幻 -Visium-

このページの批評は終了しました。

評価: 0+x

Doctor Matthews sat back in his chair, sighing some and rubbing his eyes. Why the hell had they dragged him out of bed so early? He stifled a yawn and smiled as his field partner, an agent named Stimson, sat down next to him, leaning back in his own chair with a similar expression on his face.
マシュー博士は自分の席に深く腰を下ろしていた。溜息を洩らし、目を擦った。一体何故連中は朝早くから叩き起こすマネを?現場での相棒たるスティムソンという名のエージェントが隣の席に座り、顔に自分と似たような表情を浮かべながら背もたれに背中を預けた際には、欠伸を噛み殺して笑みを浮かべた。

"We shouldn't have been out drinking so late…" Stimson whispered.
「俺たち、夜遅くまで飲むべきじゃなかったな….。」スティムソンはそう小声で漏らした。

Matthews laughed a little, looking at the slowly filling auditorium. "I know," he replied. "We should have just gone to bed and woken up ready to work," he said. "It's only our day off, after all…"
講堂の席が埋まり満員になりつつあるのを見て、マシューは微笑した。「分かってるさ。」返事を返す。「俺らは眠りに就いて、仕事の時に起きてりゃ良かったんだ。」続けてこう言った。「そんなんでいいんだよ、俺らの休日なんて…」

Stimson shook his head some. "God… Did you see those two research assistants from Site-11?" he asked. Matthews leaned forward a bit, nodding. "You get their numbers?" he asked. Stimson laughed. "Got more than that… You should have stuck around…"
スティムソンが首を向けてきた。「おい…お前はサイト-11から来た研究アシスタント2人に見覚えあっか?」そう尋ねた。マシューは前の方に身体を伸ばし、頷いた。「あいつらの考えが分かるのか?」聞き返す。笑い声をあげるスティムソン。「それだけじゃないぜ…もっと近くに行くべきだったな…。」

Matthews grit his teeth for a moment in frustration. "Damnit, Stimson… Why the hell do you tell me these things?" he asked.
苛立ちを覚え、歯軋り声を上げるマシュー。「いい加減にしろよ、スティムソン…お前何でそんな事聞いたんだ?」

Stimson snickered as a finger struck a microphone, calling for attention. Matthews sat back in his chair, looking toward the stage as a man in an impeccable suit stepped out, looking at them all and nodding. "Hello," he said, his voice an odd mix of intonations. "I want to welcome you all this morning and apologize for getting you up so early…"
誰かの指がマイクに触れて音を立てるとスティムソンは忍び笑いを上げたので、周りから注意を引いた。マシューは椅子の背にもたれ、一人の男が壇上に上がっていくのを見た。男は聴衆を見渡すと頷いた。「おはようございます。」聞き慣れない調子の発音で、男が口を開いた。「今朝お越し頂いた皆様方全員に歓迎の言葉と、朝早くからお越し下さる苦労をお掛けしてしまった事に謝罪の言葉を申し上げます….。」

Stimson rolled his shoulder a little bit as Matthews leaned over, whispering in his ear. "Who is this guy?" he asked.
スティムソンは小さく肩を回し、マシューの方に身体を近づけてきた。耳に小声で告げる。「あいつ誰だよ?」そう尋ねた。

Stimson shrugged as the man on stage continued. "I wanted to talk with you all for a moment… about our mission. It's important, you know… very, very important…"
スティムソンは肩をすくめた。男が壇上でスピーチを続けていた。「短い時間になりますがが皆様方全員お伝えしたいのは….私たちの任務についてです。皆様方が御存じでしょうが…大変、大変に要です…。」

Matthews frowned. Why the hell was this guy speaking like that? he thought, rubbing the bridge of his nose for a moment. He shook his head, trying again to clear the haze of sleep and drink.
マシューは眉をひそめた。一体何故あいつはあんな風に話してやがる?鼻柱を擦りつつ、疑問を抱いた。首を振り、今一度眠気と二日酔いによる朦朧感を癒そうとした。

Stimson leaned close again. "Isn't he an O5?" he asked.
またもスティムソンが身体を伸ばしてきた。「あの男、O5じゃないのか?」そう聞いた。

Matthews shook his head, squinting his eyes tightly, trying to concentrate on the words again. "… all of them must be collected. The plan must proceed as scheduled…"
マシューは首を横に振った。もう一度男の言葉に集中しようと、彼の両目は固く閉じていた。「…それ全てを手中に収めなければなりません。計画は予定通りに実行されなければなりません…。」

