SCP-XXX-JP パンドラ

現在このページの批評は中断しています。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: ThaumielKeter

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは強い強度の建物に収容し、機動部隊は常にSCP-XXX-JPの収容施設内を警備していてください。それぞれの個体ごとに収容室をわけてください。SCP-XXX-JP-aの収容室には警備に加えて多様なロックを設け、レベル4以上の職員以外は入れないようにしてください。SCP-XXX-JP-bの収容室にはSCP-XXX-JP-aほどでなくて構いませんがロックを設け勝手な持ち出しを防いでください。SCP-XXX-JP-cの収容室内は常にあらゆる角度から監視されSCP-XXX-JP-a、-b以上の警備をされていなくてはなりません。SCP-XXX-JP-cの蓋が開くような兆候が見られた場合、機動部隊の数を増やし万全を期してください。また、SCP-XXX-JPの複製のための調査にはSCP-XXX-JP-bを使用してください。

説明: SCP-XXX-JPは5cm×10cm×6cmの蓋付きの箱です。金属と木材でできた見た目をしていますが強度はそれを遥かに超えており、他のSCPを使った実験においても破壊されることはありませんでした(実験ログ参照)。また、SCP-XXX-JP内部は異常空間になっており、中に入れたものの大きさに比例し、拡張します。しかし、中に入れられるものは最大で1つまででした。SCP-XXX-JPの蓋を内部から開けることは現在の財団の力では不可能です。

SCP-XXX-JP-aは発見当時蓋が空いていた箱で連続的な仕様が可能なため強力なSCPの収容違反が起きたときの対処法として有効です。使用による老朽化が確認されたため極力控えてください。SCP-XXX-JPの中で1番新品で、強度に優れています。

SCP-XXX-JP-bは発見した時点で破壊されていた箱です。また、中に入っていたと思われる個体がSCP-XXX-JPが回収された施設内を歩き回っていました。個体は5度目に派遣された機動部隊によって鎮圧されました。現在、SCP-XXX-JP-bは異常性を失っています。強制収容プロトコルにも記述しましたが複製のための調査はこちらで行ってください。老朽化が激しく、そのため中の個体が脱出に成功したものと思われます。

SCP-XXX-JP-cは発見当時から今に至るまで蓋が開けられていない箱です。理由としてSCP-XXX-JP-bの中に強力な個体が封印されていたことが挙げられます。詳しい実験が行えないため強度はわかっていませんが、SCP-XXX-JP-aとおなじくらい新品のようです。

実験記録XXX-1

対象:
SCP-XXX-JP
実施方法:
SCP-682を内部に収容、数時間経過させ外に抜け出せるか
結果:
12時間観察しましたがSCP-XXX-JPが動くことすらありませんでした

実験記録XXX -2

対象:
SCP-XXX-JP
実施方法:
D-XXX-JPにカメラと音声記録装置をもたせSCP-XXX-JP内部を記録する
結果:
カメラは常時真っ暗でした。しかしD-XXX-JPが焦る様子は見られずないぶを淡々と解説していました。D-XXX-JPによるとSCP-XXX-JP内部は暗いものの不思議と落ち着く空間であるようです。
分析:
SCP-XXX-JP-bから脱出した個体やSCP-682の様子から落ち着く空間ではあるもののずっとそこに居たくなるわけではないようです。この実験結果よりSCP-239を用いた実験が認められました

実験記録XXX-3

対象:
SCP-XXX-JP
実施方法:
SCP-239の力がSCP-XXX-JPに対して有効か1
結果:
SCP-239がSCP-XXX-JPに影響を与えることはできませんでした。

実験記録XXX-4

対象:
SCP-XXX-JP
実施方法:
精神影響などの他に影響を与える異常性を持っているSCPオブジェクトが入っているとき、その異常性は継続可能か。(使用したのは[編集済み])
結果:
SCP-XXX-JP内に[編集済み]がある限り異常性の影響はなかった。しかし、[編集済み]がSCP-XXX-JPから出された瞬間から異常性が戻ったためSCP-XXX-JPを[編集済み]のようなSCPの再収容に使う際には注意が必要。

補遺: 当初SCP-XXX-JPのオブジェクトクラスはSCP-XXX-JP-aの存在からthaumielに設定されていましたがある研究員の以下の発言によってketerに再分類されることになりました。

何故SCP-XXX-JP-aは空いていたのですか

ERROR

The okusuri's portal does not exist.


エラー: okusuriのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6835376 ( 17 Sep 2020 08:50 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License