SCP-6335

このページの批評は終了しました。


評価: 0+x

Item #: SCP-6335
アイテム番号: SCP-6335

Object Class: Tiamat
オブジェクトクラス: Tiamat

Special Containment Procedures: All SCP-6335 instances are to remain under constant surveillance, and any changes in location or behavior must be reported and logged. SCP-6335-A is to remain within orbit indefinitely. Maintenance of its operation is to be considered an Amida-class priority.
特別収容プロトコル: SCP-6335の全個体は絶えず監視を行わなければならず、所在地や行動様式の変化は報告と記録が義務付けられています。SCP-6335-Aは無期限に軌道上に配備されます。稼働状態の維持はAmidaクラスの優先事項と見なされます。

In the event of an SCP-6335 instance entering the Solar System, the continued secrecy of SCP-6335-A and the Foundation as a whole would no longer be considered necessary.
SCP-6335の太陽系への侵入となるであろうイベント時には、SCP-6335-A並びに財団の全体的な守秘体制の継続は最早必要ないものと見なされます。

SCP-6335 are a race of massive interplanetary humanoid entities. Although they possess significant morphological and behavioral differences, all observed instances exhibit the following characteristics:

  • a height of over 100 000 km
  • the ability to teleport;
  • aggression towards any celestial bodies encountered,
  • extreme durability to the point of nigh-indestructibility, both damage-wise and aging-wise,
  • biological, carbon-based DNA,
  • lack of consciousness or any communication skills,
  • unknown origin.

説明: SCP-6335は惑星間宇宙に生息する巨大人型実体種族です。各実体の正確な外見及び行動様式は個体同士で著しい相違が見られるものの、確認された全個体では以下のような特徴が見られます。

  • 10万キロメートル以上の身長
  • 瞬間移動能力
  • 接近した天体に対する攻撃性
  • 損傷由来、経年由来の双方で破壊不能に近い水準に到達している極度の耐久性
  • 生物学的には炭素由来のDNA
  • 意識や会話技能の欠落
  • 詳細不明の起源

At the current, it is believed that a total of approximately 20 000 SCP-6335 entities exist throughout the observable Milky Way galaxy.
現時点において、総数約2万体のSCP-6335実体が観測可能な天の川銀河圏内に分布しているものと推測されます。

SCP-6335-A is an array of hyper-complex mechanical, thaumaturgic, and ontokinetic apparatus, created by the SCP Foundation's Project Heimdall in 1972 and currently located in Earth's low orbit. Designed to protect the Earth against any and all unauthorized outside interaction from HEs,1 SCP-6335-A's current primary objective, at the current, is the defense of the planet from SCP-6335 entities.
SCP-6335-Aは1972年にSCP財団のヘイムダル計画により建造された機械工学、奇跡術、現実改変の多元的装置群であり、現在は地球の低軌道上に配備されています。HE群2から人類への無認可接触を阻止するために設計されましたが、SCP-6335-Aの現時点での主要目的はSCP-6335実体群からの地球の防衛となっています。

SCP-6335-A consists of three main components:
SCP-6335-Aは以下の3点を主要構成要素として成り立っています。

