SCP-XXX-JP 「セル」

このページの批評は終了しました。


評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト-81██の収容セルに保管されています。セルには監視カメラを設置し、異常が無いかを常時確認してください。セル内への無断での立ち入りは禁止されています。セキュリティクリアランス2以上の職員2人以上の許可を得てから実験等を行ってください。侵入者がいた場合、即座にセルから退出させてください。

説明: SCP-XXX-JPは球体の形をした、直径2mの無色かつ半透明のオブジェクトです。側面には直径30cmの滑らかな半球の窪みが規則的にあり、スーパーボールに近い弾力性があります。SCP-XXX-JPは室内にある場合、常に部屋の中央に存在します。室外では常に地面から20cm付近を浮遊しています。SCP-XXX-JPは中央から動かすことはできますが、加えている力から解放すると自動的に中央へと移動します。セル内から出すことで自由に移動させることができます。

SCP-XXX-JPは室内に生物が侵入すると、直径10cm~50cmの球体、約1mのカーテンの様な幕などの浮遊物体を室内に確認できているもので1~15個、ランダムに発生させます1。これらは侵入したものにより発生するものが異なることが確認されています。発生したものは以下の通りです。
セル内に入れたもの 発生したもの
観葉植物 数々の球体、豆型の物体、緑色の豆型の物体、幕、大きな水の塊
ネズミ 数々の球体、豆型の物体、幕、ギザギザした筒
Dクラス職員 数々の球体、豆型の物体、幕、ギザギザした筒

また、範囲に入った人物(以下対象)は、室内に水が無いにも関わらず水の中に入ったような浮遊感と、圧迫されるような違和感を覚えます。これらは入った一瞬のみ感じますが、対象が動くと、同じような違和感を感じます。この違和感の正体は現在判明していません。二人以上入室した場合、最初に入室した対象以外は違和感等を感じません。最初に入室した対象は一人で入った際よりも強い違和感を訴えます。また、対象の人物がSCP-XXX-JPや浮遊物体に触れると、最初に入室した対象はかなり強い違和感を訴えます。触れた人物には何も起こりません。

SCP-XXX-JPは██県██市内の放棄された日本生類創研の研究所に存在していたところを、目撃者の通報により収容に至りました。発見時に異常性はありませんでしたが、セル内に収容したことにより異常性が明らかになりました。目撃者にはクラスA記憶処理が施されました。


以下は、SCP-XXX-JP内に発生する浮遊物体の破壊、また中身の確認を目的とした実験の際のログです。

補遺: 以下はSCP-XXX-JPが発見された際同時に発見されたメモです。


ERROR

The youka__fai's portal does not exist.


エラー: youka__faiのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6797375 ( 07 Sep 2020 08:32 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License