挙を打てる三人の舞妓

現在このページは批評中です。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP
 
オブジェクトクラス: Safe
 
特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPの直接肉眼での視認を避け、サイト81一般低脅威度物品ロッカー内部に、アルミ合金のフレームで二重に保護され収容されます。カバーストーリー「重要文化財の保護」のもと、財団から派遣された警備小隊による護衛および高強度強化ガラスフレーム内に収めた状態で展示されます。管理手順として三年に一度、絵画保存のためドライクリーニングを行い、日本美術としての価値を保つことが協力団体より要求されています。これは財団職員のみでなく外部の美術品修復技能を有する団体に協力を依頼することを含みます。インシデント01時に言及された「裁断された紙片」はいまだ収容状態にないため、捜査が進められています。
 
説明:

Okamoto_Shins%C5%8D_-_Studie_dreier_Maiko%2C_die_Ken_spielen.jpg

当物品は当物品は1920年に岡本神草1が制作した「拳を打てる舞妓」を改変したレプリカです。裁断された部分を除き1mx1mと原画のサイズに対し著しい拡大がなされていますが、未知の技術によって補完が行われていることは特筆するべき点です。異常性の暴露は直視での暴露のみ確認されました。これを対処するためにはどのような物であれ全体の100%を遮蔽物または透過物で遮ることが必要であり、極端な例としてコンタクトレンズやガラス、時に高濃度の有色な気体での遮蔽も有効であると確認されています。19██年の発見以前に財団関係企業の日本画修繕依頼品として持ち込まれた記録があります。当物品が2年3か月の修復期間を経て大学保管庫内に返却された記録が財団側企業と保管目録に記されています。
当初異常性は存在しないものと記録されており、大学構内での一般公開が始まった時期と同キャンパス内で自傷行為や講義中の学生が救急搬送される事件などが同時期であることから、財団から搬入を受けたのちに異常性が発現したと考えられています。
暴露時の異常性は実験ログを参照してください。
 

インシデントレポートXXX-JP-01 - 日付 19██/██/██
SCP-XXX-JPの発見時に付近で回収された文章について
発見者:███(同大学関係者)
保管所:一般物品ロッカーにファイリングされて保存
管理責任者:エージェント堤
同大学内で数人の死傷者が発生。当時の状況や証言から異常な物品が存在することが判明し、確保、収容となった。確保当時性質が判明しておらず、また肉眼での暴露で明らかな影響を受ける条件が発見されていなかったため財団関係者の暴露が3件発生した。


19██年 █月█日
ここに記(旧字体)す。
彼の意見で裁断した。完成した。美はそこにさえ存在する
同時に彼は私を裏切っていたと知った。彼も死んだ。私ももうじき死のうと思う。██(人名)


記録終了

 
以下はDクラス職員を用いた暴露時に発生する事象の実験です。

実験記録XXX - 日付20██/██/█
対象: SCP-XXX-JP

実施方法:
人種、性別、年齢などに共通点のないDクラス職員をSCP-XXX-JPに暴露し経過を観察する。
結果:
D-11XXX1,男性,31歳,アジア系,即座に手首に未知の腫瘍が発生、手首が約10度程度逆方向に曲がる。いかなる手段においても回復はできなかった。
D-11XXX2,男性,45歳,メスチーソ系,上記と同じく手首に未知の腫瘍が発生、手首が約███度逆方向に曲がる。苦痛に叫ぶ様子が確認されるが出血、外傷は認められず、骨折はなかった。また、いかなる手段においても回復は不可能だった。
D-11XXX3,女性,38歳,スラヴ系,脳下垂体以降のすべての感覚、運動神経が欠損。その後の解剖検査にて脊髄管細胞が不自然に一部炭化しているのが発見された。
D-11XXX4,女性,67歳,ラテン系,D-11XXX1と同様に即座に手首に未知の腫瘍が発生、手首が約40度程度逆方向に曲がる。いかなる手段においても回復はできなかった。苦痛はない。
D-11XXX5,女性,28歳,アフリカ系,何も発生しなかった。
D-11XXX6,男性,25歳,白人系,何も発生しなかった。
D-11XXX7,男性,33歳,系統不明,即座に手首に未知の腫瘍が発生、手首が約32度程度逆方向に曲がる。いかなる手段においても回復はできなかった。
D-11XXX8,女性,31歳,インド系,何も発生しなかった。
分析:
今回、人種、年齢、性別には具体的な関連は認められなかった。社会的な自立、外交的または内向的といった性格や経歴での分別に可能性を感じた。D-11XXX3に発生した事例をさらに検査する必要がある。
結論
当該物品の暴露条件は肉眼による直視であり、
1.人種および性別、年齢または門地による隔壁なく異常性が発生するが効果に規則性があるかは不明
2.軽度の外傷や物理的損傷のみ確認されている。関節にのみ被害が集中している。
3.異常性発現による外傷からは回復不能であった
Dクラス職員のさらなる実験の用途で志願したい。
-研究員 林

 
補遺:
現在も実験は続行中です。不定期に行われているため、追記が必要です。
SCP-XXX-JPの製作者は失踪しています。京都府内██大学別館内美術品保管倉庫内部で回収された走り書きに物品の性質を示唆する内容が示されており、裁断された紙片にも何らかの異常性があることをほのめかしています。
以下はD-11XXX3の暴露後のバイタルデータです。
Appearance Pulse Grimace Activity Respiration total
体表色 脈拍 刺激への反応 神経伝達 筋肉の動作 判定
青紫 0.5/min 反応なし ほぼなし、口が空いている 弛緩しているか、全くなし 死亡もしくは第二重度仮死

    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The Morishous's portal does not exist.


エラー: Morishousのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6861450 ( 10 Sep 2021 10:57 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License