Stimson nodded. "Yeah, he's an O5… I'm sure of it."
頷くスティムソン。「そうだ。O5だ…間違いない。」

The other shook his head again. "No, he isn't…" Matthews said. "I've seen the O5's…" He sniffed at the air a little, wondering why he suddenly smelled popcorn.
相棒がまたも頭を振った。「いや、奴は違う。」マシューが答えた。「前にO5の連中に会った事はあるんだが…。」空気を嗅いだ。なぜ何の前触れもなく、ポップコーンの匂いなんてしたのか疑問を抱いた。

"… and as soon as we've got them all collected, contained… Our work will have finally begun. We cannot let them stop us, slow us down…"
「…そして可能な限り性急に全てを手中に収め、収容せねばなりません…。私たちの事業は初めてスタート地点に立てるでしょう自らが停滞に甘んじるのも、遅に甘んじるのも許されません…。」

Matthews head ached for a sharp moment, blood running from a nostril as his temples throbbed. He brought his palms to his eyes, shocked to feel his heart beating through them. And then… a sudden pain just behind his right ear, and he slumped backwards.
ほんの一瞬、マシューは頭に痛みを感じた。こめかみが脈打ち、小鼻から鼻血が流れ出た。両目を両の掌で覆うと、心臓が激しく脈打っているが分かった。そしてその後…突如として右耳に痛みが走り、後ろに倒れ込んでしまった。

"We will serve. Contain. Protect," the man intoned. "And then… We can begin."
「私たちは奉仕し容し、保するのです。」男は厳かに告げた。「そこから…私たちは始められるのです。

Everyone started clapping their hands together as the speech ended. Everyone except Matthews and two or three others scattered throughout the crowd. Stimson rose, clapping hard, trying to make his own applause heard over the others. When he heard the chant, he cursed inwardly for not thinking of it himself first, but picked it up nonetheless:
スピーチが終わると聴衆は一斉に拍手を送った。マシューとその他2、3人を除いた全員が席を立ち、各々講堂を後にした。スティムソンは立ち上がって拍手をし、聴衆へと称賛を示そうとした。祈りの声を耳にすると、最初は自分が考えもせずに行動したことに小声で悪態を吐いたものの、最早聞くより他は無かったのだった。

"Thirteen! Thirteen! Thirteen! Thirteen!"
「13番目よ!13番目よ!13番目よ!13番目よ!」


出典:Visium
著者:TroyLTroyL
翻訳:DirStarFishDirStarFish
作成日(EN):2011/11/12
tags:project-thaumiel tale
タグ:project-thaumiel tale



ページコンソール

批評ステータス

カテゴリ

SCP-JP

本投稿の際にscpタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

GoIF-JP

本投稿の際にgoi-formatタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

Tale-JP

本投稿の際にtaleタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

翻訳

翻訳作品の下書きが該当します。

その他

他のカテゴリタグのいずれにも当て嵌まらない下書きが該当します。

言語

EnglishРусский한국어中文FrançaisPolskiEspañolภาษาไทยDeutschItalianoУкраїнськаPortuguêsČesky繁體中文Việtその他日→外国語翻訳

日本支部の記事を他言語版サイトに翻訳投稿する場合の下書きが該当します。

コンテンツマーカー

ジョーク

本投稿の際にジョークタグを付与する下書きが該当します。

アダルト

本投稿の際にアダルトタグを付与する下書きが該当します。

既存記事改稿

本投稿済みの下書きが該当します。

イベント

イベント参加予定の下書きが該当します。

フィーチャー

短編

構文を除き数千字以下の短編・掌編の下書きが該当します。

中編

短編にも長編にも満たない中編の下書きが該当します。

長編

構文を除き数万字以上の長編の下書きが該当します。

事前知識不要

特定の事前知識を求めない下書きが該当します。

フォーマットスクリュー

SCPやGoIFなどのフォーマットが一定の記事種でフォーマットを崩している下書きが該当します。


シリーズ-JP所属

JPのカノンや連作に所属しているか、JPの特定記事の続編の下書きが該当します。

シリーズ-Other所属

JPではないカノンや連作に所属しているか、JPではない特定記事の続編の下書きが該当します。

世界観用語-JP登場

JPのGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

世界観用語-Other登場

JPではないGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

ジャンル

アクションSFオカルト/都市伝説感動系ギャグ/コミカルシリアスシュールダーク人間ドラマ/恋愛ホラー/サスペンスメタフィクション歴史

任意

任意A任意B任意C
    • _


    コメント投稿フォームへ

    注意: 批評して欲しいポイントやスポイラー、改稿内容についてはコメントではなく下書き本文に直接書き入れて下さい。初めての下書きであっても投稿報告は不要です。批評内容に対する返答以外で自身の下書きにコメントしないようお願いします。

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The DirStarFish's portal does not exist.


エラー: DirStarFishのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6734327 (21 Aug 2020 14:04)
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License