小さき勇者(原題:The Brave Little ー)
rating: 0+x

977 was special. It was indivisible, which was important to his people. Not as special as if he had been a mother as well, of course. But the people expected great things from him.

977は特別であった。それは、彼の民族にとって重要な事であった。勿論、彼が母ほど特別というわけではない。だが、人々は彼に大きな期待を寄せていたのだ。

The Creator thought this was nonsense, but was willing to let them think what they liked. It made no difference to him.

創造主はこれを馬鹿げていると思ったが、彼らが好きに考えても構わないと思った。そのことは彼にとっては些細なことであった。

He was woken up one morning by the jostling of 936. "Important mission," he said. "It could be dangerous."

彼はある朝、936がゴソゴソと動く音で目を覚ました。「重要な任務なんだ」と彼は言う。「この任務は危険かもしれない」

He roused himself, got his feet under him, and made his way to the Creator's room.

彼は自分を奮い立たせると、足元を確認して、創造主の部屋へと向かった。

It was still a fairly ramshackle affair. The other servants of the Creator were still building up their new base of operations.

部屋は未だかなり粗末なさまだった。他の創造主の下僕達は、新たな拠点を建てている最中なのだ。

"Ah, there you are, 977" the Creator said, smiling down at him. He arched his legs with pride that the Creator recognized him. Of course, they said the Creator knew all of his children by sight. "You're here for the special mission?"

「ああ、ここにいたんだね、977」創造主は彼を見下ろしてそう笑った。彼は創造主が自分を認めてくれたんだと言うことを誇りに思い、自分の足の折り曲げた。知っての通り、創造主は自身の子供たちをみんな見分けているらしい。「特別な任務の為に来てくれたのかい?」

"Here for the special mission," he agreed.

「特別な任務の為に参りました」彼はそう応えた。

"It will be dangerous," the Creator warned him. "There is a particular individual who has been sighted not far from our encampment. A former subject of the dearly departed Foundation. Like so many others, he's escaped and could do considerable damage. But he could be quite valuable as well."

「この任務は危険なものとなるだろう」と、創造主は彼へと警告した。「僕達の野営地からそう遠くない場所にある個体が目撃されたんだ。今は亡き財団の元オブジェクト。多くの他のもの同様、彼も逃げ出して、かなりの損害を与える可能性がある。それと同時に、彼は大変貴重な存在でもあるのだ」

"Not far?" he asked.

「それは遠くはありませんか?」彼は尋ねる。

"A few days walk or so for you. If you'll look at the wall, I've prepared a map. Study it. Also look at the drawing. It's not perfect, but it should give you an impression of what you're looking for."

「君が数日ばかり歩いてくれるかどうかだ。壁を見てくれ、地図を用意してある。これはスケッチであり、付け加えて言えば絵だ。この絵だって完璧じゃあない。だが、君が探すものの印象くらいは与えられる筈だ」

He looked at the materials hanging on the wall. The map was simple enough, just a point north and west of their camp. The drawing looked something like the Creator, but cruder. Larger mouth and teeth.

彼は壁にかかるその資料へと目をやった。地図は十分にシンプルなもので、自分たちのキャンプに北と西の地点を指すだけであった。絵の方は創造主に似てはいたが、大きな口と歯を持った、もっと粗野なものだった。

"Now, you must be careful," the creator admonished. "You are only to find information and return. Do not fight unless you are in danger. This is important. Do you understand?"

「さて、君が気をつけるべき事は……」創造主は忠告して言うには、「君は情報を見つけて帰ってくるだけで良い。危険時以外は戦わない事だ。これは大事だ。分かったね?」

977 repeated it back verbatim. He would not fail the creator.

977はその言葉をそのまま繰り返した。彼は創造主の期待を裏切るような真似はしない。

"Splendid. I only need to know where he is. Be careful. My control over this territory is tenuous as yet. We cannot afford the sort of losses he could inflict."

「素晴らしい。僕はただ彼の居場所が知りたいだけだ。気をつけてくれ。この地域での僕の支配力はまだまだ弱い。彼の与えるであろう損失に、僕らは余裕ではいられまい」

977 gave a salute in acknowledgement and hurried away.

977はそれを承知した上で敬礼し、急いで去っていった。

Before he headed out, he stopped in the Mother Hall. The walls and ceiling were still rough. They hadn't had much time to prepare their new home. It looked primitive, but he knew in time it would be a work worthy of his people.

