死者は二度死なず(原題:The Dead Never Die)
rating: 0+x

Over the hill.
Over again.
Touch the jewel.
And live once more.
Fight in the darkness.
Die in the light.
Over the hill.
Over again.

丘を越えて
もう一度
大切な人と出会い
再び生きよう
闇の中で刃を振るい
光の中で死す
丘を越えて
もう一度だけ


Ashlynn recited the prayer to herself as she clasped her hands together. She drew her sword and laid it out before her, and with one slow motion, cut a straight line across her palms. A prayer to the god of death served one well in the Waste, although not everyone had the clarity of mind to realize that.

アシュリンは両手を合わせて祈りの言葉を唱えた。彼女は剣を引き抜くと目の前に置き、緩慢な動作で自身の手のひらを一直線に切り裂いた。死神へと祈る心は棄てられた地の中では役に立ったが、そうした者はその事に気付くほどに明晰な心を持っているという訳ではなかったのだ。

Her master, Lord Hubris, looked down at such shameful displays of faith. He hated most gods, but was particularly resentful of Abirt. Ashlynn wasn't sure why, but she knew better than most not to question Lord Hubris. Still, she would never forget the things her mother taught her. And what Lord Hubris didn't know wouldn't hurt him.

彼女の主であるヒュブリス卿は、そのような恥ずべき信仰の表現を見下していた。彼は殆どの神を憎んでいたが、特にアビルトに対しては憤りの念を持っていた。アシュリンはその理由まで詳しく知らなかったが、それがヒュブリス卿に尋ねてはならない事だというのは誰よりもよく知っていた。それでも、彼女は母の教えを決して忘れたりはしない。それに、ヒュブリス卿が知らない事で彼を傷つけてしまうような事もない。

The dunes weren't more than two days walk from Portsman, and Ashlynn spent the majority of that time wondering exactly what it was Lord Hubris wanted from this Ceitu. He'd been particularly interested in one of the old Wonders. Something square, made of metal with a face of black and white.

ポーツマンから徒歩で二日もかからない砂丘の上で、アシュリンはヒュブリス卿がこのサイトュに何を求めているのかについてを考えていた。彼は古の不思議の一つに興味を持っていた。四角くて、金属でできた、黒と白の顔のあるものだ。

She hoped she had enough room in her satchel.

彼女は、肩掛けの鞄に十分なスペースがあることを期待していた。


Somewhere in the distance, the undead shuffled through the sands. Their old home, the Ceitu, lay half-buried. Its white walls were a stark contrast to the beige, desert sand that covered this part of the Waste. If the undead had any decency, they'd do the Waste a favor and go back home.

どこか遠くでは、アンデッド達が砂上を闊歩していた、彼らの古巣であるサイトュは半分が埋もれていた。その白い壁は、棄てられた地を覆い隠すベージュ色の砂漠の砂とは反対であった。仮にアンデッドに良識があったのならば、棄てられた地へとご親切に帰郷してくださるだろう。

But the New Men were exceptionally uncouth.

だが、新たな人は非常に粗野でいらっしゃるのだ。

Their behavior was more than enough to drive the most sensible travelers away. And if for some reason one were to think about approaching, the overwhelming amount of them in this part of the Waste would deter almost anyone.

彼らの行動は、賢明な旅人を遠ざけるのには十分すぎるほどだった。何らかの理由で近づこうと考えても、棄てられた地には圧倒的な数、彼らがいるので大半の人は躊躇ってしまうだろう。

Almost.

大半の人はね。

Ashlynn slipped by the hoard, trying her best to move with the sand as the breeze carried it toward the Ceitu. The undead didn't have the best eyesight, and she probably didn't need to take such complicated precautions but one could never be too careful.

アシュリンは砂塵をすり抜けると、風に運ばれる砂と同じ方へと動くように努めた。アンデッドは視力が良くない故に、こうにも複雑な警戒をする必要なんてないのかもしれないが、用心しても、しすぎるなんて事はない。

She cut open the door to the Ceitu with the circular blade she procured earlier, careful not to make too much noise. The undead were a ways away from her, but sound traveled far on the sandy winds. Once a person-sized hole was cut into the door, Ashlynn descended into the Ceitu.

