復活

現在このページは批評中です。

評価: 0+x

The last thousand stairs finally came to a stop at the bottom of the book-bound ravine. Exhausted, Samuel sat down on the final stair for a moment, looking up into the black abyss of the Library. But, knowing that he didn't have time to rest, he gripped his lantern tighter and stood back up.
とうとう目の前の千段もの階段は山積みの本が生み出す溪谷の底へと至った。疲労困憊のサミュエルは数秒の間最下段にて腰を下ろすと、図書館の無明の深淵を見上げた。しかし休んでいる時間などないと知ると、携えていたランタンをしっかり握りしめて再度立ち上がった。

I need to keep Site-40 updated, he thought. As he reached for the radio clipped to his waistband, an old, quiet voice suddenly spoke from the shadows ahead.
サイト-40の更新を止めるわけにはいかない、そう思った。ウェストバンドに留められた通信機に手を伸ばしたが、頭上の物陰より古ぶるしく、聞き取りづらい声が発せられた。

"Hello?"
「ハロー?」

Samuel raised his lantern and took a cautious step forward, revealing an old, bald man standing there, squinting through his round glasses. He wore a shabby, yellowed suit and… slippers?
サミュエルはランタンを掲げて慎重に先に進んだ。露わになったのは、年老いた禿頭の男が立っていて、掛けた丸眼鏡から凝視しているという光景だった。男はお古の黄色のスーツと…スリッパらしきもの?を身に着けていた。

The man must have noticed Samuel's confused staring, as he took a bow. "Apologies if I don't look presentable, I don't get out much."
件の男はサミュエルが困惑気に見ているのに気付くと、一礼をした。「見苦しい格好であったというのなら謝らせてくれ、外出するのは稀なものでね。」

"Oh, erm… you're fine, I just didn't expect to see anyone down here."
「ああ、えーと…大丈夫です。下で誰かに会うなんて考えもしなかったので。」

The man's eyes widened as Samuel wiped at the sweat at his brow and then pushed up his sleeves, revealing the Serpent's Hand tattoo on his forearm.
男の両目は大きく開かれた。サミュエルが額を拭おうとして袖を捲ると腕に描かれた蛇の手のタトゥーが露わになったのだ。

"Ah, you must be one of those helpful little friends! Perhaps, while you're here, you can help me with something?" He sighed, adjusting his glasses. "My eyes just aren't quite what they used to be, you see. I need help finding a book. Perhaps I can accompany you?"
「おお、君はサポートしてくれる友人の一人という事か!多分君はここにいる間、私を助けてくれる人物か ね?」男は溜息を吐いて、眼鏡を掛け直した。「視力は昔と変わらずとはいえない程に悪くてね、分かるだろう。本を探すには助けが必要なんだ。多分、一緒に行動しても大丈夫だよね?」

"I… I suppose you can. I'm headed to the 'History of Behemoths' section."
「俺は…あなたなら可能だと思ってます。こっちは"ベヒモス史"のエリアに向かっている所です。」

"Behemoths?"
「ベヒモスだって?」

"Erm…" Don't give away mission info, Sam. "Yes."
「あ…。」任務に関する話はそこまでだ、サム。「そうです。」

"Well, I'm looking for a book around there too!" The old man gave a toothy grin, turning on his heel. "Let's not waste any time."
「そうかい、私も本をこの辺りで探していてね。」年老いた男は口元に歯を見せて笑みを浮かべると、回れ右をした。「時間を無駄にするわけにはいかないか。」

"Of course…" Samuel replied with a sigh, following the man into the maze of neverending bookshelves, unknowing of what lay ahead.
「そうですね…。」サミュエルはため息交じりに答えると、男の後に続いて果てしない書棚迷宮へと入っていった。頭上に潜むものの正体は分からないままだった。


The two men arrived at the end of the maze— a wide-open area, vacant of any bookshelves.
2人の男は迷路の行き止まりへと到着した。―大きく開けた場所で、書棚は空っぽだった。

