エイルシャーの壊れたる神 - 第1章

このページの批評は終了しました。

評価: 0+x
blank.png

And so it was that the Old Ones could no longer abide the horrors begat by Meknah-Re, He That Breaks Men's Souls Upon the Forge, and together they tore him limb from limb and cast his ichorous appendages far and wide, that they might never find each other again. His heart was discarded in the dunes of Shar-Harad to be devoured by the drifting sands. His tongue was cut out and weighted before it was thrown into the impossible depths of Lake Schwartherz. His entrails were left to freeze upon the plateau of Leng. His brain was burned and its ashes scattered amidst the scorched remains of Sarnath. His eyes were hurled into the cosmos where they linger still today, known by the heathen Dogons as the Invisible Twins of Sirius, that still glare enviously at us today. His manhood was cut from his flesh and mounted erect before the ruin of Lost Antigo, a warning to any that might dare to approach that damned place. It is said that there are still those who follow the God That Has Been Broken, and would gather up those cursed hunks of divine flesh and put them back together if they could. Should that day ever transpire, a terrible doom indeed will fall upon the world of man.
-Abdul al-Hazred, Necronomicon, Volume 6 ("On Dead Gods")
そして構築されし時に人の魂を破壊せし者、Meknah-Reの引き起こす怪異に旧支配者は最早怯える真似はせず、彼のものを八つ裂きにすると、膿汁を垂れ流す部位を至る所に投げ捨てた。何れの部位であれ二度と人の目に触れぬようにするためにも。彼のものの心臓はシャーハラーの砂丘に捨てられ漂う砂に呑み込まれた。彼のものの舌は切除され、黒の湖の到達不可能な深淵へと投げ込まれると、沈んでいった。彼のものの内臓は取り出され、レンの高原で凍り付かされた。彼のものの脳髄は燃やされ、残された灰はサルナスの焼け跡の只中に撒かれた。彼のものの眼球は大宇宙へと飛ばされ、今日に至るまでその場に留まっており、変わらずに虎視眈々と地上の住人を睥睨し、野蛮なるドゴンの民にはシリウスの見えざる双子として知られている。彼のものの男根は去勢され古のものの廃墟の面前の地に打ち立てられ、忌まわしき地へ敢えて踏み入らんとする者達への警告となった。壊れ果てた神を崇める者共は今に至るまで活動を続けており、彼の呪われた神の部位を蒐集し、可能であるなら修復を試みているとも言われている。斯様な日が訪れるのであれば、間違いなく人の世に恐るべき終焉が降りかかるだろう。
―アブドゥル・アル=ハザード著『ネクロノミコン』、第六の書「死したる神々について」

The motor-coach rumbled and shook as it clattered along a seldom-used dirt road cutting through the forests of central Massachusetts. I sat in the back row, alone (for none of my fellow passengers had remained aboard after the previous stop in Ixbridge), bundled in my coat against the chill autumn air. Ancient trees unmolested by the avarice of man passed by the window as I breathed a sigh and clutched dearly to my valise, looking down at my watch. A quarter of six, half an hour before sunset, and fifteen minutes to go before the bus would make its stop at the desolate, isolated hamlet of Ayrshire. I reached into my pocket and retrieved the telegram that had set me on this itinerary into the hinterlands of civilisation, reading again the short message I had received from Overwatch three days prior;
マサチューセッツ中央部の森を横断する無人も同然の砂利道をガタピシと音を立てて進むと、大型バスは轟音を立てて車体を揺らしました。私は(直前のイクスブリッジのバス停の後、乗り合わせていた他の乗客は誰もいなくなっていたので)一人腰掛け、秋の冷たい空気に備えてコートに身を包んでいました。古ぶるしき森は人間の欲深さとは無縁のままであり、私はため息を一つすると、手提げ鞄をしっかり握り締め、腕時計に目を落としました。6時15分。日没の1時間前であり、15分後にはバスがエイルシャーの荒廃し、孤立した村落に停まる予定になっていました。ポケットに手を突っ込み、この文明から取り残された場所への旅程を組む発端となった電報を手にすると、3日前に監督司令部から受け取った短信を読み返しました。