彼女は音を立てないように注意しながら、先程入手した円形になった刃でサイトュの扉を切り裂いた。アンデッドは彼女から遠く離れたところにいたが、音は砂の風へと乗って遠くまで届く。人の大きさくらいの穴が空いたところで、アシュリンはサイトュの中へと入っていった。

Ashlynn had been to places before, but this one was different. She could almost hear the ghosts of the old world speaking to one another in the walls. Fear starting to swell in her stomach, and Ashlynn squinted her eyes to see a bit better in the darkness. She explored the Ceitu with her senses on high alert, marking doors so she wouldn't get lost.

アシュリンはこのようなサイトュへ訪れる事は初めてではなかったが、ここだけは他と違っていた。彼女は壁の中から、旧世界の亡霊達がお互いに話し合っているのが聞こえて来るような気がした。恐怖で胃の中が膨張するのを感じ、アシュリンは暗闇の中でも少しは良く見えるようにと目を細めた。迷子にならないように扉へ印をつけ、五感を研ぎ澄まし、サイトュの探索をした。

The halls reeked of death. Ancient blood spatter stained the metal walls dark red, and the ghosts spoke in great volumes near those spots. Ashlynn's imagination began to wander as she discovered more bodies the further down she went. Surely some of the Old Ones had been killed and risen again as New Men when their world ended, but it seemed not all of them met that fate. Hopefully, there wasn't anything down here that was still roaming the halls.

ホール内は死臭を放っていた。飛散した古代の血痕が金属製の壁を錆びたような色へと染め上げ、その近くに亡霊の大声で話す声がした。アシュリンの処理能力は、彼女が下へ行けばいくほど多くの死体を目にすることとなり、迷いを見せ始めた。確かに、彼らの世界の終焉の頃、古き者のいくつかは殺されたのちに、新たなる者としての再復活を果たしたのだが、彼らの全てがそのような運命にあったわけではなかった。ここにホール内を徘徊するそれがいないことを願うばかりである。

Ashlynn steeled her nerves. Lord Hubris was not one to be disappointed twice.

アシュリンは気を引き締める。ヒュブリス卿は二度も失望して下さるような人ではない。

A shadow flickered at the end of the hall, and Ashlynn drew her sword. She said the prayer to Abirt under her breath and touched the ring on her finger with his symbol on it, then approached.

ホールの端に影がちらつき、アシュリンは剣を抜く。息を潜めてアビルトへの祈りの言葉を唱えると、指にはめた彼のシンボルの描かれた指輪に手を触れ、その正体へと近づいた。

Ashlynn tightened her grip, ready to decimate whatever had cast the shadow at the end of the hall. The Ceitu was home only to Monsters and Wonders, a lesson Ashlynn learned when she was a much younger, more naive explorer. She held her sword high above her head as she crept around the corner and braced herself.

アシュリンは剣を握る力を強め、ホールの端へと影を落としたものを破壊する準備を行っていた。サイトュには不思議と怪物しかいない、なんて話はアシュリンがもっと若く、素朴な探検家だった頃に学んだ教訓だ。彼女は剣を頭上高くへと掲げて、ホールの角へと忍び寄り、身構えた。

The only thing she saw was a small, familiar creature staring back at her with beady eyes. It was about half her height and far too fluffy to be spelunking on its own. The creature barked and smiled back at her. Ashlynn wondered how it got this far down unharmed, and then she spotted the hole in the ceiling that led to the surface. She shook her head.

彼女は目をぎらぎらとさせた見覚えのある小さな生き物が、彼女を見つめてきたのを目にしたのみであった。それhs彼女の身長の半分程度で、探検をするにはあまりにもふわふわとしすぎているようであった。その生き物は吠えると、彼女へと微笑んだ。アシュリンはどうやってこの生き物は無傷でここまで降りてこられたのだろうなんて考えていると、天井に地表へと通じる穴を見つけた。彼女はうんうんと頷いた。

"Alpine, you foolish beast. You scared me half to death."

「アルピン、バカな獣ね。死ぬほど怖かったじゃないの」

Alpine barked, her tail wagging furiously.

