かえるのおうじ

現在このページの批評は中断しています。

評価: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPはサイト-8141の異常小型両生類種オブジェクト収容房にて収容されます。収容管理は、性自認が男性かつ性的対象が女性である職員が中心に行います。SCP-XXXX-JPには標準的な両生類用の餌を給仕してください。SCP-XXXX-JPが給仕を受け付けない場合、点滴による栄養供給を行ってください。実験を行う際は、サイト管理官ならびに倫理委員会の許可を得る必要があります。

説明: SCP-XXXX-JPは雄の二ホンアマガエル(Dryophytes japonica)の成体です。老化及び衰弱の兆候がみられないことを除き、一般的なアマガエルとの外見的及び生態的な差異は見受けられません。性自認が女性かつ性的対象が男性であるヒト(Homo sapiens)(以下、対象)がSCP-XXXX-JPを視認した場合、対象はSCP-XXXX-JPを”自分が理想とする男性が蛙に姿を変えられたもの”であると認識します。対象がSCP-XXXX-JPとの接吻を行った場合、SCP-XXXX-JPはヒト(Homo sapiens)の男性に類似した実体へと形態を変化させます。その際、SCP-XXXX-JPの体積は一般的な男性と同程度まで増大します。変化したSCP-XXXX-JPは対象が”最も嫌悪する男性の姿”をとります。これを視認した対象の多くは著しい混乱及び嫌悪を示し、SCP-XXXX-JPを拒絶します。対象の拒絶と同時に、SCP-XXXX-JPは元のアマガエルの形態へと戻ります。

発見経緯: 2027/08/26、██県にて地元県警に「王子さまかと思ったら全裸の変質者だった」という旨の不審な通報が入り、それを傍受していた財団エージェントにより調査が行われました。通報を行った相田█氏(25)の自宅へと向かったところ、男性らしき実体は確認されず、相田氏はキッチンの流し台付近にいたアマガエルを指差し、「彼が全裸の変質者である」という旨の主張を行いました。担当エージェントはそのアマガエルが何らかの異常存在である可能性を考慮し、当該存在を財団へと報告、移送しました。複数の実験による異常性の確認後、当該存在はSCP-XXXX-JPとしてオブジェクトに指定されました。なお、相田氏はSCP-XXXX-JPを近隣の高齢女性から譲り受けたものであると証言しました。しかし、相田氏は高齢女性の名前を含む個人情報を回答できず、また初期調査では当該の高齢女性の存在は確認されませんでした。複数の検査後、相田氏には異常が確認されなかったため、クラスA記憶処理を行ったのちに解放しました。

実験記録: 以下は収容下で行われたSCP-XXXX-JPの実験記録の抜粋です。

インタビュー記録: 以下は実験記録XXXX-JP-007で行われたインタビュー記録の抜粋です。

対象: SCP-XXXX-JP

インタビュアー: 橋崎研究員

付記: 当時SCP-XXXX-JPは推定7歳ほどの男性児童の形態に変化しており、号泣していた。インタビュー中においてもSCP-XXXX-JPは絶えず泣き続けていた。

<記録開始>

橋崎研究員: どう呼べばいいかわかりませんが、あなたにインタビューを行ってもよろしいですか?

SCP-XXXX-JP:[返答せずに泣き続ける。]

橋崎研究員: まずあなたの名前を教えていただけますか?

SCP-XXXX-JP: [返答せずに泣き続ける。]

橋崎研究員: 質問を変えます。あなたの種族は蛙ですか? それとも人間ですか?

SCP-XXXX-JP: [泣き声が少し弱まる]にん、にん、人間。人間だった、とおもいます。でもわかんないです。今わたしかえる、ひとだけどかえるなので、わか、わかんないです。

橋崎研究員: 自身が人間だというなら、どこの誰であるか証言できますか?

