取り外されたプラカード

現在このページの批評は中断しています。

評価: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは財団のフロント企業の所有地として扱われ、一般人の立ち入りが禁じられます。SCP-XXX-JP周辺には常時1名以上の警備員を配置し、立ち入ろうとした/立ち入った一般人を確保させてください。確保された人物には尋問が行われ、問題ないと判断された場合は記憶処理を施し解放します。

説明: SCP-XXX-JPは██県に存在する、かつてサイト-81TXとして利用されていた建造物です。SCP-XXX-JPの入り口には"SCP財団 怪奇部門"と記述されたプラカードが留められています1プラカードは取り外されました。SCP-XXX-JPの構造は一般的な財団のサイトと同様のものです。SCP-XXX-JP内部で異常性を有している空間は二階の一部屋のみで、当該空間はSCP-XXX-JP-1に指定されています。

SCP-XXX-JP-1内部には38体の腐敗が進んだ死体が存在しています。当該死体はエージェント・工藤とその親族のものであるとされています。後述の異常性により、現在までSCP-XXX-JP-1内部の調査は行えていません。

SCP-XXX-JP-1内部に人間(以下「対象」と呼称)が立ち入った場合、対象は幻覚・幻覚などの知覚障害を発症します。この際対象は幻覚・幻聴において対象の親族や友人が複数の要因により死亡する様子を知覚します。対象は以後SCP-XXX-JP-1への侵入を強く拒否するようになります。強制的に侵入を行わせた場合対象は侵入後9~12秒程度で失神します。精神安定剤、認知抵抗剤の効果はありません。以下は現在までに確認された死亡のパターンの抜粋です。完全なリストを閲覧したい場合は記録SCP-XXX-JPを参照してください。

・不明な薬剤を注射され死亡する。
・未知の装置により身体が押し潰され圧死する。
・銃弾を頭に受け死亡する。
・活性化したSCP-███-JP2に殺害される。

2012/██/██:追加資料の公開



scp jp 建造物 死体 人間型 財団製 わるいざいだん



ページ情報

執筆者: Dr_kuronecko
文字数: 2461
リビジョン数: 39
批評コメント: 3

最終更新: 24 Jan 2022 12:23
最終コメント: 10 Feb 2021 22:34 by Dr_kuronecko

    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The Dr_kuronecko's portal does not exist.


エラー: Dr_kuroneckoのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6856613 ( 20 Sep 2020 02:05 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License