Samuel looked down to the floor covered in torn papers and scraps of wood, scratching his head. "No ashes or burn marks, so it couldn't have been a fire… I've never seen a mess like this before." He glanced over at the old man, who looked equally as confounded. "I take it that you haven't either?"
サミュエルはトーン紙と廃材で覆われた床に目を下ろすと、頭を掻いた。「灰や燃えた跡さえもない。火事が起きたなんて考えられない。こんなに散らかっているのは初めて見た。」老人の方に目を向けると、同様の困惑ぶりを見せていた。「あなたにとっても理解不能なんですか?」

"Never." He gripped the top of his cane tightly. "Unless…"
「理解不能。」杖を強く握りしめた。「そうでなければ…。」

"Unless?"
「そうでなければ?」

An expression of realization suddenly crossed onto the old man's face, which quickly turned to dread. "Grab on to my hand."
突如として老人の顔に理解した表情が浮かび、すぐさま怒りの表情へと変わった。「私の手を掴んでくれ。」

Samuel's brow furrowed, and he let out an awkward chuckle. "W- what?"
サミュエルは額に皺を寄せて、ぎこちない笑みを浮かべた。「それって一体―?」

The old man's face suddenly contorted in fury, and he lurched forward, grabbing Samuel's hand before he could react. With his other hand, he gripped the center of his cane and twirled it before raising it into the air and stabbing it into his chest. Blood spurted from the wound, followed by a thick, greenish pus. Samuel could only look on in revulsion, unable to escape from the old man's iron grip.
老人の顔が怒りで歪み、唐突に前方へとよろけ、サミュエルが反応するよりも早くその手を掴んだ。もう一方の手で携えた杖の中心を掴み、宙で回転させると、胸に突き刺した。傷口から血が溢れ出し、濃い緑がかった膿汁も出てきた。サミュエルは嫌悪感を催しながら見ていることしか出来ず、老人の強固な握りからは逃れられなかった。

The Library shook, and the floor beneath them collapsed, swallowing them into the void.
図書館が揺れて、足元の床が崩れ落ちた。二人は吸い込まれるかのように空隙へと落下していった。


When Samuel opened his eyes, he was standing in the same area he had just been, but the old man was gone. No blood or pus stained the floors; it was as if he had completely disappeared.
サミュエルが目を開けると、先ほどと同じ場所に立っていた。だが老人は消えていた。床には血痕も膿汁も見当たらなかった。まるで完璧に消え去ってしまったかのようだった。

"Hello!?" He called out into the open area.
「ハロー!?」広間へと声を張り上げた。

Something boomed ahead, and Samuel began sprinting forward, lantern in hand. After a few minutes of running, he spotted bookshelves again. But something rose above them. A massive silverfish, about two stories tall, quickly devoured an entire bookshelf before raising its head.
頭上に飛んでくる物体があり、サミュエルはランタンを掴んで先へと駆け出した。走り出してから数分後、再び彼は書棚に気付いた。けれども頭上で動く何かがいた。高さが二階建ての建物程もある、一匹の巨大なシミだった。そいつは頭を上げるよりも先に、書棚全体を呑み込んでしまった。

It looked straight at him and began to charge forward, its legs violently pounding on the floor. Samuel sprinted to the side and dived just as it narrowly swept past him. Swinging around, Samuel drew his pistol and shot at the beast, sinking bullets into its head and body. It appeared to falter for a moment, but then the bulletholes suddenly disappeared, replaced with pale, green muscle, and it reared up once more. Samuel froze like a deer in headlights, trembling.
真っ直ぐ彼を見て、両足を猛烈に床に叩きつけながら、前方へと突進し始めた。サミュエルは脇へと駆け、そいつがあと一歩で彼を喰らう寸前に飛び込んだ。方向転換しながらサミュエルがピストルを取り出して獣を撃つと、弾丸は頭と身体に命中した。一瞬よろめいたように見えたが、青白い緑色の筋肉に塞がれて弾痕は消え失せ、再度後ろ足で立ち上がった。サミュエルはヘッドライトに照らされた鹿の如く身動きが取れなくなり、身震いした。