彼は出かける前に、マザーホールへと立ち寄った。壁も天井も、まだ手入れされていなかった。新たな故郷へまだ準備する時間が十分にとれていないのだ。原始的ではあるが、時が経てば彼の民族に相応しいような作品になるだろう、なんて思った。

971 saw him enter. She was beautiful. To his eyes, she was everything a mother should be. He hurried over to her.

971は彼がマザーホールへ入るのを見た。彼女は美しかった。彼の目には、彼女の母親としてのあるべき姿が映っていた。彼は急いで彼女へと近付いた。

"My mission is important!" he told her. "You are to know."

「私の任務は重要である!」彼は彼女へとそう言う。「あなたもそれを知るべきだ」

"You are important," she said.

「あなたは重要です」彼女はそう言った。

"I only need to find information," he said. "I understand my important mission."

「私は情報を見つけるだけで良い」彼はそう言い、話を続け、「自分の重要な使命を分かっているんだ」

"You are important," she repeated. "I need my important."

「あなたは大切です」彼女は繰り返す。「私には大切なものが必要なのです」

He touched her gently. "I will be careful," he said.

彼は彼女へと優しく触れた。「気をつけるよ」と、彼は言っていた。

She made a small buzzing sound and tapped him gently on the head, a gesture of affection. He felt a small rush of elation, and knew he would do anything to protect her.

彼女は小さくブーンと音を立てて、彼の頭をポンポンと撫でた。彼は小さな高揚感を覚え、彼女を守る為ならばなんだってすると誓った。

"I will return," he promised, and left.

「私は必ず戻ります」彼はそう彼女に約束すると、去っていった。

He was soon outside of their encampment with its crude tunnels and shelters. The beginnings of something, he hoped, greater than it was. The Creator would see them through. He just needed to do his part.

彼はすぐに、粗雑なトンネルやシェルターのある野外地の外へと出た。これは何かの始まりであり、彼はそれがより大きいものであることを望んでいた。創造主も見守ってくださるであろう。彼は自分の役目を果たす、それだけでいいのだ。

When he reached the water, he waded in and was soon making his way slowly from one place of concealment to the next.

彼は水辺に着くと、泳いで中へと入り、隠れ場から次の場所へとゆっくり移動していった。

Several times, he was accosted by wildlife. Each time, he was able to dissuade or, in one case, disable and kill it. He did lose one leg to a small crocodile, but he suffered no serious injuries.

彼は何度か、野生動物に声をかけられた。その度、彼は野生動物の気を逸らすか、一度無力化して殺すこともある。小さなワニに片足を奪われた時だってあったが、重大な怪我ではなかった。


It was three days before he came across signs of something intelligent. A circle of stones filled with ashes. Stakes for setting a tent. The crushed and broken skull of a deer. He considered going back, but decided to wait until he had sighted the monster. The closer he was able to pinpoint the monster, the easier it would be for the Creator to find and deal with it.

三日後、彼は何らかの知的生命体の気配を感じ取った。灰で埋め尽くされた石の輪っかに、テントを張る用の杭、押し潰されて壊れしまった鹿の頭蓋骨。彼は戻ろうかと考えたが、怪物を目にするまでは待つ事とした。彼が怪物の位置を特定できたら、創造主がそれを見つけて対処するのが容易いものになるからである。

He rested nearby in a still pool before venturing on.

彼は近場の水溜りで休むと、次の場所へと向かった。

Soon he saw the smoke of a fire. He was excited, but still kept his pace slow, deliberate. The monster mustn't see him. He kept to the shallows and slowly crept forward.

やがて、火の煙を彼は見て、興奮覚め止まぬ状況であったが、ゆっくりとしたペースで慎重に移動していた。怪物に見られてはならぬ。彼は浅瀬に留まり、ゆっくりと目へ進んでいった。

He was getting near where he'd seen the smoke when bamboo walls closed around him. He tried to escape, but they boxed him in, and the frame he hadn't seen was lifted from the water. A colossal form, like the Creator but much bigger, stared down at him. The picture on the wall hadn't captured the size of the thing or the power. Its fleshy body bulged with muscle.

