"Hopes And Dreams"

このページの批評は終了しました。

rating: 0+x
blank.png

監督評議会より通達


我々はSCP-XXX-JPを人類に対する即時の脅威として認識しています。SCP-XXX-JPは実質的に収容不可能であり、また副次的な情報災害はSCiP.NETを汚染しています。SCP-XXX-JPは未知の脅威事象です。

2021年のSCP-XXX-JP基底現実発生事象の確認により、当該オブジェクトは即時の破壊・終了対象と判断されました。今後のSCP-XXX-JPに関するあらゆる情報は機密解除扱いとなります。

我々はこの現実を保護する最後の要塞です。人類文明の維持のため、あらゆる手段を尽くしてください。これは我々からの最後の通達です。

確保、収容、保護。この世界が狂気に囚われないために。


 
 
 
 
 
 
Apollyon
image

SCP-XXX-JP-σ18に存在する建造物

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPの収容は形而上学的/非現実領域の完全な離隔によって確立されます。世界オカルト連合、各国政府との協定の下、SCP-XXX-JP-A個体との戦闘には大規模な資産が導入されます。またこれらの事象に関する如何なる計画もその必要性が認められた場合、戦力としてSCP-XXX-JP-σ18へと導入されます。当報告書は“壊された虚構”シナリオの発生に伴い、機密解除となります。全ての職員はSCP-XXX-JPに関する更なる研究に努めてください。また、情報災害を有するものなどを除く全てのオブジェクトの収容プロトコルが見直され、それらの資産はSCP-XXX-JPの収容に集中的に導入される予定です。

image

SCP-XXX-JP-σ18~σ35エリア空中写真。ターゲットはσ18エリア。

全てのSCP-XXX-JP-A個体は即時の終了処分対象となります。作戦実行時には必ずハイズビル幽体固定法儀式を実行し、SCP-XXX-JP-A個体群を実体化させた上で交戦状態へと突入してください。可能であればSCP-XXX-JP-A個体をサンプルとして収容した後、夢想サイト-08へと転送してください。転送された個体は実験及び尋問のために利用されます。現段階で転送可能な物資量の規模より、戦闘時には可能な限り弾丸や装備品の消費を抑えること、少数部隊での作戦実行が推奨されます。

追記: プロトコル・ロストユートピアに基づく作戦計画及びその実行内容はこれらの戦闘プロトコルより優先されます。世界オカルト連合との協定に基づき、各自排撃班との連携の下、SCP-XXX-JP-A個体群との戦闘に注力してください。

説明: SCP-XXX-JPはヒトの睡眠時表象   一般的に"夢"と称される  に存在する形而上学的/非現実領域への"ネットワーク"、またヒトの精神が睡眠時に接続されるようになった形而上学的/非現実領域の総称です。全てのヒトは睡眠時に強制的にSCP-XXX-JPへと接続されるようになっており、これによって接続したヒトの精神表象はSCP-XXX-JP内部での干渉を受けるようになりました。

SCP-XXX-JP内部ではヒトは精神表象となって存在することが可能になります。精神表象は選択的に実体化することが可能であり、物質・非物質と物理的に相互作用することが可能です。一度SCP-XXX-JPに接続したヒトの精神表象が覚醒するための手段は不明であり、全人口の26%以上はこのプロセスにより現在昏睡状態にあるものと推測されます。これにより、財団はEK-ζ-クラス"終末の夢"シナリオ2の発生を宣言しました。

SCP-XXX-JPは2021年初頭、財団の歴史観察計画部門によって基底現実世界への異常な干渉を検知したことにより発見、事態の把握に至りました。当時既にSCP-XXX-JPによる影響で累計200万人以上の死者数を記録しており、これらはSCP-XXX-JP内部で死亡したことによるものだと推測されています。この死者数にはSCP-XXX-JP関連事象による財団内部での殉職者数も含まれています。事態は隠蔽不可能なものであると判断した監督評議会の宣言により、財団はヴェールを放棄し、"壊された虚構"シナリオ3の発生に至りました。この宣言は世界オカルト連合との緊張緩和状態の宣言、並びに各国政府の協力を得ることを目的になされました。また、大規模な死者数の発生の原因としては後述するSCP-XXX-JP-Aの存在が挙げられています。

