それでも僕は許さない
評価: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-2476-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-2476-JPの完全な収容は不可能であるため、SCP-2476-JPの特別収容プロトコルは主にSCP-2476-JPの隠蔽に重点が置かれます。SCP-2476-JPの発生が確認された場合、SCP-2476-JP-Aの周辺人物には記憶処理を施しカバーストーリー「交通事故により重傷、現在入院中」を適用してください。SCP-2476-JP-Aは治療が終わり次第カバーストーリーに適合する虚偽記憶の植付を行い解放してください。SCP-2476-JPの異常性に関する詳細な調査は続行されます。

説明: SCP-2476-JPは日本国内で親交のある人物同士二人が一般的にハイタッチと呼称される行為を行った際に低確率で発生する現象です。SCP-2476-JPの対象者となるのはハイタッチを行う人物のうち一人であり、この際対象者となった人物をSCP-2476-JP-Aに指定します。

SCP-2476-JPは正確にはハイタッチが行われる約0.02秒前に発生します。SCP-2476-JPが発生した際、SCP-2476-JP-Aのハイタッチを行う側の掌の皮膚が全て消失します。この消失のプロセスは現在まで不明であり、何らかの形で現実改変が発生しているものと考えられていますがSCP-2476-JPの発生自体が非常に稀有なものであるため検証には至っていません。

SCP-2476-JPの発生を察知しハイタッチを中止することは通常であれば不可能であるため、SCP-2476-JP-Aはハイタッチを実行します。これによりSCP-2476-JP-Aは肉に直接強い衝撃を受け、強い痛みを感じます。

補遺: SCP-2476-JP-Aとハイタッチを行ったもう一名の人物の関係に一定の共通点が見出だされました。


scp jp keter



ページ情報

執筆者: Dr_kuronecko
文字数: 1021
リビジョン数: 1
批評コメント: 0

最終更新: 22 Jan 2021 13:31
最終コメント: 批評コメントはありません

ERROR

The Dr_kuronecko's portal does not exist.


エラー: Dr_kuroneckoのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6856613 ( 20 Sep 2020 02:05 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License