夢の話です。

このページの批評は終了しました。

評価: 0+x
blank.png

注意

今から書くこの話は、SealBaby-Vの文章ではなく、友人の文章をリライトしたものとなっています。
なので下記の「私」というのは「SealBaby-Vの友人」ということを踏まえたうえで読んでいただけるとありがたいです。
誤字・脱字は直した状態で掲載しています。
よろしくお願いします。
以下は友人の文章です。最近。良い夢を見ることがなくなりました。




初めに

夢の中の話を、実話と言ってもいいのか。
こういうことをよく考えてしまいます。
「実際に体験したこと」でありながらも「現実で体験したこと」ではないのです。
これは本当に実話と言ってもいいのでしょうか。
さて、今回書かさせていただくのは私と、何人かの周りの人が見た夢についての話です。
夢の中の話なので、記憶が曖昧ですが、よろしくお願いします。


私の夢

私は今ゾンビの世界にいます。
バイオハザードやったことありますかね?
そんな感じのイメージを持っていただければわかりやすいかと思います。
今全力で逃げているところで、今は建物の屋上まで逃げています。
ふと後ろを振り向くと、ゾンビは追ってきておらず、一安心。
休憩していると、子供が泣きながらこちらに向かってきました。
顔は黒色で、目の部分はキラキラしていて、涙は細長い真珠のようなものでした。
犬の歯形の真珠でしたっけ?そんなかんじのやつです。
少しここは説明が難しいのですが、夢の中の話なので許してください。
ここで場面は変わり、海になります。
ありますよね、急に場面が変わるやつ。
そこの周りには誰もいなく、一人で海に居ました。
その時はお昼だったはずのですが、海の地平線から、太陽が昇ってきたのを覚えています。
なんとなく、汚いなという印象を受けて目を覚ましました。

ここで話は終わりです。
短い話だとは思いますけど、これだけなんです。
次の人のお話に行きます。
今回は録音したものを聞きながら文章におさめたので、判別不能な部分等は改変しています。


Aの夢

A 最近見た夢なあ…あんま最近夢なんか見いひんからなあ。

夢見ない人ってストレスめっちゃ溜まってる人らしいで。

A まじか。あー。そういえば見てたわ。昨日。

ほんま?おしえてや。

A そんな大したもんちゃうけどな。なんか狭い部屋でみんなと遊んでんのよ。キューブって映画この前見たやろ?そんぐらいのちっちゃい部屋。家具みたいなんはちょこちょこおいてたかな。んでみんなってのは俺の小学校とか中学の頃の友達のことな。なんかばらばらやってんけど。ひとりだけめっちゃこっち見てくる人おったんよ。誰や思ったら元カノやってん。

気まずそう。

A いや現実やったらまじで気まずかったと思う。でもやっぱそこは夢の中よ。全然気にしてなかってん。めっちゃ見られてる感覚はあったけど、それよりも遊びたいって気持ちがでかくてな。ずっと鬼ごっことか、かくれんぼとか、小学生の頃ようやってた遊びばっかしてたわ。狭い部屋やからすぐ見つかるし、すぐつかまんねんけどな。

へー。そんでどうなったん?その元カノは?

A いやここで終わり。

いや終わりかい。まじで大したもんちゃうかったやん。

A 初めに言うたやろ?大した話しちゃうって。ほんまはこれ以上思い出せへんだけやねんけどな。

思い出せへんだけかい。

この後、思い出して教えてくれたのですが、「自分が悪いってわかった?」と誰かに言われ、「うん。ごめん。」と答えるというものだったらしいです。
どういう意味でしょうかね。そもそも夢に意味を求めること自体おかしいかもしれませんね。


Bの夢

ほとんど一方的に話されたので、先ほどのような会話の形にはしていません。何とか途中からは録音はできました。初めの方は私の記憶で書いています。

そういやさー。あ、夢の話やで?
今日の朝変な夢見たんよ。
図書館で本読んでてん。ちょっと歩いたとこにあるさ、あそこ。
あそこで本読んでてんけどな、
いきなり「ピロピロピロピロ」って何かが鳴り始めてん。
小学生の防犯ブザーみたいなやつ。
なんや思ったら、でっかい熊!それが図書館入ってきてんの。
やばいなー思ってたら、用務員みたいな人が出てきてな。
熊のこと叩くねん。
叩いて叩いて叩きまくってて、怖かったわ。
そんなけ。

書いててよくわからなくなる内容でした。
多分Bも何言ってるか自分でもわかってなかったんじゃないですかね。
さて、次が最後の一人ですね。


Cの夢

録音していませんでした。私の記憶で書いてます。

夢ねぇ。
もう全くといっていいほど見てないなぁ。
あー。そういえば。
2年くらい前かな、それが最後の夢やったかな確か。
家、ここやな。
こんなふうに椅子に座っててな。
周り見渡しても誰もおらんねん。
んで飯食っててんけどな。
急に玄関の扉開くねん。
普通やったらなんや思うやろ?
そんときなんも思わんかってん。
当たり前みたいに。
まあ夢ん中やからそういうこともあると思うけど。
そんで洗いもんしてたら階段がドスドスいうんよ。
誰か登ってる感じの音。
それも気にせぇへんねんけど。
んで次最後な?
リビングでテレビ見ててん。
そしたら上の階からドン!って。
でかい音。
なんか倒れてきた感じの落としてん。
まあそれも気にせずにそんままテレビ見ててんけどな。
そんで終わり。

