SCP下書き タイトル未定

現在このページの批評は中断しています。

評価: 0+x
blank.png
moeruyo.jpg

SCP-2092-JP

アイテム番号: SCP-2092-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-2092-JPの位置する公園には常時2名の警備員を待機させて下さい。SCP-2092-JPより排出された物品はSCP-2092-JP排出物品リストに追記され、実験を行う際を除き標準の廃棄物と同様に処理されます。現在PoI-2092-JPの捜索が行われています。

説明: SCP-2092-JPは山梨県██市に位置する公園に設置されているオーブンです。SCP-2092-JPの構成要素は通常の煉瓦であると判定されますが、SCP-2092-JPを破壊する試みは成功していません。

SCP-2092-JPの下部では常に薪が燃焼しています。この薪は減少の傾向を見せず、また酸素が不足している状態でも完全に燃焼します。

SCP-2092-JPの上部の扉は開閉が基本的に不可能です。SCP-2092-JPの上部が開いた際、SCP-2092-JPは皿に乗せた状態で物品を排出します。この物品には一定の規則が見られますが、同一の物品が排出された例は確認されていません。以下はSCP-2092-JPが排出した物品の一覧です。

排出物品記録2092-JP-1

物品: 通常体内に含まれる量を上回る量の塩分が検出されたパラポネラ1の死体、及びそれの上部に配置されていたハムとチーズ。

付記: SCP-2092-JPの物品排出が確認された最初の事例。当該物品は民間人2により付近のゴミ箱に廃棄されていた為より詳細な鑑定は不可能だった。

排出物品記録2092-JP-2

物品: 円状に置かれたシドニージョウゴグモ3の脚部、及びそれに包まれるように配置された白ネギ。

付記: 本来シドニージョウゴグモが有している毒が鑑定で確認できなかったため、Dクラス職員を用いた摂食試験が行われました。接触したD-329584は「見た目によらず美味」と述べました。

排出物品記録2092-JP-3

物品: アフリカナイズドミツバチ5の死体、及び同個体のものと推測される血液と蜜。

付記: SCP-2092-JPが何らかの精神影響により排出物品の接触を促している可能性を検証するため、精神抵抗度が比較的高いD-29470が実験に選出されました。D-29470は摂食後「酷い見た目だが旨い」と述べました。

SCP-2092-JPは要注意団体「Are We Cool Yet?」の構成員である伊狸史郎氏(GoI-2092-JPに指定)の作成物を調査する過程で発見されました。以下は同氏の自宅より発見されたPCに残っていたSCP-2092-JPに関連すると思われるメールの抜粋です。














移動不可 炎 食物 safe scp-jp



ページ情報

執筆者: Dr_kuronecko
文字数: 3127
リビジョン数: 29
批評コメント: 2

最終更新: 17 Nov 2020 21:52
最終コメント: 17 Nov 2020 21:52 by Dr_kuronecko

ERROR

The Dr_kuronecko's portal does not exist.


エラー: Dr_kuroneckoのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6856613 ( 20 Sep 2020 02:05 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License