  • SCP-6335-A-1: the central operation module of the unit, disguised as a gigantic US space station in orbit. Accessible only by Foundation project personnel, it acts as the hub from which the other modules are controlled, and can send and receive messages to and from planetside Foundation sites.
  • SCP-6335-A-1: 軌道内にて米国の大型宇宙ステーションに擬装されている、ユニット内の中央操縦モジュール。プロジェクトに携わる財団職員のみが出入り可能である。他のモジュールが稼働している際は拠点として機能し、地球上の財団のサイトとメッセージの送受信によるやり取りが可能です。
  • SCP-6335-A-2: a set of hyper-tuned space radars, capable of intercepting any image or signal within the observable universe. Built with the usage of paratechnology based on SCP-2154's operation method; all of its images represent current-moment events, bypassing the speed of light.
  • SCP-6335-A-2: 超絶強化が施された宇宙レーダー一式。観測可能な宇宙の範囲内で画像や信号を受信できる能力を有する。SCP-2154の運用方法に基づく超常技術を採用して建造されている。映像は光速を越えて、リアルタイムでの光景を表示する。
  • SCP-6335-A-3: a net of approximately 3 000 000 000 connected transmitters, forming a planet-wide "protection bubble" utilizing thaumaturgic rituals from the Kodex Tenebra as well as Foundation technology. Though capable of being damaged, physically unmovable and indestructible due to their metaphysically anchored locations and repair drones stationed at each of the transmitters.
  • SCP-6335-A-3: 約30億台の受信機を搭載した網状構造物。財団の技術に加えて『テネブラ写本』を典拠とする奇跡術的儀式を用いて惑星規模の"保護膜"を形成している。損傷を受ける弱点を抱えているものの、設置場所には形而上学的に固定され、各受信機に配備された修復ドローンのおかげで物理的にはその場から動かせず、破壊も不可能である。

Addendum 6335-1: Discovery and Historical Context
補遺6335-1: 発見及び歴史的背景

In 1949, during its path towards the Triangulum Galaxy, Foundation deep space probe PATHFINDER recorded exoplanet 55-Cancri-G3 spontaneously rupturing at the surface, before breaking up into space debris. The event was documented as an Extranormal Event until a second planet in the 55-Cancri system underwent a similar process a decade later. Foundation deep space recording technology had sufficiently advanced by this point to discern a massive humanoid entity within the system, presumably responsible for the destruction of 55-cnc-G and F, which was given the provisional designation of SCP-6335.
1949年、さんかく座銀河に向けての航行中、財団深宇宙探査機パスファインダーは太陽系外惑星55-Carci-G4が地表に亀裂が発生した後に砕け散り、スペースデブリと化す光景を記録しました。当該イベントは10年後に55-Carci星系内の第二惑星において似たようなプロセスが発生するまで、超常現象として文書に記録されていました。この時点で財団深宇宙記録技術は、当時SCP-6335に割り当てられていた55-cnc-G及びFの崩壊の原因と見られる巨大人型実体を星系内に観測できる水準にまで進歩していました。

Following further development of Foundation radar technology as a result of Project Heimdall's founding in 1962, numerous other events similar to the original 55-Cancri-G incident were recorded all throughout the observable galaxy.5 To prevent the potential destruction of the Earth within such an event, an emergency summit of the Foundation, GOC, and United Nations coalition was called shortly after. Following unanimous support from all parties involved, Project Fjörgyn was officially authorized in 1961, with the intent to create a permanent defense system to protect Humanity from the apocalyptic threat posed by SCP-6335.
1962年に発足したヘイムダル計画により財団のレーダー技術が更なる発達を遂げた後、観測可能な銀河中で最初の55-Cancri-Cインシデントに類似する他の多くのイベントが記録されました。6直ちに同様のイベントで起こり得る地球の崩壊を阻止するため、財団、GOC、そして国際連合による緊急サミットが召集されました。出席者の全会一致で可決された後、1961年にはSCP-6335により引き起こされる終末論的脅威から人類を守る恒久的防衛システムの開発を目指す、フィヨルギュン7計画が正式に認可されました。

Resulting in the creation of SCP-6335-A via cooperation of numerous Foundation and non-Foundation Departments8 in 1972, Project Fjörgyn has proved to be a success, properly setting the infrastructure on Earth's orbit.
1972年に様々な財団及び非財団内の諸部門9の提携の結果SCP-6335-Aが完成し、地球の軌道上に当該軍事施設の適切な配備が実施されると、フィヨルギュン計画は成功を収めたと証明されました。