アルピンは尻尾を激しく振って答えた。

"Well, I suppose I couldn't ask for a more loyal companion, could I?" Ashlynn stroked the fur on Alpine's head and looked down the hall she emerged from. Dimly lit as it was, Ashlynn could still make out the markers on the wall she had left on her last visit. There were a few unexplored rooms, and perhaps that meant there were still more Wonders to be had here.

「ま、これほど忠実な仲間はいない、そうだよね?」アシュリンはアルピンの頭の毛を撫でながら、自身の出てきた廊下を見下ろしていた。薄暗いけれど、アシュリンが前に残しておいた壁の印は確認できた。いくつか未踏破の部屋があり、恐らく、まだまだここには多くの不思議があるということを意味しているのだろう。

Ashlynn was usually far more cautious than this; she would often abandon a Ceitu the second she heard a noise she couldn't recognize, or see something even remotely frightening. But Alpine's sudden appearance gave her a renewed sense of confidence. The dog could drill holes through solid steel like it was swimming through water.

アシュリンは普段はもっと用心深く、聞き覚えのない音を聞いたり、少しでも怖いものを見てしまうと、すぐにサイトュを去ってしまうことが多い。しかし、アルピンの唐突な出現は、彼女に新しい自信を与えた。アルピンは水の中を泳ぐように鉄へ穴だって開けられる。

Between Ashlynn's own skill with the blade and Alpine's ability, most of the creatures in the Waste (and the Ceitu as well) stood no chance against them.

アシュリンの剣の腕前とアルピンの能力の前では、棄てられた地の殆どの生き物達(もちろんサイトュの中のものも)には勝ち目などなかった。

Ashlynn approached a door she hadn't marked. The strange device that hung on the wall to the door's right had a red light above nine strange symbols. The symbols were from the old times, Ashlynn had seen them before in the ancient texts. She did not know what they were, only that pressing down on them in the right order occasionally opened doors in the Ceitu.

アシュリンは印をつけていないドアへと近付いた。扉の右の壁に掛けられている奇妙な装置は九つの奇妙なシンボルの上で赤い光を放つものであった。そのシンボルは旧世界のものであり、アシュリンは古文書の中で見たことがあった。彼女はそれが何であるのかは知らなかったが、正しい順序でそれを押すと、時々サイトュの扉が開くこともあった。

She tried pressing on the symbols in a dozen different combinations, and the light remained red still. She tried the combinations of other doors in the Ceitu, and the light remained red. She tried pressing all the buttons at once, and the light remained red.

何十通りもの組み合わせでシンボルを押してみたが、ランプは依然として赤いままだった。サイトュの他の扉の組み合わせも試してみたのだが、ランプは赤いままだ。一度に全てのボタンを押してみても、ランプは赤のままである。

Alpine barked.

アルピンは吠えた。

"Ah, you're a genius Alpine!" Ashlynn smiled. She pointed at the door, "Have at it."

「ああ、あなたは天才ね、アルピン!」アシュリンは笑顔になった。彼女はドアを指差し、「やっちゃって」と言った。

The beast beside her barked again and started shaking as if he were trying to dry himself. Soon he picked up speed, and soon after, Alpine's body was little more than a blurry mess of rotating fur, The ground trembled as Alpine stepped forward.

傍の獣は再び吠え、体を乾かすためにするようにぶるぶると体を振った。すぐにそのスピードは増して、アルピンの体は回転するぼやけた毛皮になっただけであった。アルピンが一歩前へ踏み出すと、地面が振動する。

His nose pierced the metal with ease, and soon after the door slid open. The stench of ancient air assaulted Ashlynn's nose. She cringed.

彼の鼻は簡単に金属を貫通して見せ、ドアはすぐに開いた。古代の空気のにおいが彼女の鼻をつき、身震いをした。

And then she panicked as a deafening noise echoed through the halls.

そして、耳をつんざくような音がホール全体へと響き渡り、彼女はパニックに陥ってしまった。

"Geyre's forge!"

