救済
評価: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-2204-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-2204-JPの位置する██ビルは財団のフロント企業が買収し、一般人の立ち入りを禁じます。排出イベントSCP-2204-JPは発生ごとに内容が記録され、その際発生した吐瀉物は通常の廃棄物と同様に焼却されます。

説明: SCP-2204-JPは██ビルに設置されている有馬 一郎氏の死体です。SCP-2204-JPの肛門と口からはSCP-2204-JP-Aに指定される水道管が伸びています。肛門から伸びている側のSCP-2204-JP-Aは通常の経路で接続されていますが、口から伸びている側のSCP-2204-JP-Aは本来の設計であれば蛇口に接続されているものの途中で切断され断面がむき出しの状態になっています。SCP-2204-JP及びSCP-2204-JP-Aは移動や破壊が不可能であり、そのためどのようにしてSCP-2204-JP内を水道管が貫通しているのかは不明です。

SCP-2204-JPは不定期に排出イベント2204-JPとして指定されている事象を発生させます。SCP-2204-JPは排出イベント以外で行動を行いません。排出イベントの第一段階でSCP-2204-JPは嘔吐します。SCP-2204-JPがこれまでに嘔吐した量の合計は一般的な成人男性の胃の内容量を大幅に超過していますが、吐瀉物の原料がどこから補給されているかは不明です。第二段階でSCP-2204-JPは発声します。この際の発声内容は排出イベントごとに異なります。


scp jp 人間型



ページ情報

執筆者: Dr_kuronecko
文字数: 887
リビジョン数: 4
批評コメント: 0

最終更新: 01 Mar 2021 12:55
最終コメント: 批評コメントはありません

ERROR

The Dr_kuronecko's portal does not exist.


エラー: Dr_kuroneckoのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6856613 ( 20 Sep 2020 02:05 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License