異常に多くなった。
そんぐらいならよかったんだ。
いや、良くはないかもしれないけど俺にとっては正直スカッとしたよ。
不謹慎かもしれないけどな。
まあそんなに死にまくったらおかしいと思うよな?
それでお前ら警察から連絡がきたんだよ。
すげえ疑われたな。
まあ、当たり前だな。
俺はあいつらを殺してスカッとしてるし、まあ損もしてるが。
んで、お前ら警察が頑張って捜査した結果、指名手配されちまったんだよな。
弟が。
ずっと連絡も取ってなかったし、あいつがどういう状況かなんて知らなかった。
テレビで指名手配されてること知ってすぐに連絡したよ。
お前俺の上司殺したのか?って。
そしたらすぐに連絡帰ってきたよ。
「そうだよ。まあ冗談だから大丈夫。」ってな。


ああ、捕まったのかあいつ。
"はい。いま事情聴取中だと思います。"
そうか。よかったよかった。
"よかった、とは?"
ん?いや、弟とはいえ殺人鬼が捕まったんだ。いいことだろう。
"そうですか。ところであなたと弟さん。背丈が結構似てますよね。"
まあ。似てるとは思うが。
"顔も似ていますよね。ぱっと見見間違うくらいには。"
まあ、そうかもしれないが。それがなんだ?
"川に落ちたあなたの上司の件ですが、犯行の時間、弟さんが別の場所で二人見られているんですよ。"
はあ。偶然というか、他人の空似ってやつじゃないのか?
"まあそうかもしれませんが、弟さん。川の件は知らないって言ったみたいなんですよ。"
そうなのか、じゃあ別のやつが殺したんだな。ラッキーだよ。恨みかってそうなやつだったしな。
"まだ言い訳をするつもりですか?"
俺が殺したって言いたのかもしれないが、別の可能性もあるって言いたいだけなんだが?
"・・・そうですか。"
まだ何か言いたいのか?
"いえ。あ、すみません。少し電話を。"
ああ、かまわないよ。
"・・・大変です!弟さんが脱走しました!"
は?うそだろ?!
"くそっ!そうやって脱走したんだ!とりあえずあなたは警察で保護します!"
いや、まて、なんで俺が保護される必要があるんだ!
"弟さんはあなたのことを相当恨んでいると事情聴取担当のものから聞いています!今脱走したのならあなたに被害が及ぶ可能性があります!"
はあ?!あいつが俺のこと恨んでる?!そんなわけないだろ!今までだってそういう話してたじゃねえか!冗談に決まってる!











































「そうだよ。恨んでるわけないってw。冗談だって冗談w。」


Pear_QUPear_QU様の「梨雪」怪談文学賞、「泥梨」依談文学賞参加予定の作品です。よろしくお願いします。


ページコンソール

批評ステータス

カテゴリ

SCP-JP

本投稿の際にscpタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

GoIF-JP

本投稿の際にgoi-formatタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

Tale-JP

本投稿の際にtaleタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

翻訳

翻訳作品の下書きが該当します。

その他

他のカテゴリタグのいずれにも当て嵌まらない下書きが該当します。

コンテンツマーカー

ジョーク

本投稿の際にジョークタグを付与する下書きが該当します。

アダルト

本投稿の際にアダルトタグを付与する下書きが該当します。

既存記事改稿

本投稿済みの下書きが該当します。

イベント

イベント参加予定の下書きが該当します。

フィーチャー

短編

構文を除き数千字以下の短編・掌編の下書きが該当します。

中編

短編にも長編にも満たない中編の下書きが該当します。

長編

構文を除き数万字以上の長編の下書きが該当します。

事前知識不要

特定の事前知識を求めない下書きが該当します。

フォーマットスクリュー

SCPやGoIFなどのフォーマットが一定の記事種でフォーマットを崩している下書きが該当します。


シリーズ-JP所属

JPのカノンや連作に所属しているか、JPの特定記事の続編の下書きが該当します。

シリーズ-Other所属

JPではないカノンや連作に所属しているか、JPではない特定記事の続編の下書きが該当します。

世界観用語-JP登場

JPのGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

世界観用語-Other登場

JPではないGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

ジャンル

アクションSFオカルト/都市伝説感動系ギャグ/コミカルシリアスシュールダーク人間ドラマ/恋愛ホラー/サスペンスメタフィクション歴史

任意

任意A任意B任意C

ERROR

The SealBaby-V's portal does not exist.


エラー: SealBaby-Vのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6903570 (22 Mar 2022 01:30)
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License