煙を見かけた場所の近くまで来ると、竹の壁が彼を取り囲んだ。彼はその壁から逃げようと試みたが、見たことのない体格の持ち主が水面より現れた。創造主のようであり、だがもっと大きく巨大な姿が彼を見下ろすばかりだった。壁の絵にはその大きさや力強さは表現できなかった。肉感的なその身体は筋肉で膨らんでいる。

"Oh, this is a bit much. I have not seen a crayfish this big since New Orleans was still a place. Tell me, little one, do you go well with butter?" Its accent was strange. Nothing like the clear, crisp diction of the Creator. It didn't help that it kept its teeth shut.

「あー、ちょっとやりすぎたな。こんな大きなザリガニはニューオーリンズがあった頃から見たことのない。教えてくれ、小さきものよ。君はバターに合うか?」
その言葉の訛りは奇妙であった。創造主の明瞭とした言葉遣いとは異なっている。歯を閉ざしているのだから、仕方がないのかもしれないが。

977 thought quickly. He had to find a way to break free, warn the Creator, warn the people. "You still have not seen a crayfish," he said, trying to buy time.

977は即座に思考を巡らせる。なんとかここを脱出して、創造主に、仲間たちに警告しなければならない。
「君はまだザリガニというものを見たことはないのかね」などと彼は時間稼ぎをするばかりであった。

"Merde! You're a talkative little one, aren't you?" The monster laughed. "Tell me, what is your home?"

「なんてこった!おしゃべりだね、君」怪物はそう言って笑った。「私に教えてくれ、君の家はどこだい?」

"From New Orleans," he said. His eyes darted back and forth, trying to find some escape, some hole he could slip down, if he could only escape the cage.

「ニューオーリンズだ」と彼は言うが、その目は泳いでおり、なんとか逃げ場を見つけようと試みていた。檻さえ抜け出せれば、どこかに抜け穴があるはずだ。

"Is that so? Then we must have a Mardi Gras. Come, let us dine, little one! My food is all well done." The monster moved in large, loping steps, its posture hunched. It set the frame on log where the butchered remains of a crocodile were set out. Organs and viscera were torn and strewn about.

「そうなのか?だったら、マルディグラを開催しないといけないな。さぁ、食事の時間にしよう、小さきものよ!私の料理は全て上手いからな」怪物は大股で歩き姿勢を崩す。そして丸太の上へ網を置き、そこへワニの屠殺死体を並べた。その内臓は、引き裂かれて散乱しているばかりであった。

"Let me go?" he asked.

「それ、片付けなくてもいいの?」彼は尋ねる。

"And lose my guest? Non. We must be friends. Do you not know to whom you speak? I am the great artist, Henri de Toulouse-Lautrec. You should be honored." The monster laughed even harder at that. More seriously, it added, "I am also King of France. But I am sure that you knew."

「そして私のお客さんを失うのかと?いいえ。我々は友人であるべきだ。君は誰に向かって話しているのか分からないかい?私は偉大なる芸術家のアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックだ。君は光栄に思うべきだとも」これには怪物も流石に大笑いしていた。「私はフランス王でもある。だが、君はそれを分かっているだろう」

"Henri-" 977 began.

「アンリ……」977がそう言い始めると

"King Henri," the monster corrected.

「アンリ王だ」怪物はそう訂正した。

"King Henri, what is your home?" he asked. He needed to stall a bit longer.

「アンリ王、あなたの家はどちらに?」彼はそう尋ねる。もう少し時間を稼ぐ必要が彼にはあったからだ。

"I am from the moon," the monster said. "I rode down on a chariot of gold. It was pulled, of course, by the sun."

「私は月から来たんだ」怪物はそう話す。「金の馬車に乗ってきた。もちろん、太陽に引っ張られた、ね」

"Of course," he said.

「勿論」彼はそう言った。

"I landed in a sea of champagne. It was so good! I lie. It was cheap. Probably made in California. But the fish were still pretty merry, no?" It winked at him, one giant bloodshot eye staring down.

「私はシャンパンの海へ降り立った。大変美味であった。いいや、それは嘘だ。安っぽかったよ。多分だがカリフォルニア産だ。でも、魚はまだ陽気だったよ」ウィンクした巨大な充血している一つの目が彼を見下ろしていた。

"Still pretty merry," he agreed. He considered trying to cut his way out of the cage, but the bamboo was thick, and he felt it would do nothing but dull his blades. Better to save those for the monster, if all else failed.

