この世は虚像である

現在このページの批評は中断しています。


アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル:
SCP-XXX-JPは実験に使用する時以外は、原則縦1.5m横2mの金属の箱のなかに入れて収容します。収容する際にSCP-XXX-JPに記入されている文字を直視しないようにしてください。

説明:
SCP-XXX-JPは、どこにでもあるA4サイズのコピー用紙5枚で出来ていて、5枚とも文章が記入されています。その文章は、小説のようなものだったり、詩のようなものだったりど統一性のない文章構成で、唯一「この世は虚像である」という内容だけが共通しています。このSCP-XXX-JPの特異性は、文章を読んだ時に発生します。まず、記入されている文章を直視した者は、どんな妨害があろうとも文章を読み続けようとします。この段階ではまだSCP-XXX-JPと人物を引き剥がせば正気に戻すことが可能です。文章を全て読み終わると、読んだ人物は「この世は虚像である」という内容が本当であると錯覚し始めます。そして全てに不信感を抱き始め、何も信じられない状態に陥ります。やがて「この世は本当ではないのだから、何をしてもいい」という考えを持つようになり、本能のままに生活するようになります。(この状態なった者をSCP-XXX-JP-1とします)文章を全て読んだ時点で正気に戻すことは不可能です。

補遺:
SCP-XXX-JPは、■■県の■■町で女性が男女11人を{データ削除済}したのをきっかけに発見、収容されました。収容される際、辺りは汚れているにも関わらず、シミ一つついていないことから当初は、絶対に汚れないという特異性を持っていると考えられていました。しかし、その後のDクラス職員を使用した実験により、現在報告されている特異性が確認されました。
補遺:
実験により発生したSCP-XXX-JP-1は実験が終わり次第処分されることが決定しました。
補遺:
■■博士がSCP-XXX-JP-1と会話し、研究したいと申請。


ERROR

The agtdwdm's portal does not exist.


エラー: agtdwdmのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6742155 ( 16 Aug 2020 09:29 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License