SCP-2975-JP-謳歌

このページの批評は終了しました。

rating: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-2975-JP

オブジェクトクラス: Euclid


特別収容プロトコル

SCP-2975-JPは、外部から内部の様子が視認が出来ない様になっている専用の収容室に収容して下さい。SCP-2975-JPの管理は全て自律型アンドロイド及びドローンで行ってください。SCP-2975-JP-1は、人型実体用収容室に隔離して下さい。SCP-2975-JPが発見された██県██湾は財団職員が常駐し、監視カメラ等で画面を通して漂着物を常に監視して下さい。SCP-2975-JPの一部分と思われる物体が漂着した場合、カバーストーリー"サメの出没"によって一般人の立ち入りを規制し、自律型アンドロイドで回収して下さい。実験の際はセキュリティクリアランスレベル3以上の研究員1人以上の許可が必要です。


説明

SCP-2975-JPは主に鉄でできた航空機の左翼の破片です。SCP-2975-JPは視認することによってその異常性に曝露しますが、写真や映像を視認した場合は異常性には曝露しません。

SCP-2975-JPを直接視認すると視認した人物(以後SCP-2975-JP-1)は激しい恐怖心を覚え、年齢、立場に関わらずあらゆる人物を自身より目上の立場だと認識する、認識異常及び、SCP-2975-JP-1自身の記憶改変が行われます。又、恐怖心は時間経過により徐々に増加する傾向にあります。

SCP-2975-JP-1は、全ての場合で異常性に暴露したことに対して肯定的な意見を述べます。又、恐怖心を感じている旨の質問をした場合、強く否定します。

SCP-2975-JP-1は、異常性の暴露から1ヶ月以内で身体の破裂などによる変死を遂げます。稀に、変死する約5〜2時間前から恐怖心を感じなくなるSCP-2975-JP-1がいます。

SCP-2975-JPは、██県██湾沖に漂着していたところを、一般人12名が視認して異常性に曝露し、ほぼ同時に変死したことで発見されました。SCP-2975-JPは発見当初から錆、経年劣化などで激しく損傷していました。

SCP-2975-JPは機体の一部分である為、他にも同様の異常性を有した物体が存在する可能性があることに留意して下さい。


インタビュー記録2975JP.1

SCP-2975-JPの回収の際に、異常性に曝露したエージェント・██に対してのインタビュー記録です。エージェント・██はこのインタビューの21日後、変死しています。

インタビュー記録2975JP.1

対象: エージェント・██

インタビュアー: ██研究員

付記: エージェント・██と██研究員の間には、エージェント・██が身体の破裂により変死する際にその骨の破片等で██研究員が怪我をする恐れがある為、ガラス板の壁が設けられています。

<録音開始>

██研究員: 大丈夫ですか?少しは落ち着きましたか?

エージェント・██: はい。今回はこのような作戦に参加させて頂き、自分はとても幸せ者だと思っております。

██研究員: 震えているように見えますが?

エージェント・██: いえ、大丈夫です。自分がこの作戦に参加出来ることに、強く感激しております。

██研究員: なんのことを言っているのですか?作戦?そんな物はありませんよ?

エージェント・██: いえ、自分に行かせてください!それでなければ自分の存在意義が無くなってしまいます。

<記録終了>

終了報告書: エージェント・██との会話が成り立つことはありませんでした。


ドキュメント2975JP.2

以下ドキュメントは、エージェント・██が変死する19日前に書かれたものです。



    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The Jupe72011's portal does not exist.


エラー: Jupe72011のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6812671 ( 15 Oct 2020 06:02 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License