「この場はガイヤの鍛冶場なり!」

The noise did not stop, nor did it show any signs of getting any quieter. Alpine barked and growled at the ceiling. A voice was saying something in the old tongue, but Ashlynn couldn't recognize what it was saying. If she wasn't in the middle of a heart attack, perhaps she could have raked her memory and figured it out.

音は止まず、静寂の訪れる気配もない。アルピン天井に向かって唸ったり吠えたりしている。古い言葉で何かを言っている声はしているが、アシュリンにはその内容が理解できなかった。心臓発作でなければ、記憶をたどり解決へと進めたかもしれないが。

But at that moment, Ashlynn was solely focused on getting as far away from the Ceitu as she could.

しかし、その時アシュリンは、サイトュから少しでも離れることしか頭になかった。

Ashlynn snatched the object from within the room and stuffed it in her satchel. Luckily whatever lived in the room before she discovered it was small, although in her haste Ashlynn didn't get to look at what she had grabbed. All she knew was that it was a metal cube, and she prayed to Abirt that it was the Wonder Lord Hubris asked her to find.

アシュリンは部屋の中にあったものを手に取り、鞄へと詰め込んだ。幸運にも、彼女の発見したものは小さかったのだが、急いでいたためにアシュリンは自分が何を掴んだのか見る事は出来なかった。彼女が知るのは、それが金属の物体であるということだけなのである。彼女はそれがヒュブリス卿に頼まれた不思議である事をアビルトへと祈っていた。

Alpine was barking up a storm just outside. Soon enough he would start shaking, and Abirt knows how far down he would dig before he stopped. As soon as she left the room, Ashlynn knelt down and stroked Alpine's fur. He was calmer now, soothed down from a raging bark into a constant growl.

アルピンは外で大声で吠えていた。そのうちに彼女の体は震え出し、どこまで震えれば止まるのかはアビルトのみぞ知る。彼女は部屋を出るとすぐにしゃがみ、アルピンの毛並みを撫でてやった。アルピンは落ち着いていき、吠えていたのが唸り声へ変わっていった。

"We have to move!" She yelled.

「私たち、他のところへ行かないと!」彼女はそう叫んだ。

And out into the halls, they ran. Ashlynn followed the path she had marked on her way in, and soon found herself at the entrance to the Ceitu. She looked out into the Waste and noticed a rather large cloud of dust approaching from the west. Were dust clouds supposed to move that way? It wasn't like anything she had ever seen before.

そして、彼らはホールへと走り出した。アシュリンは扉につけていった印を辿っていくと、簡単にサイトュの入り口へと辿り着いた。彼女は廃墟を見ると、西より大きな砂塵の雲が近づいているのに気付いた。砂塵の雲というのはあのように動くものなのだろうか?今までに見たことのないような光景であった。

Were those… people?

あれは……人間?


The hoard of undead turned their heads east as they heard a noise in the distance. They'd wandered far from the hole in the ground they crawled out of, but a thousand years of undeath takes its toll on the brain. After a few years of walking in one direction, they all eventually stopped wandering and started waiting.

遠くで物音を聞いたのでアンデッドの群れは東へと顔を向けた。彼らの這い出てきた地面の穴から遠く離れていたところを彷徨っていたが、千年も死を忘れていれば、脳への負担は計り知れない。何年も一方的に歩き続けた後、やがて彼らはその場へと留まることを選んだ。

They were human once, as all New Men were. The Ceitu was their home, and the last place many of them saw before they perished. A few of them came here for salvation before the old world ended, more migrated just after it happened. Over the years, the old ones corralled here in search of something. Hope maybe? Or redemption.

全ての新しき人がそうであったように、彼らもかつては人であった。サイトュは彼らの故郷であり、彼らの多くが滅びる前に見た最後の場所である。旧世界が終わる前に救いを求めて来た者も、旧世界の滅んだ後に移住して来た者もいた。長い時間をかけて旧世界の人達は何かを求めて集っていた。それは希望か?あるいは、贖罪か。

Either way, they all met the same fate.

いずれにせよ、彼らは同じ運命を辿ったのだ。

And there they all stood. One great collective of what remained of the Old World's inhabitants. The hoard of orange and white shuffled aimlessly in place for the last thousand years. Most everyone with the slightest inkling of common sense avoided them. Most everyone around this part of the Waste kept quiet and to themselves, for they dare not alert the hoard.