SCP-XXXX-JP: ど、どどど、どこの誰です? わたしは。男、だったとおもいます。それで、それで、わ、わたしは、ご、ご、ゴミでした。ひどいゴミでした。女性をその、何人か、何人か泣かせました。その罰でわたしはいま泣いている、ような気がしています。すいません、すいません。おもいだすのがいやなんです。なにもおもいだしたくないんです。やめてください。どうかゆるして、ゆるして。

橋崎研究員: 私はあなたを罰するつもりはありません。ただあなたの現状について正しく認知したいだけです。なぜあなたはそのような存在になったのですか?

SCP-XXXX-JP: お、おばあさんが来ました、わた、わたしのところに。知らない、おばあさんです。だれかわかりません。ただおばあさんはその、おまえが泣かせたおんなに頼まれてきたと言って、か、かえるのおうさまは知ってるかってきいてきて、わ、わたしは知らないとこたえました。そ、そしたらおばあさんはわらって、あんたは真逆みたいだって言って、つ、つぎに気づいたときには、わ、わたしはかえるでした。

橋崎研究員: その後、あなたとそのおばあさんは?

SCP-XXXX-JP: お、お、おばあさんに知らないところに、つ、連れていかれました。山のなかの小屋みたいなばしょ、でした。そそ、そこに、わたわた、わたしが泣かせた、じょ、女性が5人くらい、い、いました。そのひとたちは、かわりばんこにわ、わたしにキスをして、そしたらわたしは、わたし、わたしはいろんな違うお、男に、男になって、それを鏡でみせられて、ば、ばば、罵倒されました。おまえがいかに醜いかってなんどもなんども、くり、くりくりくりくりくり、くりかえし、くりかえし、くり、くり。[泣き声が大きくなる。]

橋崎研究員: 落ち着いてください。あなた自身を助けるためにも、冷静に回答してください。

SCP-XXXX-JP: わ、わわわわわ、わかんない。なんにちもなんにちも過ぎたあとに、もう飽きたってみんなもういいやっていう、いうので、おばあさんはわわわ、わたしを知らない女性のと、ところに。そ、そそそ、その女性はわたしをおうじさまっていうので、いいながら[泣き声がさらに大きくなる。]おばあさんがわらって、わら、わらって、わらって、わらいながらいまがいやなら受け入れてもらえって、それだけ、それだけ言って、いって。[以降、回答をせず泣き続ける。]

[実験室の端で待機していたD-44339が舌打ちをし、指示を無視してSCP-XXXX-JPに近寄り殴打する。その後も暴行を加える。保安職員がD-44339を制止するとともに、SCP-XXXX-JPはアマガエルの形態へと戻る。]

<記録終了>

終了報告書: 対象の証言を信じるならば、SCP-XXXX-JPは元々人間であったと推定される。また、インタビュー時の反応からSCP-XXXX-JPは後天的な精神障害に罹患していると思われる。インタビュー中に言及された、”おばあさん”、”5人の女性”、”山のなかの小屋”などについては随時調査される見込みである。

補遺: SCP-XXXX-JPが収容房内にて以下の不審な行動を行っている様子が確認されました。

  • 収容房の壁にしきりに身体を打ちつけるような仕草をする。
  • 壁に貼りついて上方へと這っていき、落下する。
  • 収容担当者及び実験担当者に踏まれそうな位置へと移動しようとする。

また、SCP-XXXX-JPが長期間食事を行っていないことも確認されました。観察と協議の結果、SCP-XXXX-JPは自死を試みているのではないかという推測が立てられました。対策として、現在SCP-XXXX-JPの収容房の壁には緩衝材が設けられ、給仕は点滴によって行われています。オブジェクト喪失の恐れを最小限にするため、SCP-XXXX-JP収容担当者及び実験担当者には細心の注意を払うことが求められます。



    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The poppono032's portal does not exist.


エラー: poppono032のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6765147 ( 24 Aug 2020 12:24 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License