ひとごろしの着ぐるみ

現在このページの批評は中断しています。

評価: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPはサイト-8141の標準人型オブジェクト収容チャンバーにて収容されます。食事の配給等は行われません。

説明: SCP-XXXX-JPはデフォルメされた鶏をモチーフにした、自律する着ぐるみです。SCP-XXXX-JPは内部にヒトが存在していない状態にも関わらず二足歩行し、日本語の発話を行います。特異な点として、SCP-XXXX-JPの胴体及び頭部には複数のヒトの血痕が付着しています。この血痕類は1999年に発生した”██市連続児童殺害事件”1の被害者児童のものと一致することが確認されています。その他、特異な能力等は確認されていません。

発見経緯: SCP-XXXX-JPは「着ぐるみを来た不審者」についての通報によって発見されました。発見当時、SCP-XXXX-JPは”██市連続児童殺害事件”の被害者児童の一人だった梅岡██氏の遺族の自宅前にて、頭部を地面に擦りつけて土下座の姿勢をとっている状態でした。当遺族はSCP-XXXX-JPについて、「急に訪ねてきて、息子さんの件は本当にすまなかったと言って土下座した。気味が悪いので通報して家に閉じこもっていた。」と証言しました。SCP-XXXX-JPは収容に対しては抵抗しませんでした。

インタビュー記録-1: 以下は収容完了後にSCP-XXXX-JPに対して行われたインタビュー記録です。

インタビュー記録-2: 以下はD-10043に対して行われたインタビュー記録です。

補遺: 仁井研究員主導により、SCP-XXXX-JP及びD-10043を面会させる実験が行われました。実験室内でD-10043と対面したSCP-XXXX-JPは以下の異常を示しました。

  • 全身の震え。痙攣。
  • 錯乱。著しい動揺。「こいつは自分じゃない」という旨の言葉を連呼。
  • 胴体部位の不自然な伸縮。

その後、SCP-XXXX-JPはその場に倒れ、意識を失いました。約32分後に意識を回復させたSCP-XXXX-JPは、当実験及びD-10043について記憶していませんでした。一方、D-10043には変化が見られず、動揺等を示す様子も確認されませんでした。また、実験後に行われたインタビューにおいて、D-10043は「まさか生きている間に自分に会えるとは思わなかった。」と発言しました。D-10043はSCP-XXXX-JPと再度面会することを求めています。同実験を行うかは現在協議中です。



    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The poppono032's portal does not exist.


エラー: poppono032のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6765147 ( 24 Aug 2020 12:24 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License