そこには新しき人の全員が立っていた。旧世界の住人達の巨大な集合体として。白とオレンジの大きな集団は、約千年もの間、目的もなく彷徨っていた。多くの常識の持ち主達は彼らを避けるようにしていた。棄てられた地の新しき人達のいる場所の周りの大半の人は、静かに、そして自身へと何も警告しない彼らに対して平静を保った。

But they all heard that familiar sound coming from the east and, one by one, they shuffled east to investigate.

しかし、東の方より聞き覚えのある音がしたので、彼らは一人ずつ、東へと移動して調べる事とした。


Ashlynn's heart nearly leaped out of her chest as she saw the realized the dust cloud was coming straight for her. She had an easy time sneaking around the New Men the first time; they hadn't been paying any particular attention to anything before. But now they were active, and in far too great in number to evade.

アシュリンは、砂塵が自身へと向かってくるのを目にし、心臓が口から飛び出しそうになってしまった。最初は、新しき人達の間をこっそりと歩いていくのは造作もないことであったので、特別注意は払っていなかった。しかし今は活動的であり、数も多すぎるので回避する事は出来そうにない。

Alpine barked at something down in the Ceitu, then ran back into the red-tinted darkness. Ashlynn swore and ran after him. That stupid beast was her only companion in the Waste, and she would be sent to the afterlife before she let something happen to him.

アルピンはサイトュの中の何かへ向かって吠えた後、赤く染まった闇へと戻っていった。アシュリンは神に誓って彼を追った。あのバカな獣は彼女の棄てられた地における唯一の仲間で、彼に何かが起こるより前に、死後の世界へと送られるのは彼女となるだろう。

"Alpine!" She called as she chased the beast through the halls, "You're going the wrong way, foolish beast!"

「アルピン!」彼女はホール内で獣を追いかけながらそう呼んだ。「方向はそっちじゃないわよ、このバカ獣!」

But Alpine did not relent in his pursuit. Ashlynn tried to peer through the darkness but couldn't see anything clearly aside from Alpine in front of her. The beast barked at nothing. Ashlynn tried to calm him but nothing was working.

しかし、アルピンは追いかける姿勢を崩さなかった。アシュリンは暗闇を覗き込んでみたが、目の前のアルピン以外は何も見えなかった。獣は何もせず、ただただ吠えている。アシュリンは彼を落ち着かせようとしたが、それはうまくいかなかった。

Then Alpine flew threw the air into the wall. He let out a whimper as all his breath escaped him at once. Ashlynn's heart skipped a beat. She lowered her sword so that the tip was level with her chin. She couldn't see whatever Alpine could, but that didn't mean it wasn't there.

アルピンは宙を舞い、壁の方へと投げ出された。アルピンは息を一気に吐き出して、呻き声をあげた。アシュリンの心臓はバクバクと鼓動している。彼女は剣を下ろすと、その先が自分の顎と同じ高さになるようにとした。アルピンが何があったのかは分からないけれど、何もないわけではないのは分かった。

Ashlynn ran past Alpine and swung, letting out a shriek and connecting with the wall beside her. Sparks erupted from the strike. Vibrations shot through the blade and rocked Ashlynn's fingers. Her arm was trembling, but she didn't pay it any mind. Alpine was breathing heavily on the floor. Ashlynn noticed a wound on the beast, and how his blood was now mixing with the old, ancient blood that was already there.

アシュリンはアルピンを追い越すと、剣を振りかぶって悲鳴を上げながら傍の壁へと衝突した。その一撃で火花が散る。刃には振動が伝わり、アシュリンの指を揺さぶる。彼女の腕は震えていたが、それは気に留めるまででもなかった。アルピンは床の上で大きく息をしていた。アシュリンはこの獣が怪我をしていることに気付き、彼の血はすでに古代人の血と混ざっているのに気付いた。

She swung again. Again, her blade met the wall.