3RD OCT 1927
NO CONTACT FROM PROF EDDINGS SINCE 14TH AUG STOP
LAST KNOWN WHEREABOUTS GRAINGERS INN AYRSHIRE MASS STOP
MAY BE IN DANGER DUE TO NATURE OF RESEARCH STOP
LOCATE EDDINGS OR HIS REMAINS AND REPORT ASAP STOP
WE SECURE WE CONTAIN WE PROTECT

1927年10月3日
8月14日を最後に、エディングス教授からの連絡が途絶えた。
既知の最後の目撃場所はマサ州エイルシャーのグレンジャー宿である。
研究の内容ゆえに遭難の恐れあり。
出来るだけ早くエディングスか彼の遺体を発見し報告せよ。
確保、収容、保護

It had been some time since Bernard Eddings and I had crossed paths, and my heart had sunk when the Western Union man delivered his missive that grey Monday morning. Eddings was a Harvard man, as was I, though our shared time at that illustrious institution was short; I had only just arrived, a doe-eyed freshman who had been wooed to the college's renowned football team, when he was already well engaged in his postgraduate studies of regional folklore. We struck up an odd friendship of sorts when I sought out a tutor to aid me with my flagging marks in maths, and when several years later, after the war, he had found employment with the association I to this day still know only as 'the Foundation', he sought me out to offer me a position as well.
ベルナルド・エディングスと私が出会ってから幾許かの月日が流れていました。月曜日の曇天の朝、ウェスタン・ユニオン社の男が彼からの手紙を届けに来た光景が脳裏に過りました。私と同じく、エディングスはハーバード出身の男でしたが、あの栄えある学術機関で共に過ごした時間は短いものでした。私が到着して間もなく、純真な目の新人が大学の著名なサッカーチームから熱心な勧誘を受けていましたが、彼は既に大学院にて地域伝承の研究に取り組んでいる身でした。数学の成績の悪さから、私が準講師に助けを求めた際、私たちの奇妙な類の交友関係が始まり、何年も経って、あの戦争の後で、今日においても依然として"財団"とだけ知られる組織に就職すると、私にも同じ組織内部で見つけてきた役職を提示しました。

"Have you gone mad, Bernie?" I recall asking him when he first proffered the proposition. "I'm no scientist. I can't imagine what use I'd be to a bunch of eggheads and doctors in white coats unless you're in dire need of a test subject."
「正気かい、ベルニー?」初めて就職を提案してきた時の質問を思い出しました。「私は科学者じゃないんだ。君らが被験者不足に悩んでいないというなら、私なんかが白衣を着たインテリや博士連中相手に役に立つなんて想像もつかないぞ。」

"There's more to the Foundation than just bleach-bare laboratories and musty old tomes, Reg," he replied to me. "You've heard of the G-Men that Hoover has been recruiting? We're looking for G-Men of our own. We need young men with a sharp mind, a keen eye, and the ability to go out into the field and get things done, clean, quick, and quiet. Men like you."
「財団には白一色の研究所や黴臭い古書典籍以上のものがあるんだ、レグ。」彼が返事しました。「フーヴァーが雇ってきたGメンについては知ってるだろ?私たちに忠実なGメンを探している。君のように聡明な頭脳、鋭い目、現場に出向いて完璧かつ迅速かつ事を荒立てずに任務を遂行してくれる若い人材を必要としてるんだ。」

"So I am to be a secret agent?" I asked him. "I am sure you could find more qualified men than myself."
「すると秘密工作員になれってのかい?」彼に尋ねました。「私なんかよりも打ってつけの人物なんているだろうに。」

"You sell yourself short. You were in the war, weren't you?"
「過小評価してるなあ。君は従軍経験者だろ?」

"Mostly in Belgium, yes."
「そりゃそうだけど、いたのは殆どベルギーだぞ。」

"And I understand you were part of the military police unit that dealt with the depredations Dr. West unleashed against our own boys in Flanders."
「それも所属していたのが、フランダースでウェスト医師が身内相手に起こした破壊活動に対処した陸軍憲兵隊だったのも分かっているよ。こっちはね。」