However, days prior to the project's final activation, it was discovered that, due to the system's nature, once activated, it would be impossible to turn off the metaphysically anchored sub-parts of the SCP-6335-A apparatus from their current locations. As SCP-6335-A's full activation process takes approximately 2 years to set up due to its complexity, the system would need to be turned on as soon as possible to effectively protect the planet. Its activation would be deemed impossible should it be initiated only after an SCP-6335 entity enters the Solar System.
しかしながらプロジェクトが最終的に起動する直前に至って、ひとたび起動してしまえばシステムの性質上、SCP-6335-A装置群に形而上学的に固定されている副次装置を停止できない可能性があると判明しました。SCP-6335-Aの完全起動プロセスは複雑さが原因で配備に約2年を要し、地球の防衛を確実なものにするには一刻も早く起動する必要がありました。SCP-6335実例が太陽系に突入した後である場合、起動は不可能であると判断されました。

However, as the system functions by disallowing any biological mass from exiting or entering Earth's orbit — immediately destroying any that would come into contact with it, activating the system would permanently effectively disallow for any human exploration outside of Earth.
しかしながら、この地球の軌道上の生物学的集団の突入及び侵入が一切不可能になるシステムが機能した場合―接触したあらゆる対象は即座に破壊され、システムの起動は人類のあらゆる地球外の宇宙探査が恒久的かつ事実上不可能になる事を意味します。

In light of this discovery, an emergency summit of the O5 Council was held to ascertain if SCP-6335-A's actual activation would be beneficial to the human race. The following is an abbreviated Council vote summary.
この発見を踏まえて、SCP-6335-Aの実際の起動が人類種族への有益足り得るか否かを究明する緊急サミットが開催されました。以下は評議会の投票概要の要約です。

COUNCIL VOTE SUMMARY:

YEA NAY ABSTAIN
O5-1
O5-2
O5-3
O5-4
O5-5
O5-6
O5-7
O5-8
O5-9
O5-10
O5-11
O5-12
O5-13

STATUS
APPROVED

評議会投票概要:

棄権
O5-1
O5-2
O5-3
O5-4
O5-5
O5-6
O5-7
O5-8
O5-9
O5-10
O5-11
O5-12
O5-13

結果
承認

The following is an official status from the Administrator regarding the project.
以下は当該計画に関する管理者の公式声明です。

Twenty-three years ago, we watched a planet get annihilated by a being I'd hesitate to call anything less than a god, snapping it in one half in mere moments. We thought of it as a one-time threat, one being we can kill once and never feel afraid again. But we were wrong.

In the face of this apocalyptic threat, we were left with one option: perfect protection of Earth, at the cost that man may never again set foot off it. Earth is both our home and our cradle, and we cannot lose it. No matter how great the cost may be.

23年前、我々は一つの惑星が神と呼ぶには憚られる存在により、ほんの一瞬で真っ二つにされて破壊される光景を目撃した。我々は脅威を一体だけ、すなわち一度でも殺害が出来れば二度と恐怖を覚える必要のない存在だと思っていた。けれども我々は間違っていた。

終末論的脅威を目の前にして、残された選択肢は一つだけだった。人類が絶対に足元に及ばぬであろうコストを費やした、地球の完全無欠の防衛だ。地球は私たちの住処にして揺籃。手放す真似は出来ない。例えどれだけのコストが費やされるであろうとも。


Addendum 6335-2: 05/02/2023 File Update
補遺6335-2: 05/02/2023 ファイル更新

In the morning of 05/02/2023, all SCP-6335-A systems started acting irrationally, with SCP-6335-A-2 sending out a constant distress signal regarding an approaching SCP-6335 entity towards Earth. When a full Solar System scan revealed no such threat existing, a full scan of SCP-6335-A system's efficiency was called, revealing no malfunction. To stop further panic, the alert was called off, and SCP-6335-A-2 was temporarily disabled.
05/02/2023の朝、地球に接近中のSCP-6335実体を知らせる連続した救難信号がSCP-6335-A-2より送信されたため、SCP-6335-Aの全システムが予定にない起動をしました。太陽系全域を対象とするスキャンから、そのような脅威が存在しないと判明すると、SCP-6335-Aのシステムの性能のフルスキャンが呼びかけられましたが、不具合は発見されませんでした。更なる混乱を避けるため、警報はオフラインになり、SCP-6335-A-2が一時的に運用不可能になりました。

