SCP-XXX-JP 落とし物はなんですか?【SCL4以上】
rating: 0+x

警告:当記事の閲覧はSCL4以上の職員に限定されます


不正に当記事にアクセスした職員は直ちに記憶処理を受けてください

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト-81███で監視されています。SCP-XXX-JPには低脅威度収容ロッカー内に収容されているSCP-XXX-JP-1からSCP-XXX-JP-8までを含むオブジェクトの管理を任せてください。SCP-XXX-JPが自らの特異性に気付いた際は直ちに聞き取り調査を行い、同意の上でクラスB記憶処理剤の投与を行ってください。

説明: SCP-XXX-JPはサイト-81███で勤務するエージェントの鮎本██です。SCP-XXX-JPは自身の所有物に特異性を付与する能力を有します。特異性が付与される対象に制限はないと考えられますが、SCP-XXX-JPの趣向からぬいぐるみや人形等の四肢を持つ幼児向け玩具である傾向が強いです。

SCP-XXX-JPは199█年██月██日に愛知県██市の市営住宅で保護されました。家庭内暴力の報告を受けた地元警察が確認に向かったところ、SCP-XXX-JP-1によって惨殺された父親の死体とともにSCP-XXX-JPが発見されました。その後、県警特務課からの支援要請を受けた財団エージェントによってSCP-XXX-JP及びSCP-XXX-JP-1は保護されました。SCP-XXX-JPの母親は重度のノイローゼを発症していたため、財団フロント企業の要介護者支援施設で保護されました。地元住民に対してはカバーストーリー[一家心中]が適用されています。

SCP-XXX-JPの直接的な収容は被害が甚大化する可能性があるため、現在はある程度の自由行動が許されています。SCP-XXX-JPによる被害と行動を抑制する副作用については補遺を参照してください。

補遺:

補遺1 SCP-XXX-JP-2の創生
 
SCP-XXX-JPから母親に会いたいと要望が出されたが、安全性の確認がされていなかったため却下されました。その翌日、SCP-XXX-JPが人型収容施設から脱走する収容違反が発生しました。SCP-XXX-JPは母親が保護されている要介護者支援施設内で発見・保護されました。SCP-XXX-JPは当時着用していた子供用の服に転移能力を付与したものと考えられています。


ERROR

The Ame Tsubuno's portal does not exist.


エラー: Ame Tsubunoのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6778331 ( 28 Aug 2020 18:45 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License