I shuddered at the memory of the horrors I had seen in West's chthonic laboratory, the twisted mockeries of science to which the doctor's insane genius had given life. "Yes," I meekly responded.
あの医師の狂気の頭脳が生命を吹き込んだ歪んだ科学の紛い物が巣食う場所である、ウェストの地下研究所で目にした恐怖の記憶に身震いがしました。「そうだな。」私は素直に答えました。

"Then you've already seen the kind of things our Foundation has to deal with. The world is full of incomprehensible monstrosities lurking on the edges of logic itself, and we need men with the constitution to face them down and keep their senses. The fact that you made it out of West's den of nightmares alive and sane proves that you're the kind of man we need. Please tell me you'll come with me to Site 19 next week and talk to Jack about the position."
「だったら君は財団が対処しなければならない怪物の類を既に目にしているわけだ。世界は論理そのものの縁に潜み住んでいる理解不能な怪物でいっぱいだ。私達は怪物ども相手に正気を失わず、勇気をもって立ち向かえるタイプの人材を必要としている。悪夢のウェストの塒から正気を失わずして生還したという実績は君こそ私達が必要としている類の人物だって証明している。来週サイト-19へと出向いて、ジャックに雇用について話をしたいのなら連絡してくれ。」

I hesitantly agreed, and it was scarcely two weeks later when the personnel director, that queerly-mannered man with a strange medallion around his neck and a look in his eyes that belied his youthful countenance, shook my hand and welcomed me as a Field Agent Candidate, and in the six years since then I have traveled from the majestic spires of New York City to the desolation of the Rub' al Khali and everywhere in between in the Foundation's service. Now I found myself scarcely two hundred miles from my own hometown, yet somehow farther away from any civilised place I recognized, in search of the man to whom I owed so much.
私は渋々ながらも同意し、2週間もしない内に奇妙なメダルを首からぶら下げ、若々しい風貌には似つかわしくない眼差しを向けてくる風変わりな装いの人事局長の男と握手を交わすと、フィールドエージェント候補生として歓迎を受けました。それから6年間の内に財団の任務として、ニューヨーク市の摩天楼街からルブアルハリの荒野に至るまで世界各地を飛び回ったのです。大恩人である男を探すために、私が出向いた場所は故郷から僅か200マイルの場所ですが、それでも既知のあらゆる文明圏から隔絶していました。

When I last spoke to Professor Eddings this past June, he was embarking on a sabbatical of sorts, in pursuit of that labour which has been his passion for as long as I have known him. Since his boyhood in Arkham, the Professor has been fascinated by the weird and unique folklore and religious practices that arise from time to time in the backwoods of Massachusetts. His thesis on the history of Dagon-worship among the islanders of Dukes County remains the authoritative work on the subject and earned him the academic moniker by which his fellow researchers (and I) respectfully title him, and his annotations on the Arkham copy of the Arab's tome have proven invaluable in our dealings with a certain pair of Sumerians. I had bade the Professor good-bye as he embarked alone on a tour of the more isolated communities of our state, in search of new and unknown cults and factions to be studied and catalogued, and had followed with great interest his despatches from Innsmouth, Newcastle, and Hadley's Fork. His ultimate post to Site 19 had come from Ayrshire, a place I had had difficulty even locating on the surveyors' maps, saying that he intended to stay a week or two and study a peculiar Pentecostalist church he had heard rumours of. That, of course, was nearly two months past, and no letter nor telegram nor telephone call from the Professor had been received.
今年6月にエディングス教授と最後に話した時、あの男は私が知り得る限り情熱を注いでいた分野の研究のために、特別研究期間の類に入ったばかりでした。アーカムでの少年時代において、教授はマサチューセッツ奥地で時折発生していた、恐るべき地域固有の伝承と宗教的実践に魅了されていました。デューク郡の島々におけるダゴン崇拝史の自筆論文は現在でも、この分野における権威ある著書に位置付けられており、彼は同僚の研究者ら(と私)からそれぞれ異名を付けられるようになり、アーカムにあるアラブ人の書巻の写本に関する彼の論文の注釈はるシュメール人2人組への対処法において、計り知れない価値があると証明されました。教授が研究や目録化が必要な新たな未発見の教団や宗派を目当てに、たった1人で我が国の更に辺鄙な集落への旅に出るというので私は教授に別れを告げ、その後でインスマス、ニューキャッスル、ハドレー郡からの報告書に多大な興味を抱きました。サイト-19宛ての最後の郵便は測量技師の地図を使っても見つけるのが困難だった場所、エイルシャーからであり、手紙では1、2週間ほど滞在し、噂に聞いていた奇妙なペンテコステ派教会について研究するとありました。そして言うまでもなく、2ヶ月近くが経過し、教授からの手紙も電報も電話も途絶えていました。