「それでも、かなり陽気なのだな」彼はそう同意する。彼は竹の檻を切ろうと試みたが、竹は太く彼のハサミを鈍らせるだけであると感じた。ハサミは怪物から身を守るために温存した方が吉であろう。

"But tell me, which way did you go to come here?" the monster asked.

「だが教えてくれないか?君はどの道を通ってここまで来たんだ?」と、怪物は尋ねてくる。

"I rode down on a fish. From the sun," he said.

「魚に乗って降りてきたんだよ、太陽からね」彼はそう言った。

"Oh, I think you are telling lies to Fernand. That is not good." The monster flicked a finger against his body. It hurt, and there was a small cracking sound. Then he felt himself hefted up and set on the log. "Now, I have been so terribly patient. But there is nothing I would like more than to find others like you to dine with. You wouldn't make poor Fernand unhappy, would you?"

「ああ、フェルナンドに嘘を言うのだな。それは良くないことだ」怪物は彼の体に指を当てる。痛みと、カサカサと小さな音が鳴るのを感じた。そして、自身の体が持ち上げられ、丸太の上へと置かれたのが分かった。「さて、私はこれまで酷く我慢をしていたのだ。だが君のような者と一緒に食事をしようなど、私は望まない。かわいそうなフェルナンドを不幸にしてはならない、そうだろう?」

"There are no others," he said. He wondered if he could make it to the water. He was sure he was quicker than the monster, but it had those great long legs, and it could probably move much faster once it got going.

「ここには私以外はいないよ」彼はそう言った。そして彼は自身が水中まで行けるかどうかを考えた。彼は怪物よりは素早いと確信していたが、怪物の足は長く、一度動き出せばより速く動けるのだろう。

"You lie!" the monster roared, and slammed a fist on the log. Splinters flew up, and he almost fell off. He scrabbled against the bark to keep his footing. "Now, you will tell me where they are! Fernand grows hungry, little shrimp!"

「嘘つきめ!」怪物はそう大声で叫びながら丸太に拳を叩きつける。丸太の破片が飛び散り、彼は落ちそうになってしまったが、木の皮に足を取られ、その場へと留まった。「さぁ、君の仲間達の居場所を教えてくれ!フェルナンドはお腹が空いているんだ、小さなエビちゃん!」

977 felt a great burning anger grow inside. This monster, this lump of malformed flesh was planning to eat the people. He thought of them, of beautiful 971, of the Creator, and he knew this could not happen. He spat into the monster's eyes. It blinked, and they were sealed shut.

977は大きな怒りが込み上げてくるのを感じた。この奇形な肉塊が、皆を食い殺そうとしているのだ。彼は美しき971を、創造主を思い、彼らにそんな酷いことがあってはならないと思ったのだ。彼は怪物の目へと泡を吐き出した。怪物はぱちぱちと瞬きをして、目を閉じた。

A fist lashed out at the log, but 977 had already moved out of the way. He scuttled forward and off the log, until he was behind the monster. He reached out, and made a small cut. A leg collapsed. Another cut, and the leg was dead. He danced around a kick, and he cut another tendon, and another, and the monster fell, clutching the log in a vain effort to remain upright.

拳が丸太へとぶつけられた時には、977は既にその場を離れていた。977は小走りで丸太から離れると、怪物の背後へと回り込んだ。彼は手を伸ばすと、怪物の足へと小さな切り傷をつけた。その足は崩れる。もう一度切りつけてみれば、その足は死んだ。彼は蹴りを回避すると、また腱を切り、さらに同じようにすると、怪物は倒れ、丸太を握りしめて、立ち上がらんとした。

"Arrête ça! Sortez!" the monster bellowed. It twisted and a massive fist landed inches from 977's carapace. He cut another tendon, and the fingers spasmed, useless. He moved in and cut again, and the arm fell limp.

「逃がすか!」怪物は叫んだ。体を捻らせると、巨大な拳が977の甲羅から数センチのところへと落下してきた。彼が別の腱を切って仕舞えば、その指は痙攣し、使い物にならなくなった。彼が腕を動かしてもう一度切ってやると、その腕はぐったりとした様子で倒れてしまった。

But the other arm came down, and this time a fist as large as he struck him. He heard himself crack, could feel fluid leaking out. But he wasn't finished just yet.

