禁断の論争

現在このページの批評は中断しています。


アイテム番号: SCP‐310-JP‐J

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP‐310-JP‐Jは低危険度物品収容ロッカーに収容してください。SCP‐310-JP‐Jの移動等を行う際は必ず一人の職員が行ってください。

説明: SCP‐310-JP‐Jは未知の物質で構成されたパッケージを模した物体です。SCP‐310-JP‐Jの内部には銀色の袋が2つ入っています。これをそれぞれSCP‐310-JP‐J-1、SCP‐310-JP‐J-2と呼称します。SCP‐310-JP‐J-1、2内部にはそれぞれ異なる摂食可能な物体が入っていますが、具体的な物品の特定には至っていません。これにはSCP‐310-JP‐J-1、2が何らかの反ミーム性を有していることが関係していると考えられています。

SCP‐310-JP‐Jの半径2m以内に自律的に摂食行動を行える人間2人が存在する場合、SCP‐310-JP‐Jは活性化します。活性化した際SCP‐310-JP‐Jの影響を受けている人物をSCP‐310-JP‐J-A-1、2にそれぞれ一時的に指定します。

SCP‐310-JP‐J-A-1、2はそれぞれがSCP‐310-JP‐J-1、2を開封します1。この際、内部の物品に対して何らかの反応を示します。この反応は主に2パターンに分類できます。

パターン番号 内容
-1 A-1が-1の内部の物品に対し否定的な反応を示し、A-2を羨むような発言をします2。それに対しA-2は-2の内部の物品を分け与えます。
-2 A-1、2ともに自らの開封した-1、2に対し肯定的な反応を示し、その後A-1は-2に、A-2は-1に対し否定的な反応を示します。これはその場での口論を発生させ、暴力行為まで発展する例も確認されています。

補遺: 記憶補強剤を用いた実験を行った際、D-22550がSCP-310-JP-J-1、2内部物品の内容を一部記憶していました。この結果から、SCP-310-JP-Jの反ミーム性は記憶補強材により軽減できると考えられ、現在追加実験が計画されています。D-22850の報告によれば-1の内部の物品は「きのこ」3、-2内の物品は「たけのこ」4とそれぞれ呼称されているようです。


tag1 tag2 tag3 …..



ページ情報

執筆者: Dr_kuronecko
文字数: 1429
リビジョン数: 11
批評コメント: 2

最終更新: 27 Sep 2020 03:34
最終コメント: 27 Sep 2020 03:33 by Dr_kuronecko

ERROR

The Dr_kuronecko's portal does not exist.


エラー: Dr_kuroneckoのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6856613 ( 20 Sep 2020 02:05 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License