自殺者用カッター

現在このページの批評は中断しています。


アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPはサイト-8134のSafeクラスオブジェクト収容ロッカーにて収容されます。SCP-XXXX-JPを用いた実験は現在禁止されています。

説明: SCP-XXXX-JPは軽作業用の小型カッターナイフです。SCP-XXX-JPの異常性は、対象が手首を切る等の自傷行為を行った際にのみ発現します。異常性が発現した場合、以下の現象が発生します。

  1. 患部より、白色の鳥に類似した小型実体群が出現し、対象の周辺を周回し始める。この際、血液の流出は確認されない。
  2. 十数秒後、実体の形態が変化する。徐々に人型に変化し、西洋の神話上で描かれる”天使”に類似したものになる。
  3. 発生源不明の管楽器の音が確認される。これを聴いた対象は、酩酊感及び多幸感を報告する。
  4. 小型実体群が対象の患部へと集合し、侵入する。全実体の患部への侵入が終了するとともに、対象の患部は完全に治癒し、現象は終了する。傷跡等も確認されない。

現象終了後、対象は希死念慮及び破滅願望等の自傷的意識を喪失します。多くの場合において、対象は社交的になり、意欲的に活動を行うことが確認されています。

発見経緯: SCP-XXXX-JPは、ネットオークションにて「自殺者用カッター」として出品されていたものを財団が購入しました。いくつかの実験の結果、Safeクラスオブジェクトして指定されました。

追跡: SCP-XXXX-JPに対する追跡調査が行われました。その結果、収容以前に8名の所有者が確認され、そのうち7名が自殺用途でSCP-XXXX-JPを用いていたことが判明しました。7名のうち6名は現在まで生存しており、SCP-XXXX-JP使用以前より精力的に活動しているように見受けられます。また、唯一の死亡者であった1名はSCP-XXXX-JPの最初の所有者であった磯島隆哉氏であることが確認されました。磯島氏はSCP-XXXX-JPを自身の陰茎及び睾丸の切断、眼球の抉り出し、耳部位の切断等に用いていました。この時点でSCP-XXXX-JPの異常性が発現していたかは不明です。磯島氏の遺体の発見後、SCP-XXXX-JPは証拠物品として警察に押収されていましたが、担当者の不備により紛失したと報告されていました。2人目の所有者である神崎氏は「ネットオークションで自殺者用カッターとして売られていたものを偶々購入した」と述べていることから、神崎氏の手に渡るまでに別の人物もしくは団体が関与していることが推測されましたが、現時点までその足取りは掴めていません。

補遺: 2025/02/21、Dクラス職員として雇用されているD-9988(当時36歳、男性)が体調不良を訴えました。D-9988に身体検査を行ったところ、大腸に接続される形で子宮等の女性器に類似した臓器器官の形成が確認されました。さらなる検査の結果、妊娠の陽性反応が検出されました。急遽D-9988は隔離され、経過観察が行われました。原因究明のためにD-9988が参加した実験等を遡る調査が行われましたが、当時は即時の特定にまでは至りませんでした。D-9988の臓器内部にはヒトの胎児の形成が確認されました。またD-9988は通常の妊婦と同様の症状を示しました。2025/11/12、D-9988は出産を行いました。出産時の痛みとショックにより、D-9988は死亡しました。出産後の胎児に外見上の特異性はなく、健康に関しても問題は確認されませんでした。DNA検査を行ったところ、磯島隆哉氏との遺伝子上99%の一致が確認されました。これにより、SCP-XXXX-JPとの関連性が指摘されました。D-9988がSCP-XXXX-JPの実験に参加していたことは確認されていますが、実験結果は他の被験者のものとの差異は見られず、今回の事案が発生した経緯は不明です。



ERROR

The poppono032's portal does not exist.


エラー: poppono032のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6765147 ( 24 Aug 2020 12:24 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License