Ayrshire, as I learned while poring over the books at Arkham Library yesterday morn, lay some hundred miles or so to the west, nestled on the northeast shore of Chatham Lake and surrounded on all sides by the ancient and virgin woods. In the middle of the nineteenth century, the town had been called home by a population of as many as three thousand, and boasted a mill and a rail line to Boston. The war, so the newspapers said, had dealt a hard blow to the town's economy in the past decade; with so many of the town's young men having journeyed across the ocean never to return, the mill had closed, the trains ran westward less and less often, and of its former population perhaps three or four hundred remained. Seeking transport to the village was as difficult as finding it on the map - the rail line had been covered by a mudslide during the recent rains and was not expected to be cleared before the first snowfall, no paved roads lead there, and I could find no map nor guide thorough enough to allow me to motor into the woods on my own. It was only after enquiring with half the bus companies in the state that I found a small coach line that operated a single daily trip passing through Ayrshire on its way to Amherst, and now I found myself approaching that destination.
昨日の午前中、アーカム図書館にて読み耽った書籍の数々から学んだところによると、エイルシャーは西部の百マイルかそこらを範囲としていて、チャタム湖の北東岸に位置し、四方を往古の手つかずの森林地帯に囲まれています。19世紀半ば、町は3000人もの人口に及ぶ住人より我が家と呼ばれ、水車を保有し、ボストンに向かう鉄道が敷かれていました。新聞によれば、ここ10年の間で、戦争により町の経済が大打撃を受けたそうです。街の若者たちは大海原を横断する旅に出たっきり帰って来なくなり、水車小屋は閉鎖、西部方面の列車も本数を減少させていき、かつての人口は300か400人程が残るほどだそうです。村への交通手段を得るのは地図で探し出すのと同じくらい困難でした。鉄道路線は近年の雨で土砂崩れに吞み込まれ、初雪に先駆けて復旧する見込みはありませんでした。町へと通じる舗装道路も敷かれておらず、森を単独で自動車を駆って進めるには十分な地図や案内書も見つけられませんでした。州の半分のバス会社に問い合わせた後でやっと、エイルシャー経由アムハースト行きの1日1本だけの便が運行されている小さなバス路線を発見し、目下、目的地へと近づいていました。