SCP-XXX-JP-AはSCP-XXX-JP内部に存在する人型の実体です。肌色や容姿などの形質的特徴は個体によって異なり、また全ての個体はヒトに対し極めて敵対的です。SCP-XXX-JP-Aは集団でコミュニティを形成するなどして生活しており、またSCP-XXX-JP-Aによって造られたと思われる建造物もSCP-XXX-JP内部に存在します。現在までに確認されたコミュニティは全てSCP-XXX-JP-σエリアとして指定されており、監視や戦闘が続けられています。

これまでの調査で少なくともSCP-XXX-JP-Aはヒト並みの知能を有していることが判明しており、これまでの戦闘において「M4カービンに酷似した全長80㎝程の小銃」「奇跡論に基づくアキヴァ放射4を応用した特殊な大砲のような兵器」「生命を持つ有機的な物質によって構成された特殊な拳銃」などの兵器が確認されています。またσエリア全域には少なくともその規模からSCP-XXX-JP-A個体が7,800万体以上存在すると考えられており、全個体の終了及び収容は実質的に不可能なものだと断定されました。

現時点でSCP-XXX-JP内部に極小規模な機動部隊の導入と簡易的なサイトの設立に成功していますが、依然としてSCP-XXX-JP-A個体群に対応できる兵力の導入には至っていません。この時点で全世界での死者数は500万人を記録しており、大多数がSCP-XXX-JP-σ18、σ23、σ56、σ58、σ76他23エリアへの侵入による死亡だと考えられています。この事態を受け、世界オカルト連合との交渉が行われました。

協定の締結に伴い、世界オカルト連合=財団=国際連合軍によるプロトコル・ロストユートピアが計画・実行されました。

日付: 2021/01/03


部隊名: 機動部隊ラムダ-182("乱数閲覧者")、機動部隊ロー-101("戦場清掃員")、機動部隊オメガ-94("匿名希望")、排撃班2565"BAD TIME(サイアクなひと時)"

場所: SCP-XXX-JP-σ18エリア

目標: σ18エリア中枢の実体の破壊及び収容

戦況及び脅威レベル:


[10:18] σ18に常駐していた機動部隊及び排撃班がσ18都市部へと侵攻する。同時刻、SCP-XXX-JP-A個体群と接触、交戦状態へと突入。

[10:27] 特設作戦本部 - 夢想サイト-08-γの設立。同時刻、SCP-XXX-JP-Aによって構成された大隊と機動部隊ロー-101が衝突。両者とも多大な犠牲者数を出しつつも、僅かながら機動部隊側が劣勢と見受けられる。

[10:45] GOC航空部隊によるSCP-XXX-JP-A群への空襲が行われる。これにより前線が崩壊。

[10:48] 機動部隊ラムダ-182が進軍。この時点で財団機動部隊はσ18エリア都市部への侵入に成功した。

[10:50] GOC航空部隊がSCP-XXX-JP-Aによって狙撃され、全機墜落。同時刻、都市部でメトカーフ非実体反射力場発生装置が展開され、SCP-XXX-JP-A個体群が実体化する。財団機動部隊は主力兵器を通常のライフルへと変更。

[11:00] 機動部隊隊員が「巨大な卵のような実体」があることを報告する。

[11:05] 都市部中枢へと侵攻していた機動部隊ラムダ-182隊員が何らかの影響によりロスト。同時刻、何らかの実体の咆哮が記録される。

[11:06] 未知の巨大実体が出現。現場の信号が全てロストする。

Waiting……

GOCデータベースより引用

脅威ID: KTE-9028-Baku "夢を喰らう者"

