校庭にて

このページの批評は終了しました。


評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 02:00から04:30の間、部外者の████中学校の敷地への侵入を防止するため、夜間警備員に扮した財団職員を夜間の████中学校内に配置します。侵入者があった場合、クラスA記憶処理を施した後に開放してください。現時点で、SCP-XXX-JPに接触を行うことは許可されていません。

説明: SCP-XXX-JPは██県██市にある████中学校の校庭にて、02:00から04:30の間に出現する霊的実体です。SCP-XXX-JPは不鮮明な実体であるため、性別や年齢等は判明していません。SCP-XXX-JPは出現中、以下の行動を取ることが確認されています。

  • 校庭内に植えられている樹木付近を重点的に徘徊する。
  • 顔と推測される部分を執拗に左右に振るような仕草をする。
  • 樹木の根元等で蹲るような仕草をする。

なお、SCP-XXX-JPは校庭内に侵入及び自身を目撃した他者に注意を払うことはなく、また危害を加えた事例もありません。

発見経緯: SCP-XXX-JPは当時████中学校近辺で流行していた「校庭の幽霊の噂」を調査した結果、発見されました。なお、████中学校内及びその近辺において特筆すべき事件及び事案等の記録は確認されていません。

補遺: 2018/08/22、校庭内の樹木に対して一斉調査が行われました。その結果、北西隅の樹木の下より、ガムテープやビニールテープにより厳重に固定されたスチール製の一斗缶が発掘されました。一斗缶の側面にはマジックペンによる文字の痕跡が確認されましたが、経年劣化により判読不能です。一斗缶の内部からは以下の物品が確認されました。

  • ███社制のリコーダー。唄口部分に唾液の付着あり。調査の結果、DNAはかつて██小学校1に在籍していた遠藤██氏と一致。その他、遠藤氏とは異なる人物の唾液が検出されたが、個人は特定できず。
  • マジックペンで遠藤氏の名前が記された巾着袋。巾着袋内には不明ないくつかの人間の体毛が検出される。この体毛は遠藤氏のDNAとは一致しない。個人の特定には成功していないが、男性の陰毛であると推測される。
  • マジックペンで遠藤氏の名前が記された上履き。不明な男性の陰毛の付着あり。
  • 空のペットボトル6つ。いずれも遠藤氏の唾液の付着あり。
  • 写真12枚。いずれにも遠藤氏が写されている。そのうち8枚は遠藤氏の下半身を重点的に捉えているように推察される。
  • 不明な筆跡で記された紙片。個人は特定できず。文章は以下の通り。

10年後の自分へ 最高のプレゼント

遠藤██氏は小学校5年生時点で、家庭の都合により██府██市にある学校へと転校しているため、████中学校との直接的な接点は確認されていません。

この物品群の発見に伴い、現在██府██市に在住している遠藤██氏に簡易的なインタビューが行われました。以下はその抜粋です。

対象: 遠藤██氏

インタビュアー: エージェント中西

付記: エージェント中西は警察官に扮しており、「██小学校2の校庭にて発見された不審物の調査」という名目で遠藤氏に接触しています。また、遠藤氏の混乱を防ぐため、不明な人物の唾液及び陰毛、写真、紙片の文章等の情報は伏せられています。

<録音開始>

[重要度が低いため割愛]

エージェント中西: [回収された物品群の写真を見せながら]それじゃこれらがあなたのものであるのは確かなんですか?

遠藤氏: [約3秒間沈黙]そうだと思います。私はその、昔からドジでよく物を失くしては怒られてたので、てっきりどこかにやったままだと、その、はい、思ってました。

エージェント中西: さっきも言ったように、これらは██小学校の校庭に埋まっていたわけなんですけど、そうした覚えは?

遠藤氏: いえ、ないです。

エージェント中西: じゃあこういうことする人に心当たりは?

遠藤氏: [約5秒間沈黙]ないです。私はあの、根暗でしたけど、いじめみたいなことはなかったです、はい。クラスの子もみんな優しかったですし、先生だってその、悪い人ではなかったです。

エージェント中西: ストーカーとかの心当たりは? 何か怪しい不審者に会ったことがあるとか?

遠藤氏: [約7秒間沈黙]ありません。そもそも私をストーカーする人なんていません。今だって昔だって、ほら、私はこんな感じの根暗ですから。仮にロリコンの変質者がいたって、私になんか見向きもしませんよ。不審者だって、そんな話は聞いたことないですよ。私が憶えてないだけかもしれませんけど。

[以降は重要度が低いため割愛]

<録音終了>

現在、回収された物品群はサイト-81██の標準低危険物収容ロッカーにて保管されていますが、SCP-XXX-JPは████中学校の校庭内での出現を続けています。

ERROR

The poppono032's portal does not exist.


エラー: poppono032のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6765147 ( 24 Aug 2020 12:24 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License