SCP-2136-JP 埋め尽くし寸前の雪

現在このページの批評は中断しています。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-2136-JP

オブジェクトクラス: Euclid Keter Euclid

特別収容プロトコル(2017/10/17 7:32更新): SCP-2136-JPは、4m×4m×4mの鉄で出来た密室に回収されています。現時点では、SCP-2136-JPの体積はまだ1㎥です。

特別収容プロトコル(2017/10/18 4:55更新): SCP-2136-JPは現在、4m×4m×4mの鉄で出来た密室を圧力で抜け出して広がっているため、収容が出来ないです。

特別収容プロトコル(2017/10/18 5:13更新): SCP-2136-JPは現在、財団が施設内の温度を35℃にして、SCP-2136-JPは溶けて収容出来るサイズまでに小さくなりました。もし、SCP-2136-JPがまた出現してしまった場合は、現在SCP-2136-JPが収容されている密室に収容されます。

説明: SCP-2136-JPは、沖縄県██市から出現した、意思を持ち、水を取り込んで成長する雪の塊の様な生命体です。その性質故に水場を求めて動きます。今のところ、SCP-2136-JPの収容違反は確認されていません。(2020/10/17 7:32更新) SCP-2136-JPは、沖縄県██市から出現した、意思を持ち、水を取り込んで成長する雪の塊の様な生命体です。その性質故に水場を求めて動きます。SCP-2136-JPは現在、4m×4m×4mの鉄で出来た密室を、圧力で抜け出し、3200㎥まで広がっています。(2020/10/18 4:55更新) SCP-2136-JPは、沖縄県██市から出現した、意思を持ち、水を取り込んで成長する雪の塊の様な生命体です。その性質故に水場を求めて動きます。さらに、SCP-2136-JPは、邪魔になる周囲の生物を襲うことが出来ます。SCP-2136-JPは、密閉された場所にいる際に、毎分1000〜10000㎥増え、水のある所に行こうとします。SCP-2136-JPは、突如町に現れたことで発見されました。当時、SCP-2136-JPの体積は小さかったです。体積がどんどん増えて地球が雪に埋もれてしまう事を予測して財団は、この物体をSCPオブジェクトに認定し、収容して今に至っています。(2020/10/18 5:13更新)

補遺2136-JP.1: 機動部隊とSCP-2136-JPの戦い

補遺2136-JP.2: SCP-2136-JPの収容

発見時のレポート

発見場所近くから発見された日本生類創研の施設から見つかった文書によって、日本生類創研が作ったという事と、スキー場などの人工雪代わりとして作られたことが判明しました。

日本生類創研の施設から見つかった文書

日本生類創研 開発資料 17号

プロジェクトナンバー: Y-36-KI-3
開発要件: スキー場等の人工雪代わりとして作りました。
開発結果: 生きている雪の塊の様な物に仕上がった。
追記: その後、日本生類総研の施設を、雪の塊の様な物が巨大化して脱出した。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The Kusotokage's portal does not exist.


エラー: Kusotokageのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6866670 ( 23 Sep 2020 05:39 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License