認可レスポンスレベル: 4

概要: KTE-9028-Baku(以降"対象"と表記)とは、これまでに確認されたどの生物とも異なる生体的特徴を有する巨大神格実体である。全長は凡そ40m、現在σ18エリアにて停滞している。測定不可能な規模の第六生命エネルギーを有しており、定期的にアキヴァ放射を発生させる。SCP-XXX-JP-A個体群からの信仰が極めて強く、前線の戦闘部隊は苦戦を強いられている。

交戦規定: KTE-9028-Bakuの破壊は直接的な戦闘によって達成されることが望まれる。ただし従来の兵器では対抗できない程の高い耐性を有しているため、通常兵器での戦闘は非推奨である。

我々が直面している喫緊の脅威、及びSCP-XXX-JPの異常性を考慮し、異常性に曝露した民間人の救出は不可能なものであると断定されました。よって、ここにプロトコル・ロストユートピアの改訂を宣言します。

プロトコル・ロストユートピアの最終目標はSCP-XXX-JP内部での人類文明の再建です。全ての支援は夢想サイト-01を中心として展開され、基底現実での作戦本部は引き続きサイト-9Kに指定されます。この事象は財団が発足して以降初めての事態であり、最早我々には対処不可能なものと結論付けられています。

終末の夢を見る者たちよ、どうか我々をお許しください。

夢を見る事のない者たちよ、どうか我々の失態をお許しください。

日付: 2021/01/03


部隊名: 機動部隊オメガ-94("匿名希望")、排撃班2565"BAD TIME(サイアクなひと時)"、機動部隊シグマ-76("NIGHTMARE")、機動部隊ベータ-28("抗う受刑者ら")、排撃班2562"Sleepwalkers(夢遊病者たち)"

場所: SCP-XXX-JP-σ18エリア

目標: σ18エリア中枢の実体の破壊及び収容、KTE-9028-Bakuの破壊、SCP-XXX-JP-A個体群の無力化

戦況及び脅威レベル: ● 黒


[11:58] 機動部隊シグマ-76、ベータ-28、2562隊がσ18エリアへと到着する。σ18では既に機動部隊オメガ-94が交戦中であり、周囲のSCP-XXX-JP-A個体群は辛うじて2565隊により抑えられている。

[12:09] KTE-9028-Bakuが口のような部分から高濃度のアキヴァ放射を発生させる。オメガ-94のメンバー14名がロスト。

[12:12] 機動部隊/排撃班のメンバーがKTE-9028-Bakuを迎撃するが、目立った損傷は与えられず。KTE-9028-Bakuの振り下ろした脚によって部隊員22名が死亡する。

[12:27] 2562隊による奇跡論的術式の施された砲撃がKTE-9028-Bakuに直撃する。KTE-9028-Bakuは砲弾の直撃した部位を中心に分裂する。目立った外傷は無し。

[12:34] KTE-9028-Bakuが触手でGOC航空部隊を撃墜する。副次的被害により2565隊の大多数が航空機の爆発に巻き込まれる。

[12:56] 上空50mの位置に次元ポケットが発生し、内部から奇跡論的術式の施されたクラスター爆弾が投下される。爆弾はKTE-9028-Bakuに直撃し、KTE-9028-Bakuは唸り声を上げる。

[12:57] 次元ポケットから更に焼夷弾が投下される。全弾KTE-9028-Bakuに直撃し、KTE-9028-Bakuは悲鳴を上げながら縮小していく。

[12:59] 次元ポケットから機動部隊隊員と思われる人型実体が複数降下する。

[13:00] サイト-9Kより「機動部隊ニュー-76の転送が完了した」旨の通達が送付される。

部隊名: 機動部隊シグマ-76("NIGHTMARE")、機動部隊ベータ-28("抗う受刑者ら")、排撃班2562"Sleepwalkers(夢遊病者たち)"、機動部隊ニュー-7("下される鉄槌")

