嘘吐きと罰

現在このページの批評は中断しています。

評価: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: ████ビルは財団によって買収され、財団フロント企業の施設に偽装されています。現在SCP-XXX-JP-1の身元について調査が行われています。

説明: SCP-XXX-JPは██県██市の████ビルに存在する、鉄製のパイプが肛門から口までを貫通しているモンゴロイド系男性の死体です。SCP-XXX-JPにはポリグラフ1が取り付けられています。SCP-XXX-JPは████ビルの2階に存在しています。SCP-XXX-JP及びポリグラフは外部からの破壊に対する耐性を有しています。

SCP-XXX-JPは不定期に「呻き声」と形容される音声を発します。この際ポリグラフが反応します。全ての生理活動が停止しているSCP-XXX-JPに取り付けられたポリグラフが反応する原理は現在まで判明していません。

補遺: ポリグラフの反応過程にはいかなる異常も存在しないことが判明しました。このことから、SCP-XXX-JPは現在も生存しているのではないかという仮説が立てられています。


scp jp safe 破壊不可能



ページ情報

執筆者: Dr_kuronecko
文字数: 851
リビジョン数: 18
批評コメント: 0

最終更新: 01 Jan 2022 13:15
最終コメント: 批評コメントはありません

ERROR

The Dr_kuronecko's portal does not exist.


エラー: Dr_kuroneckoのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6856613 ( 20 Sep 2020 02:05 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License