これで最後の人の夢は終わりです。
どうでしたでしょうか。
少しでも楽しんでいただけたなら幸いです。




SealBaby-Vより

友人の文章はどうでしたでしょうか?
大半の人は意味がわからないとか、時間の無駄だったとか言うかもしれません。
もし私もこの文章を小説投稿サイトとか、その類のもので見ていたら同じようなことを思ったのでしょう。
というのも、これは友人から封筒で送られたものだったのです。
ポストからこの封筒を取った時は驚きました。
何年も連絡を取っていなかった友人から急に封筒が送られてきたのです。
中を見てみるとその中にもまた封筒が入っていました。
中の封筒は紙で作った手作りの封筒といったもので、そこには「遺書」と書かれていました。
遺書の中身が、先ほどの文章です。
意味が分からないんです。
なぜ私にこんな文章を送ってきたのか、なぜ遺書を送ってきたのか、なぜ遺書の中身が夢の話なのか。
何もわからないんです。
念のため言っておきますと、この文章には呪いとか、そういった類のものはないと思います。
この文章を自分以外の知り合いにも見せたことがありますが、誰にも悪いことは起こっていないので安心してください。
実は、別の友人にこの文章を見せた時に、いくつか気になる部分があるといわれたのと、私にもいろいろと違和感のある個所があるので、まとめておきます。


この文章に対する不可解な点

それではいくつか挙げていきます。
これにはこの文章を書いた友人の書き方が悪かったり、私の無理やりな解釈が含まれている可能性があります。


「何人かの周りの人が見た夢についての話です。夢の中の話なので、記憶が曖昧ですが、よろしくお願いします。」
ここなんですが、若干矛盾しているんです。
「夢についての話」のはずなのに「夢の中の話」に置き換わっているのです。
この文章だと、「夢の中で夢の話を聞いた」ようにとらえることができます。
こじつけが過ぎるかもしれませんが。
少しおかしいとは思います。


この手紙が届いてから何日かした後、封筒に書いてあった住所に行ってみたんです。
出発前に調べてみると、小学生のころ時々遊びに行った彼の実家でした。
実際にそこについても、やはりこどもの頃のままの家で、特に変わった様子もありませんでした。
インターホンを鳴らしてみると、一人の男性が出てきました。
事情を話して、いろいろと教えてもらえることができました。
要点だけをまとめます。

・男性は、友人の父親だった。
・友人はすでに自殺している。
・その封筒はおそらく自殺する前に投函されたものだ。
・友人は中学から引きこもりをしていて、知り合いといえるような人はいなかったと思う。
・Cというのはおそらく父親のことだと思っている。
・Aはおそらく兄。Bはおそらく母。
・しかし兄は友人が生まれる前に事故で亡くなっていて、母は友人が生まれた時に亡くなっている。
・ABの正体がわかったのは、夢の内容を父親が一度聞いたことがあるから。

と、このようなことが分かりました。
おそらくABCは自分の身内のことを指していますが、兄と母はすでに亡くなっていて、友人とは話せるような状況は存在しないはずなんです。
どうやってこのような会話をしたのでしょうか?


Cの夢についてですが、ここの部分だけほかの人と比べて少し雑に感じませんか?
少しこの人だけ適当に扱っているというか、そういう雰囲気が出ているように思います。
また、この夢少しおかしいですよね。
ほかの人の夢と違って、リアルなんです。
ほかの三人は意味の分からない状況になっていると思います。
正確に言えば、現実では起こりえないような状況です。
しかしCの夢は「家の中」「生活音」などといった実際に起きていてもおかしくないような夢なんです。
確かにこういう夢もあるとは思います。
しかし、「夢」という話の中でこんなリアルなもの出しますかね?


最後に

ここまで読んでいただきましたが、結局最後まで彼が何を伝えたかったか、何がしたかったのかは何もわかりませんでした。
今回の話は夢に関するものだったので、最後に私も夢を語って閉めようかと思います。



付与予定タグ: jp tale


ページコンソール

批評ステータス

カテゴリ

SCP-JP

本投稿の際にscpタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

GoIF-JP

本投稿の際にgoi-formatタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

Tale-JP

本投稿の際にtaleタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

翻訳

翻訳作品の下書きが該当します。

その他

他のカテゴリタグのいずれにも当て嵌まらない下書きが該当します。

コンテンツマーカー

ジョーク

本投稿の際にジョークタグを付与する下書きが該当します。

アダルト

本投稿の際にアダルトタグを付与する下書きが該当します。

既存記事改稿

本投稿済みの下書きが該当します。

イベント

イベント参加予定の下書きが該当します。

フィーチャー

短編

構文を除き数千字以下の短編・掌編の下書きが該当します。

中編

短編にも長編にも満たない中編の下書きが該当します。

長編

構文を除き数万字以上の長編の下書きが該当します。

事前知識不要

特定の事前知識を求めない下書きが該当します。

フォーマットスクリュー

SCPやGoIFなどのフォーマットが一定の記事種でフォーマットを崩している下書きが該当します。


シリーズ-JP所属

JPのカノンや連作に所属しているか、JPの特定記事の続編の下書きが該当します。

シリーズ-Other所属

JPではないカノンや連作に所属しているか、JPではない特定記事の続編の下書きが該当します。

世界観用語-JP登場

JPのGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

世界観用語-Other登場

JPではないGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

ジャンル

アクションSFオカルト/都市伝説感動系ギャグ/コミカルシリアスシュールダーク人間ドラマ/恋愛ホラー/サスペンスメタフィクション歴史

任意

任意A任意B任意C
    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The SealBaby-V's portal does not exist.


エラー: SealBaby-Vのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6903570 (22 Mar 2022 01:30)
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License