転校生
評価: 0+x
blank.png

転校生が来る、という噂が何処からか流れ出たのは今朝の事だった。

小学生というのはそんな事で話が途切れなくなる生き物である。それが話題に飢えているからか、彼らにとってはそれが一大事であるのかどうかは定かではない。

ともかく、そのせいで教室は朝からざわめきと様々な感情が入り乱れる空間と化していたことに間違いはない。それは転校生にとって何一つ得は無いのだが、生徒たちの期待と不安は当人の気持ちを置き去りにして膨らんでいく。

まだ騒々しい教室にガラガラと扉の開く音が響く。教室に男の教師が入って来、生徒たちは席に戻り始める。

「はい、今日からクラスに新しい仲間が増えます。」

既に分かり切っていた言葉に生徒たちは沸き、緑色のドアが開くのを待ち望む。ガラガラとドアが開き、ランドセルを背負った


tale jp ''田中先生''



ページ情報

執筆者: Dr_kuronecko
文字数: 533
リビジョン数: 6
批評コメント: 0

最終更新: 03 Mar 2021 13:03
最終コメント: 批評コメントはありません

ERROR

The Dr_kuronecko's portal does not exist.


エラー: Dr_kuroneckoのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6856613 ( 20 Sep 2020 02:05 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License