クソ野郎には比喩とかじゃないクソがお似合い

現在このページの批評は中断しています。

評価: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP‐XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP‐XXX-JPの周囲四方6mを囲うようにして収容ユニットを設置してください。収容ユニットの周辺には糞便愛好者ではない警備員二名以上を待機させ、収容ユニットへの侵入を試みる人物の侵入を防止してください。収容ユニットへの侵入は実験時を除き許可されません。

説明: SCP‐XXX-JPは不明な人物補遺1を参照してください。を象ったブロンズ像です。SCP‐XXX-JPを破壊する試みは成功していません。

SCP‐XXX-JPの付近6m以内に人間が接近した際、SCP-XXX-JPは活性化します。この際SCP‐XXX-JPに接近した人物を「曝露者」と呼称します。曝露者はSCP-XXX-JPの付近を「便所である」と認識します。この影響はSCP-XXX-JPの付近6m外に出ても継続されますが、記憶処理によって除去が可能です。この影響により曝露者はSCP-XXX-JP付近での排便行為を躊躇わなくなります。

SCP-XXX-JPは回収当時██公園に設置されていました。██公園内での公然わいせつ罪での検挙件数の多さ1が財団の目を引き、収容されました。

補遺1: SCP-XXX-JPのモデルとなった人物を捜索していた際、エージェント・板垣との相似が見られることが確認されました。外見上の一致は94%であり、ほぼエージェント・板垣をモデルに作成されたことは間違いないと考えられています。エージェント・板垣は主に要注意団体「Are We Cool Yet?」の調査を行っており、構成員を複数名確保していることから何らかの関係があると見られています。

補遺2: 調査の結果SCP-XXX-JPの製作者は「Are We Cool Yet?」構成員、長谷川亮太氏であると判明しました。SCP-XXX-JPはエージェント・板垣によって確保寸前状態になったことがあり、そのことがSCP-XXX-JPの作成動機であると長谷川氏の自宅のPCには記録されていました。

補遺3: 長谷川氏が死亡した状態で発見されました。長谷川氏の体表には何らかの刃物を用いたとみられる形跡で「You are really shit.」と記述されていました。


scp-jp safe 破壊不能 認識災害



ページ情報

執筆者: Dr_kuronecko
文字数: 1261
リビジョン数: 13
批評コメント: 2

最終更新: 17 Nov 2020 21:53
最終コメント: 16 Nov 2020 13:03 by Dr_kuronecko

ERROR

The Dr_kuronecko's portal does not exist.


エラー: Dr_kuroneckoのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6856613 ( 20 Sep 2020 02:05 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License