GoI - 生まれえぬもの

生まれえぬもの

番号: GoI-1860

概要: 生まれえぬものは、反出生主義を基本理念としてアノマリーの開発・製造・使用を行っている組織です。世界的な展開が確認されていますが、日本における活動が最も積極的です。

主な目的は、人間などを対象としてその出生を妨害・禁止・根絶することです。これはアノマリーや社会的手段を通して実行されますが、その内容は極めて計画的・間接的・平和的なものであり、参考となる情報が少ないため立案者の特定は困難です。この活動は将来的に種の絶滅という結果に繋がりますが、生まれえぬものは活動の根拠を「子供を思いやる気持ち」や「理性的・論理的な結論」に置いていると主張しています。

組織としては、資本家や研究者など社会的地位の高い人物によって体系的に構成されている考えられます。組織内には独自のネットワークやアノマリーの開発・運用を担当する役職が用意されており、非常に高度な情報の共有・統制・管理体制が築かれていると推測されます。現状において、財団は生まれえぬものについての情報をほとんど有していないため、具体的にどのような人物が中心となって活動を行っているかは不明です。

生まれえぬもののタグが付いた全文書は、[Eroor: Undefined variable]を参照してください。




人間にとってもっとも善いことは、生まれなかったこと、存在しないこと、何者でもないことだ。




Q. これはなに?
A. NonSapareAudeNonSapareAudeの妄想として生まれてしまったGoI-1860("生まれえぬもの")の設定を捏ね繰り回したり、練り上げたりするページです。いつか本当にGoIとして登録されたらいいね。

Q. 反出生主義って?
A. 誤解を恐れず簡単に表現すれば、「生まれてこないほうが良かった!」という思想です。無論、反出生主義者の中にも自分の能力の低さを環境のせいにしたいだけの人もいれば、この世の中に可哀想な赤ん坊を同意もなしに引き摺り出すなんていう非道はしたくないという人もいます。かくいう私も反出生主義者ですが、前者か後者かは貴方の判断に委ねます。

Q. このGoIはなに?
A. 反出生主義を基盤として、出生という行為をアノマリーなどを使って防ごうとする組織です。根本的な理由は本人の性嫌悪だったり親への憎悪だったり様々ですが、「出生という行為が起こることを防ぎたい」という思いは一緒です。

Q. このGoIの特徴はなに?
A. 彼らが理知的で計画的なこと。彼らはアノマリー使用することで負うことになる様々なリスクを理解しているため、慎重に慎重に回りくどい方法で計画を実行します。

Q. 慎重にって、具体的にどのように?
A. もし彼らが繁栄の街灯を消したいと思ったらどうするかを紹介しましょう。彼らはそれを物理的に破壊したり、買い手全員を痴呆にしたりしません。彼らは主に社会的な手段を使います。つまり日本生類創研の大株主に対して人脈やアノマリーを使用してこのアノマリーの売れ行きが地を這いずり回っていると思わせたり、このアイテムの倫理違反を過剰に見せたりします。必要ならば大株主の記憶を消したり追加したり、記憶処理を実行した人の記憶を消したり追加したりするかも知れません。つまり、彼らは非常に慎重です。この慎重さは財団のそれとかなり似通っています。

Q. なにが危ないの?
A. 実際、彼らは平和的な手段を使います。不必要に人をぶち殺したり、あるいはぶち殺したりするようなアノマリーを野放しにすることはありません。しかしながら、これは反出生主義そのものの問題として、終局的に人類は滅亡します。誰も何も産まないのですから。もちろん、クローンも駄目です。彼らはこの世をあの世以上の地獄だと思っているので、もう命がこの世を体験することがないようにしたいのです。

Q. ちょっと話がズレるけど、生きたくないなら死ねばいいのでは?
A. この疑問が頭に浮かぶ人がいないよう願います。反出生と反生存は別物です。彼らだって死ぬのは怖いのです。生まれてしまったものは仕方ないのですから、生きるしかありません。過去改変ができたら彼らが何をするのかはわかりません。

Q. 書いてみたい。
A. まさかいるとは思いませんが(私もまだ記事を作っていないため)、もしそんな方がいればぜひ!歓迎しますよ。ヘッドカノンも何も気にせず自由に書いちゃってくださいませ。ただ私が言うのもなんですが、彼らは記事にとって相当にめんどくさい存在になるのではないでしょうか。だって慎重で地味で、なにより性的タグがほぼ必須になりそうなものですから。


私のヘッドカノンとして

  • 入団テストがある。迂闊な人員を弾くため(もっとも、この組織の存在を能動的に知った時点で能力は高い)。
  • 組織内のうちに家庭事情や異性との関係で心的外傷を負った経験がある人物が多数おり、その境遇の類似性から仲間意識が強い。バックストーリーが書きやすくはある。
  • シオラン派、ベネター派、ショーペンハウアー派などの思想的な派閥がある。しかし、衝突はほとんど起こらない。
  • トップや幹部などについては未定。もしかしたら存在しないかもしれない。

ERROR

The NonSapereAude's portal does not exist.


エラー: NonSapereAudeのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6762143 ( 24 Aug 2020 10:38 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License