私は花になりたかった、花は私に成り代わった。

現在このページの批評は中断しています。

批評いただきたい点
・内容が薄くはないか
・描写に問題はないか(子供の感じが描けているか)
・純粋に面白いか

よろしくお願いいたします。

評価: 0+x
blank.png

私は、お母さんに花みたいに大切にしてもらいたかった。私も植物なのに。花を咲かせられないのがいけないのかな。

私は花になりたかった。お母さんの好きな、きれいな青い青い花。

下を見る。花壇に青い花はない。私が青の差し色になってあげよう。


そこにはいつも花があった。

この部屋はどこも花だらけで(お母さんの知り合いの人が来たとき「気持ち悪い」とか言っていた気がする。)、私はそれをきれいだと思っていた。

出来るだけ動かないように言われていたから、一日中花を見つめていた。そのころから


お母さんは私の身体に植物を埋め込んだ。それを私は「お母さんが私のことをあの植物たちと同じように愛してくれる」という意味だと思っていた。

そのうち学校でいじめられるようになった。悔しかった。大声を出せなかったりしたけど、憎しみは花じゃなくてお母さんに行った。花が悪いのかもしれないけれど、どうにも花だけは嫌いになれなかった。

花にだけ心を許せた、話せもしないのに。花と話せるようになるにはどうしよう。植物になってもまだダメ?

そのうち花壇に飛び降りることを考え始めた。花壇に落ちて私が花の一員になれば、花とお話しできるかも知れないから。花の一員になれば、お母さんが大切にしてくれるかもしれないから。

行こう。

花に向かって落ちていく。ああ、近づけば近づくほど綺麗な花。今私もそこに。


目が覚めたら、お母さんの近くにいた。

幽霊の話はクラスの子が話しているのを聞いたことがあった。死んでしまったということよりも、花になれなかったことへの後悔の方が強い。

ただ、お母さんの周りに変な花が咲いているのを見ると、無性に腹が立ってきた。。

どうして、私以外の花があんなにお母さんの近くに。

お母さんはそれのことを気に入っているようで、しかも私だと勘違いしているようだった。お母さんにバレないように、視界の外をコソコソと逃げ回る汚い青色を。

今の私は口がなくなったかのように何も言えなかった。それでも呟くことが許されるのなら。たった一つだけ。

「どうして?」


tale-jp



ページ情報

執筆者: Dr_kuronecko
文字数: 1193
リビジョン数: 7
批評コメント: 0

最終更新: 12 Oct 2020 12:33
最終コメント: 批評コメントはありません

ERROR

The Dr_kuronecko's portal does not exist.


エラー: Dr_kuroneckoのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6856613 ( 20 Sep 2020 02:05 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License