だが、もう一方の手が降りてきており、今度は自身と同じくらいの大きさはある拳が彼へと襲いかかった。彼は自分が割れる音を聞き、体液が漏れていくのを感じていた。しかし、彼はまだ終わってなどいなかった。

"I'll rip you apart and suck out your flesh. I will find you!" the monster screamed, thrashing with its only working limb.

「お前のことなんか、引き裂いて、その肉を吸い尽くしてやる!絶対に見つけてやるからな!」怪物は叫ぶと、唯一動く腕をジタバタとさせた。

977 reached out and made a few final cuts, and the arm fell limp. Now the monster could do little more than bellow and arch his back. 977 crawled away as best he could, finally lying in a heap nearby, out of the monster's reach. Fluids were still seeping slowly from his shell, so he spat again, and sealed himself, and rested.

977が手を伸ばし、最後に数カ所切りつけると、その腕はぐったりとして落ちた。怪物は呻き声をあげて、背中を曲げるだけであった。977は這うようにして逃げると、最後には怪物の手の届かないところで横たわっていた。甲羅からは体液がまだ少しずつ滲み出ていたので、再び泡を吐き出して傷口を閉じると、休息をとった。


"Well, what do we have here?" a voice said sometime later. 977 looked up, and saw the face of the Creator, looking concerned.

「さて、こんなところに何が?」暫くして、そう言う声がした。977が顔を上げると、そこには心配そうにする創造主の顔があった。

"Here I am," he said. His voice seemed odd. Far away, almost.

「私はここです」彼はそう言った。その声は奇妙であった。まるで、遠くから聞こえてきているかのような。

"Oh dear. You did get rather badly dinged up." The Creator reached down and touched him gingerly.

「なんと。酷い傷を負ってしまったみたいだね」創造主は手を伸ばし、彼へとそっと触れる。

"Well done?" he asked.

「私は良くやったでしょうか?」彼は尋ねた。

"What? Oh, yes. Yes. Very well done indeed, 977. You have done better than I could have hoped. But I'm afraid you may be beyond helping."

「え?ええ。はい。本当によくやってくれた、977。君は私の予想以上に上手くやってくれた、だが、君はもう助けらないかもしれない」

"It is well," he said. "Home. Home is well."

「それで良いのです」彼はそう話す。「家、家もです」

"Yes. Thanks to you." The Creator stood. "And here we have Fernand. Splendid."

「そうか、ありがとう」創造主は立っていたのだ。「それにここにはフェルナンドがいる。素晴らしい」

"Who is this? Show yourself, coward! Fernand will have your head in his belly!" The monster thrashed as best it was able, but it could no more reach the Creator than it could the moon.

「これは誰だ?臆病者め、姿を見せろ!フェルナンドはお前の頭を腹の中に入れるぞ!」怪物は精一杯もがいたが、月よりも近くにいる創造主へと到達することはなかった。

"Dr. Mann, at your service. Or rather, you'll soon be at mine. I have so wanted to work with you." The Creator placed his hands together gleefully as the shapes of New Men emerged from the swamp.

「マン博士、宜しくお願いします。寧ろ、すぐに私の所へ来てください。あなたと共に、仕事がしたいのです」沼の中から新人達の姿が現れると、創造主は喜んで両手を合わせる。

"No! No! I will not have it! I will not—" He was cut off as another of the people spat and sealed his mouth. Others crawled forward and finished 977's work as the New Men went to work with ropes and chains.

「いや、いや、私はそんな事許さない!私はそんな事……」彼は他の者によって泡で口を塞がれてしまったため、彼の言葉は途切れた。新人達は前へ這い出ると、縄と鎖を使って、977の仕事を終えたのちに仕事をした。

The Creator reached down and picked 977 up. "Come on, then, chap. You might not be done yet. And if you are, it'll be a hero's funeral."

創造主は手を伸ばすと、977を拾い上げた。「さぁ、それじゃあ、お前。お前はまだ終わってないのかもしれないな。もしそうなら、それは英雄の葬式にでもなるだろう」

A hero. 977 could live with that. Or not, as the case might be. He settled down in his creator's arms and began to dream of 971.

英雄。977はそれを受け入れることができた。或いは、場合によってはそうでないかもしれないが。彼は創造主の腕の中でまどろみ、971の夢を見始めた。

ERROR

The Tobisiro's portal does not exist.


エラー: Tobisiroのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6759215 ( 21 Aug 2020 09:12 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License