At 18:29 of 05/02/2023 however, gigantic earthquakes were noted to appear all around the globe — in a matter of hours, major population centers, such as New York, Bejing, Tokyo, and Berlin, were all lost. At that moment, SCP-6335-A-2 unpromptly reactivated, inputting an SCP-6335 entity threat signal at a constant rate through all channels.
しかしながら、05/02/2023の18時29分、巨大地震が地球全土で観測されました―数時間のうちに、ニューヨーク、北京、東京、ベルリンのような人口密集地は壊滅しました。この時点で、SCP-6335-A-2は速やかな再起動を行い、SCP-6335実体の脅威信号を一定の頻度で全回線を通して発しています。

As of writing the document, the earthquakes have doubled in severity, with the globe-wide temperature of the planet rising rapidly at a pace of 1°C every 20 minutes. The reasons for this remain unknown.
当該文書執筆時点で、地震の規模は増大化する一方であり、地球全体の気温が20分ごとに摂氏1度のペースで上昇を続けています。この理由は現在でも分かっていません。

Minutes following the second SCP-6335-A-2 malfunction, the following message was sent by the office of the Administrator to all Foundation personnel.
2機目のSCP-6335-A-2の故障から数分後、以下のメッセージが管理者の執務室から財団全職員に宛てて送信されました。

In the last twenty-four hours, anomalous geological activity has been responsible for the death of approximately 1.3 billion individuals, and shows no signs of ceasing.

SCP-6335's file has been released to all personnel, and sites near areas of severe geological activity have been evacuated. Foundation personnel are expected to continue work as able, with full priority to be given to averting the likely XK-Class "End of the World" Scenario currently unfolding. While the situation is still developing, there appears to be only one conclusion:

We were right about Earth being a cradle. It just wasn't ours.

過去24時間以内に異常地殻変動が原因で約13億もの人間が死亡し、終息の兆しは何も見えないままである。

SCP-6335のファイルは全職員に公開され、深刻な地殻変動に見舞われた地域に近いサイトにいた人員は避難を済ませた。財団職員は可能な限り職務の継続が求められる。最優先と定められるのは、現在でも収束しないXK-クラス"世界終焉"シナリオの回避である。事態が今なお続く中で、導かれる結論はたった一つしかないと思われる。

地球が揺籃であるという例えは間違いではなかった。その所有者が我々以外の者だったに過ぎない。


With thanks to Impperatrix, DodoDevil, Uncle Nicolini. WizzBlizz, and Roundabouts for critique.


批評を行ってくれたImpperatrix、DodoDevil、Uncle Nicolini、WizzBlizz、Roundaboutsに感謝します。


出典: SCP-6335
原題: Cradle
親ページ: ヘイムダル計画
著者: LimeyyLimeyy及びRallistonRalliston
翻訳: DirStarFishDirStarFish
作成日(EN): 2021/12/4
翻訳完了期限日: 2022/7/27
tags: biological co-authored esoteric-class extraterrestrial foundation-made geological heimdall humanoid indestructible k-class-scenario mechanical ontokinetic scp species teleportation the-administrator transmission uncontained
タグ: en 生物学 共著 esoteric-class 地球外 財団製 地質 ヘイムダル 人間型 破壊不能 k-クラスシナリオ 機械 現実改変 scp 知性 瞬間移動 管理者 通信 未収容

ERROR

The DirStarFish's portal does not exist.


エラー: DirStarFishのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6734327 ( 21 Aug 2020 14:04 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License