But before it could charge again, something rammed into it, sending it crashing into the bookshelves. In a flash, the new predator had its jaws clamped onto the silverfish before tearing back, ripping out a chunk of its shiny flesh.
しかしそいつは再び襲い掛かるよりも先に、本棚に叩きつけられた。何者かが乱入したのだ。一瞬のうちに、新たなる捕食者は備えし顎で紙魚を咥えると噛み砕き、新鮮な肉塊へと引き裂いていった。

Meanwhile, Samuel fumbled to his feet with his lantern, raising it to see a crimson, reptilian tongue wrap itself around the twitching behemoth's thorax, its owner shrouded in thin shadow. The tongue tightened as the bug screeched, twitching and crashing itself into bookshelves. After a few moments, it cut through, completely bisecting the creature whose front half clawed at the tongue weakly before finally laying still. The tongue then ventured into the stomach of the creature, pulling out a mucus-covered brown book, which it flung into Samuel's arms.
その間、サミュエルはよろよろと歩き、正体を見ようとランタンを掲げた。深紅の爬虫類の如き舌が痙攣するベヒモスの胸元に巻き付いていて、舌の持ち主そのものは影に包まれていた。あの虫が甲高い声を発して、痙攣すると舌はきつく締まり、書棚へと獲物をぶつけた。その後で顎が貫き、怪物を真っ二つにした。その上半身は最後に動かなくなる前に弱々しく舌を引っ掻いた。あろうことか捕食者の舌はバケモノの腹へと入っていき、粘液まみれの茶色の本を引っ張り出すと、サミュエルの両腕に放り投げた。

The old man's voice spoke. "This is what you were looking for, isn't it?" His hands shaking, Samuel looked down and read the title. Extinction of Behemoths.
老人の声が聞こえた。「この本が君が探している一冊だね、違うかい?」視線を下ろして題名を読んでみた。『ベヒモスの絶滅』だった。

"I- it is." Samuel stuttered out, looking up to see two emerald, serpentine eyes peeking out from the creature shrouded in shadows.
「俺のは―これです。」サミュエルは口ごもった。見上げた先には影に包まれた怪物より覗く2つのエメラルド色の蛇のような眼があった。

"So they have come back?"
「ということは帰ってきたんだね?」

Samuel paused for a moment. "Yes."
サミュエルは暫し口を噤んだ。「はい。」

"Then I must go deal with them," it said, and the Serpent charged into the darkness above, and all was quiet. Samuel threw the book to the floor, holding his head to his hands for a moment. The Foundation had found evidence of behemoths roaming the lands far before our times, but they never found out how they had all disappeared. That was why Samuel had been sent into the Library— they were hoping to find out how in hopes that it could help them terminate the newly risen Large Scale Aggressors.
「だったら連中の相手をしなければな。」そう答えると、蛇は頭上の闇へと突進し、後には静寂が残された。サミュエルは本を床に投げ返し、頭を暫し抱えていた。財団はベヒモスが人類誕生以前の遥か昔に闊歩していた証拠を掴んでいたものの、完全に消え去ってしまった理由は分かっていなかった。だからこそサミュエルが図書館へと派遣された。彼らは希望を抱いていた。新たに生まれた大型侵略者どもの討伐にて助太刀をしてくれる術という希望だ。

Samuel reached up with a shaking hand and turned on his radio. He knew what had happened without even having to read the book.
サミュエルは備品の通信機に震える手を伸ばした。たとえ本に目を通さずとも何が起きたのかは理解していた。

The Serpent had killed them all.
蛇によって滅ぼされたのだ。


出典: Reviviscence
参照リビジョン: rev.13
作成日(EN): 2020/10/2
著者: Ellie3Ellie3
翻訳: DirStarFishDirStarFish
親ページ: アナスタシス ハブ
tags: canon2020 tale wanderers-library war-on-all-fronts
タグ: en canon2020 tale 放浪者の図書館 全ての戦線で戦え

ERROR

The DirStarFish's portal does not exist.


エラー: DirStarFishのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6734327 ( 21 Aug 2020 14:04 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License