"Next stop - Ayrshire!" the driver shouted, waking me from my reverie as the coach rounded a bend and came into sight of an old dilapidated house. The streets of Ayrshire were at least paved, but they were in dire need of maintenance, no motor cars or lorries were to be seen, and the ride to the city centre felt no less turbulent than the previous several hours had been. The bus rolled past row after row of houses and shops and churches that looked as if they had not known habitation in years; it seemed we passed fifteen abandoned ramshackles for every house that stood in a state of repair, and I wondered if the Professor's rumours and the Census reports had been false and we had in fact driven into a ghost town. In the distance, near the lakeshore, hulked the ruins of the old mill, silent and still, towering ominously over the dwellings that once had housed its workers. Though the sun's amber gloaming already grew dim behind the treeline, the electric lamps that lined the kerbs remained dark, and the only lights I espied in the curtained windows flickered and gyred as if cast by a candle rather than from a bulb. The bus slowed to a stop at the edge of the town common, a small overgrown park at the corner of First and Washington, and the door rolled open as I rose, valise in hand, and strode to the front.
「次は、エイルシャーです!」運転手の叫びで、私が回想から覚めると、大型バスがカーブを曲がり、古き荒廃した家屋が視界に飛び込んできました。エイルシャーの通りは最低限舗装されていたものの、整備が必要になる程に荒廃しており、自動車も大型トラックも見当たらず、中心市街地への道中は過去数時間に体験したのと同様の不穏さが感じられました。まるで何年もの間、人が住んでいない家屋や店舗や教会の並ぶ通りを次から次に、バスは通り過ぎて行きました。修理中の家1軒に対して、15軒の無人の廃屋を通り過ぎたように思えます。私はここに来て、教授の噂も国勢調査も間違いで、実際にはゴーストタウンへと辿り着いてしまったのではないかと疑問を抱きました。遠方の湖畔近くには、古い水車小屋の廃墟が崩れがかり、音一つなく静まり返っており、昔日には労働者がいた住居に不吉さを発しながら聳え立っていた。既に太陽の生み出す琥珀色の黄昏は並木道越しに薄暗く、縁石に並んだ電灯は暗いままでした。発見できた光源というと、カーテンの掛かった窓越しに明滅し、電球というより、蠟燭の傍に生じたかのような影を旋回させるもの以外にありませんでした。バスはファースト通りとワシントン通りの角にある雑草の繁茂する公園という体裁の、町の小さな広場の端に立つ停留所にゆっくりと停車しました。ドアが開くとスーツケースを携えて立ち上がり、出口へ大股で進んでいきました。

"Thank you, my good man," I said to the driver, and handed him a dollar for his trouble.
「ありがとう、運転手さん。」運転手にそう言うと、彼の艱難辛苦への対価として1ドルを手渡しました。

"You're very welcome," the driver said, "but are you sure you wouldn't rather stay on and head for Amherst? I've heard queer things of this town, and the older I get, the queerer the tales grow. This is no place for tourists to go a-gawkin'."
「どうもありがとうございました。」と運転手。「けど本気で言ってます?ここで降りてアムハーストに行く気が無いなんて?この街には不穏な話しか聞いていませんし、それも年々、増していく一方です。観光客が見て楽しめる場所なんてどこにもありませんよ。」

"I am not here for pleasure, I assure you," I responded. "I am seeking out an old acquaintance of mine. Perhaps you recall an older fellow who stopped here about two months ago?"
「観光目的じゃないさ、間違いなく。」と答えました。「古い知人を探しているんだ。2か月ほど前にここで降りた、私より年配の客を覚えているか?」

"Ayuh," the driver said. "He didn't want to share his business and I didn't care to pry. If he ever left here, he must have hitched a ride on a flying carpet, because I certainly didn't pick him up."
「そうですねぇ」と運転手。「その男の人は仕事の中身を明かしたがりませんでしたし、私も知りたいとは思いませんでしたね。もしここを出た後というのであれば、間違いなく空飛ぶ絨毯に乗せてもらってますよ。その人を絶対に車で拾いませんでしたし。」

"Then perhaps I shall enquire at the local rug-maker's. Do you perchance know the way to Grainger's Inn?"
「それなら町の絨毯屋に聞いておかないとな。もしかしてグレンジャー宿への行き方を知ってたりするか?」

"Five blocks west down Washington. I'd make haste if I were you - I've heard tell it's not wise for visitors to be seen on the streets of Ayrshire after dark."
「ワシントン通りから5ブロック西の所です。私だったら、もう出発しますがね ― 来訪者が日没後にエイルシャーの通りで姿を見られるのは賢明ではないって話は聞いていますし。」