彼女は再び剣を振りかぶる。彼女の刃はもう一度壁とぶつかるのみであった。

Whatever she couldn't see struck her from behind and sent her face-first into the floor. She rose to her feet on uneasy legs. A trickle of blood leaked out of the crack on her nose. She touched it and winced. Then she felt a hard blow to her side and another to her back. Ashlynn slashed through the air time and time again, meeting nothing.

不可視の何かが背後から彼女を襲い、彼女は顔から床へと倒れ込んだ。彼女は不安な足取りで立ち上がる。鼻の切り傷から血がぽたぽたと流れ出ている。触れてみると、思わず声を漏らした。その後、脇腹と背中に強烈な一撃を食らった。彼女は何度も剣を振ったが、空を切り続けるだけで、何も起こらなかった。

Alpine's whining was getting quieter. Ashlynn rose to her feet and swung once more, finally connecting to something. She couldn't tell what she hit, only that it screamed like her. Her sword vanished, stuck in whatever it was that she couldn't see.

アルピンの鳴く声がだんだんと静かになっていった。アシュリンは立ち上がると、もう一度剣を振りかぶり、ついに何かに当てた。何に当たったのかは分からないが、自分と同じように悲鳴をあげたという事だけは理解できた。彼女の剣は消え、見えない何かに刺さったようであった。

It said something in the old language, then cursed her in the common tongue.

それは古い言語で何かを言うと、現在使われている言葉で彼女へと悪態をついた。

"God damn it!" The unseen thing said. Her sword appeared out of thin air, clattering on the floor.

「ちくしょう!」不可視の何かはそう言った。彼女の剣が何もない所から現れて、カタカタと音を立てて落ちた。

Ashlynn, understandably confused, ran to comfort Alpine. The bleeding was mostly superficial, and Ashlynn said a quick prayer to Abirt. She turned to the nothing, grabbed her sword and spoke.

アシュリンは当然の如く混乱しアルピンの痛みを癒す為に走った。出血は殆どが表面的なものであったので、アシュリンはアビルトへ素早く祈りを捧げた。彼女は何もないところへと向き直ると、剣を握って話した。

"H-hello?"

「や、やぁ?」

A head emerged, dark-skinned with matted hair. A thick beard sat on its chin, and there was a glistening red line running down the head's face over its left eye. The head stared back at her on an angle. It furrowed its brow as it said something she didn't understand.

艶のない髪に浅黒い肌の男の頭部のみが現れる。顎に太い顎髭があり、左目の上には赤い線がキラキラと輝いている。その顔は彼女を見上げていた。彼女が意味のわからないことを言ったので、彼は眉をひそめた。

"What?"

「何だ?」

The head said something else, this time sounding a bit different from the first language it spoke. Ashlynn still didn't understand.

その人物は何か別の言葉を話した。今度は最初に行った言語とは少し違う響きをしていた。アシュリンにはそれでも、理解できなかった。

"I don't understand!"

「何言ってんのか分かんないんだけど!」

The head sighed, "It appears I must speak this guttural language of yours. The New Men will be upon us soon. You need a suit."

その男はため息をつき、「俺はお前らのこのしゃがれた言葉を話さねばならないようだな。新しき人はもうすぐ俺たちの元へと来るぞ。お前にはスーツが必要だ」

"You could have killed Alpine!"

「あんたはアルピンを殺そうとしたじゃない!」

"You triggered a breach."

「新しき人の侵入のきっかけを作ったのはお前だ」

Ashlynn pushed her satchel behind her and backed up against the wall, "I'm just an explorer."

アシュリンは肩掛けの鞄を後ろにやると、壁に背を向けた。「私はただの探検家よ」

The head blinked twice and sighed, "Of course you are. This way. Leave the dog, he'll only slow us down."

男は二度瞬きをすると、「そのようだな。こっちへ来い、犬は置いて行けよ。足手まといになるだけだからな」

Dog? Ashlynn heard of "dogs" before, but all she knew that they had four legs and fur. Alpine was far too furry. And had far too many legs.

