SCP-2976-JP-おっさん体型

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


rating: 0+x
800px-%E5%B8%B8%E7%9B%A4%E5%B9%B3%E5%9B%A3%E5%9C%B0%E3%81%AE%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9.jpg

SCP-2976-JP

アイテム番号: SCP-2976-JP

オブジェクトクラス: Euclid


特別収容プロトコル

SCP-2976-JPへの一般人の侵入を防ぐ為、財団フロント企業によってSCP-2976-JP当該地域を買収し、カバーストーリー"解体予定地"を適用してください。又、SCP-2976-JP-1はカバーストーリー"爆発事故により死亡"を適用し、人型標準収容室に収容して下さい。


説明

SCP-2976-JPは、██県██市に存在する団地です。団地は当初「██仲良し団地」という名称でした。SCP-2976-JPは10棟で構成されており、入居者は全員で328人です。

SCP-2976-JPは、SCP-2976-JP内の一部屋に住むという賃貸契約を済ませた時点で異常性を発揮します。(以下曝露者はSCP-2976-JP-1と呼称)SCP-2976-JP-1は、異常性に暴露した瞬間から変身プロセスを開始します。変身プロセスは、頭部の先端から順に、全身が40代のモンゴロイド系の男性に変身します。このプロセスは約5時間で完了します。SCP-5976-JP-1は、その全個体が身長172cm、体重65kgであり、顔、DNA共に同一です。この変身プロセスでは、脳の形状も変形、場合によっては萎縮しますが、暴露者が保有している記憶、性格等には全く影響しません。又、変身プロセスには極度の身体の変化による強い痛みを伴います。

現在、SCP-2976-JPに入居していた328人全員が異常性に曝露し、SCP-2976-JP-1に変身しています。

SCP-2976-JPは、インターネット上の掲示板に「ドッペルゲンガー団地」としてアップロードされていたものを財団エージェントが発見、現地を調査したことで収容に至りました。

以下、SCP-2976-JP-1の一個体を対象に行ったインタビュー記録です。

対象: SCP-2976-JP-1

インタビュアー: ██研究員

付記: インタビュー中のSCP-2976-JP-1は、自称SCP-2976-JPの管理人の"山本 █"です。今回は分かりやすくする為にSCP-2976-JP-1個体を山本氏と呼称します。

<録音開始>

██研究員: いつ頃からこの団地でその異常性が発生したか分かりますか?

山本氏: はい。確か1ヶ月程前のことです。昼の2時頃でした。急に、身体に違和感を感じたんです。その直後、身体が張り裂けるような痛みに襲われました。恐らく、外から呻き声が沢山聞こえたので、団地の住民も同じ時刻にそうなったのだと思います。その痛みは暫く続きました。その間は、身体が余りにも痛すぎて動けそうにもありませんでした。そして、痛みがようやく治まったかと思えば、こんな姿になってしまっていました。

██研究員: なるほど。では、この異常性が発生したことに対して、何か心当たりはありませんか?どんな些細なものでも構いません。

山本氏: ……そうですね。関係あるかは分かりませんが、2ヶ月ほど前に団地で殺人がありました。被害者は20代の女性で、部屋で刺殺された状態で発見されました。部屋の水色の壁紙は、血飛沫で真っ赤になっていました。犯人は未だに捕まっていません。殺害された女性の部屋には、団地の住民しか持っていないはずの、荷物受け取り用のカードが女性の物と合わせて2つ落ちていたことから、団地の住民による犯行だとゆう線が強かったそうです。
……最近団地で起こった大きな出来事というのは、これぐらいですかね。

██研究員: ありがとうございます。事件のことをよくご存知ですね。

山本氏: まあ、管理人ですからね。詳細なことのお話は聞きますし、片付ける為に部屋の中も見ますよ。

██研究員: なるほど。では、貴方自身の変化した顔について、なにか見覚えはありますでしょうか?

山本氏: さあ、無いですね。私はこの団地の管理人なので、ほぼ全員の顔は覚えていますが、少なくとも団地の人ではないと思います。

██研究員: 分かりました。本日のインタビューは終了します。お疲れ様でした。

山本氏: お疲れ様でした。


補遺2976-JP

SCP-2976-JPで発生した殺人事件について、被害者女性の部屋に落ちていた荷物受け取り用カードについていた指紋がSCP-2976-JP-1の物と同様であることが判明しました。又、SCP-2976-JPの入居記録を調査したところ、SCP-2976-JPと98%同一の顔をした"木下 ██"という人物が入居していることが判明しました。これにより、SCP-2976-JP-1全個体に対して本名を聞いたところ、自身が"木下 ██"だと主張した個体は居ませんでした。

ERROR

The Jupe72011's portal does not exist.


エラー: Jupe72011のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6812671 ( 15 Oct 2020 06:02 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License