I nodded and smiled as I turned away and stepped off the coach. The air smelled rich, yet stagnant, full of memories and regret, as I disembarked onto the sidewalk. The motor-coach pulled away, seeming to double its speed as it made for the edge of town, and a quiet I have not heard since my visit to the ruins of Ib fell over the deserted streets. I fancied that a pair of eyes watched me suspiciously from the second storey window of a collapsing edifice on the other side of the green, but I saw nor heard a single soul other than myself, nor even the cry of a bird or the chirrup of a cricket, as I turned and made my way east through the empty roads of Ayrshire.
私は頷き、笑みを浮かべると、運転手に背を向けて、大型バスを降りました。歩道に降り立った際、空気は澱んではいないものの濃厚で、記憶と後悔で溢れかえっていました。大型バスは発車して離れていき、町の端に着く頃には2倍のスピードになっているように見えました。後にはイブの遺跡を訪問して以来耳にしてこなかった静寂が荒廃した通りを支配していました。芝生の反対側の、崩壊している大型建築物の2階の窓から一対の眼が疑わし気に見ている気がしました。ですが件の建物に背を向けてエイルシャーの無人の通りを東に進んでいくと、私以外の人物を誰も見たり、聞いたりすることも、鳥の泣き声や囀りさえもありませんでした。

It was two blocks from the stop, as I stood in the middle of a deserted street, the coach surely having put a mile or more between myself and any hope of evacuation for the next twenty-four hours, that the sun dipped below the horizon in the west.
私が荒れ果てた通りの真ん中に立つと、停留所からは2ブロック先に進んでいました。間違いなく長距離バスは私と今後24時間の一切の退避の際の頼みの綱よりも1マイルもしくはそれ以上先を走っており、太陽は西の地平線に沈んでいました。

It was from somewhere behind me that the first scream echoed out.
最初の叫び声が聞こえてきたのは背後の何処かからでした。


出典: The Broken God Of Ayrshire - Chapter 1
参照リビジョン: rev.03
作成日(EN): 2016/5/29
クロスオーバー作品: クトゥルフ神話
著者: SmaptiSmapti
翻訳: DirStarFishDirStarFish
tags: broken-god project-crossover tale
タグ: en 壊れた神の教会 project-crossover tale


ページコンソール

批評ステータス

カテゴリ

SCP-JP

本投稿の際にscpタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

GoIF-JP

本投稿の際にgoi-formatタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

Tale-JP

本投稿の際にtaleタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

翻訳

翻訳作品の下書きが該当します。

その他

他のカテゴリタグのいずれにも当て嵌まらない下書きが該当します。

言語

EnglishРусский한국어中文FrançaisPolskiEspañolภาษาไทยDeutschItalianoУкраїнськаPortuguêsČesky繁體中文Việtその他日→外国語翻訳

日本支部の記事を他言語版サイトに翻訳投稿する場合の下書きが該当します。

コンテンツマーカー

ジョーク

本投稿の際にジョークタグを付与する下書きが該当します。

アダルト

本投稿の際にアダルトタグを付与する下書きが該当します。

既存記事改稿

本投稿済みの下書きが該当します。

イベント

イベント参加予定の下書きが該当します。

フィーチャー

短編

構文を除き数千字以下の短編・掌編の下書きが該当します。

中編

短編にも長編にも満たない中編の下書きが該当します。

長編

構文を除き数万字以上の長編の下書きが該当します。

事前知識不要

特定の事前知識を求めない下書きが該当します。

フォーマットスクリュー

SCPやGoIFなどのフォーマットが一定の記事種でフォーマットを崩している下書きが該当します。


シリーズ-JP所属

JPのカノンや連作に所属しているか、JPの特定記事の続編の下書きが該当します。

シリーズ-Other所属

JPではないカノンや連作に所属しているか、JPではない特定記事の続編の下書きが該当します。

世界観用語-JP登場

JPのGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

世界観用語-Other登場

JPではないGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

ジャンル

アクションSFオカルト/都市伝説感動系ギャグ/コミカルシリアスシュールダーク人間ドラマ/恋愛ホラー/サスペンスメタフィクション歴史

任意

任意A任意B任意C

ERROR

The DirStarFish's portal does not exist.


エラー: DirStarFishのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6734327 (21 Aug 2020 14:04)
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License