「犬?」アシュリンは犬という言葉を聞いた事はあるが、それは四本の足と毛皮を持っているというものだった。アルピンは毛が多すぎる。それに足の数もだ。

Either way, Ashlynn scooped up Alpine and ran after the head. It led her down further into the bowels of the Ceitu. Down twisting corridors with cracked floors, rusted walls, and splattered blood. The voices of the ghosts rang in her ears even louder than the noise screaming at her overhead. They stopped at a room. The symbols next to it pressed themselves and the door opened.

いずれにせよ、アシュリンはアルピンを背負い、頭部だけの男を追った。彼は彼女をサイトュの地下深くへと導いた。そこは床はひび割れ、壁は錆びつき、曲がりくねった廊下には、血痕が飛び散っていた。亡霊の声は、頭上で叫び声を上げる騒音よりも大きく彼女の耳へと入ってきた。その隣で、特定のシンボルがいくつか押されると、扉が開いた。

Inside was a yellow mass of machinery, unlike anything Ashlynn had ever seen before. It looked like a human, only larger and far bulkier than it ought to be. The tangled mess of wires and tubes at the joints frightened her. Just staring at the machine-made her uncomfortable.

その中には、アシュリンの今までに見たことがないような黄色い機械の塊があった。それは人間のようにも見えたが、人間よりもはるかに大きく、動くには重そうであった。関節部分にワイヤーやチューブが絡み合っているのを見ると、彼女は恐怖を覚えた。その機械を見つめるだけで、彼女は落ち着きを失っていた。

"Get in." The head ordered.

「入れ」男はそう命令した。

"But-"

「でも……」

The ceiling shook above them. The New Men had come home.

天井が揺れた。新しき人は故郷へと戻って来たのだ。

"Get in the damn suit."

「スーツの中に入れ」

Ashlynn looked at Alpine. The beast stared back at her, but it was still weak. She placed him on the floor and steeled her nerves once more. She said a prayer to Abirt, and approached the machine. It stared back at her through a cold, unfeeling helmet. It was alien to her. Another tremor from above drove her to step inside.

アシュリンはアルピンを見る。獣は彼女を見つめ返すが、まだ弱っているようであった。彼女はアルピンをもう一度床へと置くと、もう一度落ち着きを取り戻すようにした。彼女はアビルトに祈りを捧げると、その機械の中へ入ろうとする。それは無表情なヘルメットを通して彼女を見つめていた。その事は、彼女にとっては異質であった。また、上からの揺れが起こり、彼女はそれに誘われるかのようにして中へと入った。

The inside of the machine was oddly warm. Ashlynn felt as if she had eaten a feast for kings. All her fatigue disappeared almost instantly. She rose on uneasy feet and looked down at herself. Alpine was on his feet now and started barking.

機械の中は妙な暖かみを帯びていた。アシュリンはまるで王様へのご馳走を食べたかのような気分になり、疲労が一瞬にして消えた。彼女は不安な足取りで立ち上がると、自身を見下ろす。アルピンは立ち上がり吠えはじめた。

"Good," The head said before vanishing, "All we've got to do now is wait."

「よし」そう言って、男は再び姿を消した。「あとは、お前らがそこで待っているだけだ」

"Why are you helping me?" She asked.

「どうして助けてくれたの?」彼女はそう尋ねる。

"I'm not."

「さぁな」

Before Ashlynn could ask another question, the New Men were upon them. Ashlynn raised the sword to meet them, but they ignored her. The New Men shuffled in the room and sniffed the air, but none of them attacked. Ashlynn let out a breath she didn't know she was holding and walked through the empty halls of the Ceitu. She couldn't see the head anymore, but at least Alpine was following her.

アシュリンが別の質問をするより前に、新しき人達が前へと現れる。アシュリンは剣を振り上げてそれを迎撃したが、彼らは彼女を無視するだけであった。新しき人達は、部屋の内部の空気を吸い込んではいたが、攻撃してくるものはいなかった。アシュリンは無意識に息を吐き出すと、誰もいないサイトュのホールを歩いた。姿は見えなくなっていたのに、少なくともアルピンはついてきてくれていた。

Lord Hubris would not be happy to hear about this.

ヒュブリス卿はこの事について、お喜びにはならないだろう。

ERROR

The Tobisiro's portal does not exist.


エラー: Tobisiroのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6759215 ( 21 Aug 2020 09:12 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License