目標: σ18エリア中枢の実体の破壊及び収容

戦況及び脅威レベル: ● 黒


シグマ-76"クリス": サイト-08へ、こちらシグマ-76。我々はσ18エリア深層部へと到達した。

ベータ-28"エリック": 外では別部隊がKTE-9028と交戦中。我々は更に奥へと進む。

2562"エドワーズ": 財団の奴らと協力するのはこれが初めてだ。何かあれば俺たちは自分で身を守れる。お前らは人の心配をする必要はないと覚えておけ。

ニュー-7"マーマデューク": EVE効果流検出器によれば必ずここに何かいる。臆するな、我々は元より死ぬ運命だ。

シグマ-76"ジェラルド": おい、あそこに誰か座ってねぇか?

SCP-XXX-JP-A: 外界の人間か。私を殺しに来たのか?

ベータ-28"エリック": あぁそうさ。お前を殺せば"ネットワーク"は消滅するんだろう?

SCP-XXX-JP-A: まぁ、そんなところだ。この動力炉がアレを維持している。しかしまぁ、驚いたよ。ただのヒトがここまで力をつけているとはな。正直、ここまで辿り着くと思わなかった。

ニュー-7"マーマデューク": よく喋る塵だな。

SCP-XXX-JP-A: しかし依然として進行に狂いはない。今頃ネットワークを介して"現実"に我らの子が出て行ったことだろう。ここも"現実"も、支配するのは"我々"だ。

ベータ-28"エリック": お前を消せば。動力炉を破壊すれば、さしずめ移動中の"子供"も切断に巻き込まれてお陀仏になるんじゃねぇのか?

SCP-XXX-JP-A: そんなことを話すとでも?まぁいいじゃないか、取引をしよう。私を見逃せばここに来た人々は皆助けてやろう。

2562"エドワーズ": ほう、本当に約束するか?

SCP-XXX-JP-A: 勿論さ。約束しよう。

シグマ-76"ジェラルド": 一つ、言っておこうか。能無しのエイリアンが。"他に我々を守る者はいない"。人類を守るのは今までも、これからも、俺たちだ。

SCP-XXX-JP-A: 何が言いたい?

シグマ-76"クリス": お前の介添えなんかなくとも、人類は"ココ"でうまくやっていける、そういうだけの話さ。どうせ信じたところで、皆殺しにされるのがオチだろう、違うか?

SCP-XXX-JP-A: 愚かな。

シグマ-76"クリス": 俺たちは例え悪夢だろうと生き抜いて見せる。それが俺たち"人類"だ。

[銃声]

補足. 事態収束宣言

σ18エリアの完全な破壊によって、SCP-XXX-JPは機能を停止しました。当該インシデントによる死者数は世界人口の44%に相当するとされており、国際社会は大規模な混乱状態に陥りました。明日、正常性維持機関の緊急会合が行われた後に正式に公式な組織として財団が発表される予定であり、今後の活動によって人類文明の再構築が行われる予定です。

SCP-XXX-JP内部に取り残された人々は形式上の喪失判定を受けます。プロトコル・ロストユートピアは現在も実行中であり、夢想サイト-01、08を中心として人類文明の再構築が行われていく想定です。

当該インシデントの収束に伴い、全てのオブジェクトの収容プロトコル並びに使用されたThaumielオブジェクトに関する情報の見直しが行われる予定です。これにより当報告書にも再度セキュリティクリアランスによる制限が設けられる予定であり、当報告書は一連の事象のアーカイブデータとして恒久的に保存され続けます。

現在監督評議会によって当オブジェクトのNeutralizedへの再分類が検討中です。
 
 
 
 
 

 
 
 


tag未定



ページ情報

執筆者: Enderman_desu
文字数: 19860
リビジョン数: 40
批評コメント: 2

最終更新: 01 Mar 2021 15:43
最終コメント: 23 Feb 2021 05:07 by LRLG

    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The Enderman_desu's portal does not exist.


エラー: Enderman_desuのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6759963 ( 24 Aug 2020 05:02 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License