ダイエットにクサガメはいかがですか!?

このページの批評は終了しました。


アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト-81██の標準生物収容室に収容されています。SCP-XXX-JPに対する給餌を行う際は機械による間接的な手法を用いて給餌を行うようにし当該実態の認識を避けて下さい。SCP-XXX-JPとの直接的な接触を伴う場合は担当職員の許可の下Dクラス職員を用いて行って下さい。

説明: SCP-XXX-JPは生物学的にはクサガメ(Mauremys reevesii)として分類される異常性を有した生物です。SCP-XXX-JPの特筆すべき点として本来なら必要である食欲を促すための紫外線照射を必要としない点が挙げられます。また、財団が収容するSCP-XXX-JP個体は現在、市販されている人工餌のみで生体活動を行っており、人工餌に対する飽きの兆候をみせていません。
SCP-XXX-JPは20██/10/24に行われた新潟県██市にある日本生類創研施設襲撃の際に下記の販売用チラシとともに発見、後に収容されました。以下は回収された販売用チラシです。

痩せたい…けど続かない…
痩せたい…けどお金がない…

そんなあなたに朗報です!

ダイエットにクサガメはいかがですか!?

私たちの開発した愛くるしいクサガメを飼えばいとも簡単にお望みのボディを手に入れる事が可能です。

クサガメが好きじゃない?大丈夫!きっとあなたも飼えば愛おしくなるはず!

飼い方が分からない?安心して下さい!このクサガメは市販の餌を与えるだけで全てが済みます!

ある調査によるとダイエットにかける平均費用はなんと月4万円1 。さらに大多数の人はダイエットを途中で断念してしまいます!

しかしご安心を!私たちのクサガメは費用の面でも、継続性の面でも気にかける必要はありません!

夢のようなこの商品、今ならなんと…

なんと120,000円で!!

さらにこちらの飼育用水槽をお付けして…

変わらず 120,000円で!!!!

もう、入会金だけで50,000円もするダイエットプログラムを考える必要はありません!

なんて言ったってあなたのダイエットはたったの
120,000円で済んでしまうのですから!

我々はあなたのダイエットを心から応援します。

日本生類創研 商品企画部 草蛾愛██

SCP-XXX-JP個体が収容されている個体以外に発見されなかったことからSCP-XXX-JPの販売、流通は行われていないと考えられます。回収された販売用チラシより当該実体は何らかの体重を減量させる異常性を有しているとされます。
以下は異常性の究明を目的として行った実験記録の抜粋です。完全版は実験記録-XXX一覧を参照して下さい。
 
 

被験者: D-1478

被験者情報: 体重97.5kg・身長169cm
Dクラス職員雇用以前より自身の不摂生により肥満化。現疾患、既往歴なし。

実験内容: D-1478、SCP-XXX-JPを標準人型収容室へと移送しD-1478にSCP-XXX-JPを飼うように指示する。D-1478への給食は基本的には1日3回行うものとする。日ごとにD-1478の体重、SCP-XXX-JPの甲長、餌量を記録する。

実験記録 20██/12/14

D-1478 体重97.6kg
SCP-XXX-JP 甲長19cm・餌量10g

備考: 実験初日。D-1478は朝昼晩の3食を問題なく摂食。間食を要求したため軽食を用意、その後完食。

実験記録 20██/12/19

D-1478 体重97.2kg
SCP-XXX-JP 甲長19cm・餌量16g

備考: D-1478が記録開始より初めて間食を要求せず。

実験記録 20██/12/30

D-1478 体重87.4kg
SCP-XXX-JP 甲長22cm・餌量29g

備考: D-1478が朝食を拒否。昼食、夕食ともに食事量に減少傾向が見られる。

実験記録 20██/1/18

D-1478 体重70.5kg
SCP-XXX-JP 甲長29cm・餌量68g

備考: D-1478の食事量は著しく低下している。SCP-XXX-JPの甲長及び餌量が急激な増加を見せ始める。また、SCP-XXX-JPが用意されていた水槽を成長により破壊、新たな物が用意される。

実験記録 20██/2/4

D-1478 体重58.6kg
SCP-XXX-JP 甲長49cm・餌量125g

備考: D-1478が栄養失調症の症状をみせる。SCP-XXX-JPは現在確認されているクサガメの甲長を大きく上回っている。

実験記録 20██/2/26

D-1478 体重50.4kg
SCP-XXX-JP 甲長63cm・餌量364g

備考: D-1478が低血圧による目眩や頭痛を訴える。SCP-XXX-JPの食欲は依然として増加傾向にあり、常軌を逸する速度で成長している。SCP-XXX-JPの食事回数が増え1日に2~3回行うようになる。

実験記録 20██/3/15

D-1478 体重43.4kg
SCP-XXX-JP 甲長1m24cm・餌量745g

備考: D-1478が骨密度の低下により数カ所の痛みを訴えているがSCP-XXX-JPに対する給餌を依然として行う。D-1478の睡眠中にSCP-XXX-JPが餌を求め癇癪を起こす。これにより収容室の設備が一部破損。

実験記録 20██/3/28

D-1478 体重39.5kg
SCP-XXX-JP 甲長1m89cm・餌量1050g

備考: SCP-XXX-JPの餌の回数は1日に3~5回へ増加。D-1478は数日前より拒食状態に陥っており精神、身体ともに疲労している。
D-1478の精神的、身体的状況を鑑み実験を終了。

実験記録よりSCP-XXX-JPの異常性はSCP-XXX-JPと関わった人物から食欲を奪い、自身の食欲・成長へと変換するものだと思われます。ケージを用いた移送や間接的な観察を行なった者が異常性に曝されていない点から当該実体の異常性はSCP-XXX-JPが視認、もしくは認識をした人物にのみ適用されるものだと思われます。また、D-1478が重度の栄養失調、精神的疲労を持ちながらもSCP-XXX-JPに対する飼育を行った事から当該実体は飼い主のSCP-XXX-JPに対する愛情を不明なプロセスを経て増幅させていると思われます。
実験終了後においてもSCP-XXX-JPの食事量は実験最終日より減少しておらず、SCP-XXX-JPから認識されなくなったD-1478の食欲が依然として回復しない事から、譲渡された食欲は固定されるものと思われます。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The kuro0112's portal does not exist.


エラー: kuro0112のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6837312 ( 16 Sep 2020 04:18 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License