SCP 急がば回れ

このページの批評は終了しました。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル:SCP-XXXX-JPはサイト-8102にある6m×6m×6mの収容コンテナに収容し、サイト内のいかなる職員もSCP-XXXX-JPが収容されているコンテナに侵入しないでください。

説明: SCP-XXXX-JPは緑色と黄色が使われたブリキのコマです。
SCP-XXXX-JPの半径3m以内に心拍数105以上の人間が侵入した場合、SCP-XXXX-JPの半径3m以内に侵入した人間(以下、対象1と記載)が、横回転を開始します。(実験記録XXXX-JP-1〜2を参照)この場合、対象1の心拍数が105以上になっている原因によって対象1が横回転するスピードが変化します。対象1が横回転を始めると、対象1は自我を失い対象1の半径50m以内に存在する人間のうち、最も心拍数の低い人間(以下、対象2と記載)の方へ、横回転を維持したまま時速40km程で向かいます。対象1が対象2に追い付き、対象1が対象2に触れると対象2が正体不明の焦燥感に襲われ心拍数が約300になり、高血圧で例外なく死亡します。対象2が死亡すると即座に対象1は自我を取り戻し、横回転が停止します。

発見経緯: SCP-XXXX-JPの異常性は、██県██市内の子供用の玩具販売店へ来店した一般男性が突然横回転を始めたことにより発覚しました。その後男性は十分に研究された後、解放されました。
男性は、当時サプライズで子供にコマを購入しようとしており、サプライズを間に合わせるためにコマを購入することを急いでいたことが後に男性の妻へのインタビューで発覚しました(インタビュー記録XXXX-JP-1を参照)。

補遺: SCP-XXXX-JPの異常性により、対象1が横回転する速度は心拍数が105以上になっている原因により変化し、実験の結果、何らかの理由で対象1が焦燥感を抱いている場合に最も速くなることが発見されました(実験記録XXXX-JP-3を参照)。

インタビュー記録XXXX-JP-1:

対象: 男性の妻

インタビュアー: ██博士

<録音開始>

██博士:では、インタビューを開始します。

男性の妻: あ、あの…夫は大丈夫なのでしょうか?

██博士:はい。夫さんのことは研究致しますが、研究が終われば帰宅していただきますので安心して質問に答えてください。

男性の妻:そうですか…ありがとうございます…

██博士:では、質問です。当時、夫さんに変わった様子などはありましたか?

男性の妻:はい。その時子供がもうすぐ誕生日だったので、夫は子供が欲しがっていたコマをサプライズで子供が小学校から帰ってくるまでに用意しようとしていました。でも、コマがほとんどのお店で売り切れらしく、夫は相当焦っていましたね。

██博士:それ以外に夫さんのおかしな様子などはありませんでしたか?

男性の妻:はい。特にそれ以外に変な様子はありませんでした。

██博士:わかりました。あとはこちら側でコマについて実験を致しますので、もうお帰り頂いて結構です。ご協力ありがとうございました。

男性の妻:え?これだけで大丈夫なんですか?

██博士:はい。後は我々に任せてください。

<録音終了>

実験記録:

_実験記録XXXX-JP-1 - 20██/██/██_

目的:SCP-XXXX-JPの異常性の特定

対象:D-80576

実施方法:対象をSCP-XXXX-JPに少しづつ近づけさせ、横回転が始まるかを実験する。尚、対象の健康状態は全て正常で平均的な状態で行う。

結果:対象の身体に変化は認められなかった。

分析:インタビュー通り、健康状態が全て正常の場合はSCP-XXXX-JPの特異性は発現しないようです。更なる実験が必要です。

_実験記録XXXX-JP-2 - 20██/██/██_

目的:SCP-XXXX-JPの異常性の特定

対象:D-40904

実施方法:対象をSCP-XXXX-JPに少しづつ近づけさせ、横回転が始まるかを実験する。尚、対象の健康状態は過度な運動により心拍数が105になった状態で行う。

結果:対象は低速で横回転を開始した。横回転を開始した時点で、更なる被害を防ぐため対象はその場で終了処分された。

分析:心拍数が高いと異常性が発現するようです。

_実験記録XXXX-JP-3 - 20██/██/██_

目的:SCP-XXXX-JPの異常性の詳細の絞り込み

対象:D-29974

実施方法:対象をSCP-XXXX-JPに少しづつ近づけさせ、横回転が始まるかを実験する。尚、対象の健康状態は失敗したら終了処分にすると命令した状態で行う。

結果:対象は高速で横回転を開始した。横回転を開始した時点で、更なる被害を防ぐため対象はその場で終了処分された。

分析:対象が焦っていると横回転の速度が上昇するようです。


ERROR

The nisedon's portal does not exist.


エラー: nisedonのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6816330 ( 13 Dec 2020 06:10 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License